スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらの愛」4章-18

 片桐が苦悩している悪夢を見て、慌てて寝台から起き上がる。時刻を確かめると、そろそろ朝食の時間だった。昨日感じた、そこはかとない父母の態度の違和感を確かめる為に手早く身支度をし、早めに朝食用の部屋に行った。
 テェブルに付いているのは両親だけだった。もちろんマサも控えている。
 父に朝の挨拶をしてから聞いてみた。
「昨日は何かあったのでしょうか」
 父は無言で母の方に視線を向けた。父上は屋敷ではあまりお話しにならない人だ。
「まあぁ、晃彦さんのお敏い事。実は分家の加藤子爵家で少し騒ぎがありましたのよ。それで、本家の私共に仲裁をお願いにいらしたのですわ。晃彦さんにはまだ早いお話しですわ。ね、マサ」
 母は平静な顔と口調で言った。マサも無表情で応えた。
「左様でございます。晃彦様を御悩ませする話ではございません」
 三人の表情を伺うが、何時も通りだった。
「そうですか。それなら結構です」
(秘密を抱えているので疑心暗鬼を生じているのかもしれないな)
 そう思って、食事を済ませた。通学の支度をしてから屋敷を出た。
 昨日の片桐の言葉が頭から離れない。今日か明日にでも聞いてみようと決意しながら学校へ急いだ。
 考え事をしていたせいか、早足になってしまっていたらしい。級友達は殆どが登校しては居なかった。昨日のノォトを貸してくれる友達が居たので自分の机に座り、書き写した。あとで片桐にも見せようと思いながら。
 三條が登校して来たが、自分はノォトと格闘していたので手が離せない。挨拶だけして、筆写を続けた。その後、片桐が教室に入って来た。昨日よりもかなり顔色は良くなっているのを確認して安堵した。
 片桐は扉を開けるな否や、自分に視線を当てそっと辺りを見回し、誰も自分に注目して居ないことを確かめると、優しげな微笑を向けてきた。
 彼は真っ直ぐに三條の席に行き、何かを言った後、封筒を渡している。遠目だからはっきりとは分からなかったが、竹下夢二の封筒らしい。三條の顔が輝いた。
(竹下夢二が描く美人画よりも片桐の方が綺麗だ)
 そう思っていると、三條が自分の席にやって来た。
「正式に華子嬢との婚約が決まった。まぁ、両家の内諾を取り付けたという程度だが。片桐君が早めてくれたらしい。華子嬢も僕の事を憎からず想っていてくれているので話は決まったな。宮内省でもこの婚礼には文句はないだろう…それと、片桐君…ああ、もう義兄様と呼ばないといけないのか…は一時間程今日、うちの屋敷に来られるそうだ」
 三條の屈託の無い笑顔が羨ましくないと言えば、嘘になる。







ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。