スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」3章-7

 華子嬢と三條が楽しそうに語り合って居るのを見て、自分の両親が周囲には分からない程度に不機嫌に成っているのを察した。矢張り片桐家の人間が自分の親しい三條家の嫡男と近付くのを好ましく思って居ないだろう事は察しが付く。実の息子である自分が片桐と二人きりで戻って来たのだから尚更だろう。そうかと言って広大な屋敷の中で別れたた以上、三條と華子嬢を探す事は不可能だった。招待客も100人を越えているのだから。どの様に振舞えば良いのか迷って居た。片桐も微笑を浮かべて華子嬢の話しを聞いて居るが、意識はこちらに向いている事は察せられた。三條も華子嬢の桜色に染まった顔を見てしきりに話しかけて居る。自分がどう言葉を発して片桐を救えば良いのか判断に迷って居た。
 自分に取って膠着した雰囲気を打破したのは、意外にも絢子様だった。
「あれは、三條様御夫妻では御座いませんこと。こちらにいらっしゃいますわ。わたくしは御挨拶を済ませましたので、席を移りませんこと。ね、加藤様、三條様。わたくしたちは場所こそ違え、同じ学校に通っている者同士なのですもの。この機会に是非にも御話し致したいものですわ」
 雅やかに扇をかざしながらそう仰って自分の方へ意味有りげな視線を流された。当意即妙の御言葉だった。確かに、女子部と男子部では場所は違うが、同じ学校であるのは間違い無い。自分がこの場を救いたいと思って居た相手は全て含まれる。その上、身分はこの場に居る全ての人間よりも上だ。この御言葉に逆らえる者は居ない。宮様の御心遣いに内心で感謝した。
「絢子様がそう仰るのでしたら、あちらに参りましょう」
 三條を―敢えて片桐ではなく―促した。片桐もこの空気を感じているに違いなかったし、彼が自分の両親と一緒に居たくは無い事は痛い程分かる。
「分かりました。あちらで冷たいものでも召し上がりませんか」
 三條もやっと気付いた様に言った。敏感な彼らしくない反応だった。普段ならこういった場面では一番敏い筈だったのだから。
 両親の視線を背中に感じたが、気付かない風を装って、絢子様をエスコォトする。これが一番無難だろう。三條は華子嬢と片桐に話しかけながらその後に続いた。専ら話しをしているのは三條と華子嬢だったが。片桐は時折口を挟むだけの役割だった。静かな場所に落ち着くと、華子嬢がはにかんだ可憐な微笑を浮かべる。
「絢子様に大変御手数を御掛けしましたわ。わたくしはこういった席に出席した事が御座いませんでしょう。ですから何を着て参ったら良いのか良く分かりませんでしたの。当然母には相談致しましたが。洋装の方が良いと母は申しておりましたけれども、わたくしはそれほど持ってはおりません。絢子様に御相談申し上げましたら」
 絢子様は雛人形のような唇で言葉を紡ぐ。
「ええ、華子さんにアドヴァイスを致しましたの。わたくしも和服を着る積もりですから貴女もそうなさいませ、と。これなら失礼に当りませんでしょう」
「そうですね。仰る通りです。振袖は淑女の第一礼装ですから。それに御二人共良くお似合いでいらっしゃる」
 三條が真顔で言った。ようやくいつもの彼らしい言葉だった。三人が親しげに話しているのを片桐と自分は並んで聞いて居た。話に興ずる三人には気付かれない様に片桐が呟いた。
「明日の放課後、ニコライ堂で」と。視線で返事をした。それだけで通じるだろう。あれ程肉体で会話をした仲なのだから。


ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!励みになりますので~!コメントも熱烈歓迎です~!


スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

こんばんは(〃▽〃)

ここまで来ました♪

華子ちゃんも可愛いことこの上無しですが、綾子さまは意地悪だったりして・・・なんて思ってたのが、こちらも素晴らしいお嬢様で♪
加藤くんと片桐くんの2人も素敵ですが(三條くんも♪)、女の子さまたちがとっても素敵ですねヾ(*´∀`*)ノ♪

三條くん、華子ちゃんと仲良くな~れ♪

>あれ程肉体で会話をした仲なのだから。
  ↑
に、悩殺でした・・・(;´Д`)
プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。