スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」4章-24

 父母が帰邸したと言っても、正装のまま自分の部屋にいらっしゃるとは考えがたい。部屋着に着替えてから来られるのが普通だ。しかし、静さんの声はだんだん悲痛になっていく。
「早く、彼を逃がさなければ」と思った瞬間、扉が開いた。ノックも掛け声もなしで、父母が怒りも露わに部屋に入って来た。
 勿論、少しの時間の猶予はあったので、自分も片桐も着衣の乱れは直して居た。
 母は、ロープ・デ・コルテの色の青に合わせたサファイヤのネックレスのように青褪めた顔をしていた。そして宝石のごとく冷たい声で詰問した、片桐に向かって。
「なにゆえ、片桐伯爵のご嫡男が私共のお屋敷にいらっしゃるのでしょうか。我が加藤家と片桐家の関係をご存知ありませんの」
「存じております」
 片桐は幾分顔を強張らせていたが冷静な口調で返事をした。
「違うのです。母上、父上、片桐君を呼んだのは私です。彼に罪は有りません」
「晃彦さんは黙っていらして。後でゆっくり御話ししましょう。
 片桐家の子息に伺っておりますのよ」
 普段は優美な母の顔が「能」の般若の顔を彷彿とさせる。
「申し訳ございません。全てが私の短慮の致すところでございます。
 私が勝手に訪問させて戴いて、こちらのお屋敷の方にご迷惑をお掛けいたしました」
 深々とお辞儀をする片桐に、憤懣遣る方ないといった母の言葉が突き刺さる。
「確かに…愚息と級友であることは存じ上げています。ただ、お互いの屋敷に行き来するほど親しくなろうとは僭越ではありませんの。そちらは幕府軍に組みしたお家柄。こちらは天皇陛下に御味方申し上げた家柄ですのよ。爵位が同じだから同格などとお考えにならない方が賢明ではありませんこと」
「仰る通りです」
 片桐は母とは対照的に淡々と答えた。青ざめた顔色ではあったが。
「で、晃彦とはどのようなご関係なのかしら」
「…ただの…級友です」
「それでは、何故この様な時間に家長の留守を狙って入り込んでいらしたのかしら」
 自分が口を挟む暇が無い程、母の口調は切迫していた。
「………偶然です。伯爵夫人」
「まあぁ、都合のいい偶然も有ったものですわねぇ。それにただの級友ですって…」
 手にしていた洋風の扇でテェブルを叩いた。
「…」
 彼は静謐な瞳をして母の言葉を待っていた。身体は硬くなっていたが。
 おもむろに母は右を向いた。右側の部屋は現在空き部屋だ。
「マサ、出ていらっしゃい。片桐家の子息がお出でに成られてからの全てをお話しなさい」
 空き部屋の筈の扉が開き、マサが出てきた。
 では、マサは宮城には行かなかったのか。確かめなかった自分を悔やんだ。それに鍵の保管はマサの役目だ。空き部屋にずっと居て一部始終を見ていたに違いない。
 思わず、片桐の顔を見た。彼は静かに佇み、諦念に満ちた瞳をしていた。


ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。