スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」4章-8

 彼がこの動作をする時は何を欲しているのか分かる。
 右手で目を覆ったまま、上体を倒して、左手で彼の指先を優しく外し、軽く唇を重ねた。
 彼の両手が背中に回り、力は幾分弱かったが、自分の身体を引き寄せた。促されるままに上半身を重ねた。
 重ねた唇を少し離して片桐が言う。
「晃彦の重みがとても気持ちが良い。そして体温も匂いも…」
 間近で顔を良く見ると、彼の頬の肉がさらに薄くなって居る事に気付いた。
「食欲は有るのか」
 言いながら、細い髪の毛を梳く。指の間から零れ落ちていく髪の毛の感触に恍惚とした。
 気持ち良さそうな顔をする片桐だったが、言葉は聞き捨てならなかった。
「食欲…か…そう言えばあまり無いな。家の中が今は非常時だから食事を摂る暇も無い事も有るが・・・気にしたことは無かった、食事を摂らなくても」
 何事にも一生懸命になる片桐の性格は大変好ましいが、この場合は逆効果だ。
「ゆっくり休んだ後、食事に行こう。滋養を摂るのが一番だ」
 どうやら彼は、睡眠時間と食事を削っていたらしい。倒れるのも当たり前だ。
「他に辛い事はないか。分家だの、旧重臣達が口出しして来るのではないか・・・」
 二人きりで話すのも随分久しぶりの様な気がする。
「…一番辛いのは、晃彦と逢えないこと…だ…な」
「何とかして逢えるように考えるから…それまで待って貰えないだろうか」
 左手で彼を抱き締めた。そして、片桐の負担にならない様な逢い方は無いだろうかと考えていた。
「とても良い気持ちだ。しばらくこうして居てくれないか。眠れそうだ」
 目を瞑った彼の目の下が青いのは、睫毛の影だけではない。
「ああ、寝付くまでは此の侭抱いて居る」
 暫くすると彼が寝付いた気配が有った。規則正しい呼吸音が聞こえる。目隠しをしていた右手を外し、重さが逆に眠りを妨げる事を危惧して、掛け布団から出ていた手を握り、もう片方は髪を梳いていた。
 自分の手の動きに連動してサラサラと落ちていく幾分細めの髪の毛を幾ら梳いても飽きなかった。彼の寝顔をじっくり見たのは初めてだったので観察してみた。意外に長い睫毛や安らかな寝顔を見ていると飽きなかった。嘱託の医師が出勤して来ないのが、幸いだった。救護室に二人きりで居られる。――他の生徒が運ばれてくるまでは――
 遠くからチャイムの音が微かに聞こえてくるだけで、この部屋には静寂が支配していた。独逸風に建てられた茶色い木の柱と白い壁が、学校であることを暫し忘れる事が出来る。 
 寝返りを打ちそうな気配を感じて、慌てて手を離した。彼が寝返りを打つと、掛け布団が捲れ、彼の上半身がシャツ越しに見えてしまう。肩幅は人並みに有るが、胴周りは細い。その対比にドキリとさせられる。
(そうだ、三日後、宮城で晩餐会が有ったな。父上母上を始め、上級の使用人は皆お供をするはずだ。屋敷に残って居るのは、下働きの女中達だけだ)
 この機会に片桐を自分の部屋に呼ぶ事は出来ないだろうか…
 もちろん、晩餐会に出席するのは父母だけだが、使用人は使用人で「宮城に参れた」と思い、(晩餐会のメニュゥとは違うものだが、食事を振舞われる。上級使用人程、主人夫妻に付いて行きたがるものだ。宮城の二重橋から向こうに入る事の出来る人間はそうそう居ない。皆が名誉に思うので、使用人はこの機を狙っているだろう。

ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!


スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。