スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」3章-10

 先に着いているだろう片桐の事を思って市電に乗る。自分達の階級の者は出入りしないといっても名所となっている露西亜正教会の建物だ。場所くらいは分かる。市電を降りると駿河台の坂道を走った。片桐には及ばないとはいえ、自分も体は鍛えているのでこの程度の坂は何ともない。ニコライ堂のドームが見えた。あの下に片桐が居る。それだけで鼓動が高まる。石畳を踏んで扉を開けた。夜には、自分達が当たり前のように使用している電灯ではなく蝋燭を使うのだろうが、まだ明るい今は太陽の光で間に合わせているようだった。その太陽の光を受けて片桐の髪が茶色に煌いていた。教会の椅子に座っているのではなく、礼拝堂の最後尾に佇んでいた。正面にはイエスキリストを抱くサンタ・マリアのの像が立ち、おそらくは露西亜人だろう少年達が聖歌を歌っていた。
 一族の者がこの宗教を忌み嫌うので教会には立ち入った事はなかったが、暖かく静穏な雰囲気の場所だった。
 扉が開いたことを察した片桐は、今まで目にしたことが無いような柔らかな微笑みを浮かべた。彼も、自分の領域内ではない事で、素直な表情を浮かべる事が出来るのだろう。
 片桐の横へ行き、初めて三條との約束が脳裏に蘇る。現金なもので今までは綺麗さっぱり忘れていた。片桐への焼ける様な恋情の他は余り考えたくも無かったので。
 唇だけで発音する。少年達の合唱を邪魔しない様にと。
「昨日、華子嬢はご機嫌麗しかったか」
「ああ、華子はああいう席に招待されることも無かったからな。それと、三條君の事をしきりに言っていた」
 自分が三條の事を切り出さなくて良い事に、少し安堵した。
「華子嬢の件なのだが、彼女には婚約者は居るのか」
 立ったままで聞いた。
「いや、居ないが」
 不思議そうに形の良い眉を上げた。
「そうか。それは良かった。俺の事とは関係無いから心配するな」
 そいうって、手首を掴んだ。
「折角来たのだから座ろう」
 最後尾の席に並んで座る。誰も見て居ない事を確認して、手を繋ぎながら接吻する。いつもの彼なら周囲を気にして身体を硬くしているが、今日は素直に身体を持たれ掛けて来る。周囲に知った顔が居ない上、異教の場所だから畏れもないらしい。
「この様にぴったりと座れる場所というのも良いものだな」
「ああ。自分の屋敷では隣に座れても距離があるからな」
 くすぐったそうに笑って、唇を重ねて来る。重ねるだけではなく、舌を出し、唇の表面を撫でる感触が堪らなく良かった。誘われるように唇を解き、舌を絡ませる。欧羅巴の音楽が魔法の様に耳に入って来た。そっと上着の釦を開けシャツ越しに上半身を愛撫する。シャツ越しでも、胸の突起は存在を誇示していた。二本の指で摘まみ上下させる。片桐は恥ずかしそうな顔をしているが、制しようとはしない。上気した頬と抑えた息遣いが欲望に火を点けた。しかし、いくら何でもここではまずい。人が通る可能性がある以上は。
 こういった建築物ならば、御手洗いも洋式だろうと思った。
「お前の全てが欲しい。構わない…か」
 耳元で熱く囁くと、耳たぶがもっと紅くなり一瞬の躊躇の後、ゆっくりと頷きが返された。

ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!


FC2ブログにこっそりと過去小説をアップしていますが(ところどころ、悲惨な表現変えています。本家のヤフーブログではお返事コメが書けないのですが、こちらではそんなにコメも戴けないので返信コメントも充分可能です。コメントも大歓迎です~!
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。