スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」5章-1

 マサは、主人夫婦に一礼すると、片桐と自分の方を見ないようにして報告を始めた。
「御二人が出て行かれてかなり経った頃でしょうか。ベランダからこの方が入っていらっしゃいました。そして、口を合わせられました。唇を吸いながらこの方が晃彦様の釦を外していかれました。それに誘われるように晃彦さまもこの方の釦をお外しになられました。この方は晃彦様のベルトまでお外しになられた処に旦那様方がお帰りになられました」
 事実は確かに殆ど合ってはいたが、この説明では片桐が積極的に誘惑したと取られかねない。2人の視線の絡み合いで情事を合意したにも関わらず。
 凍りつくような空気が辺りに漂った。
「まあぁ、それでは、片桐家のご子息は晃彦さんをたぶらかしたということですか」
「はい、奥様、その様にお見受けいたしました」
 母は片桐に氷よりも冷ややかな眼差しを向けた。
「間違いはございませんか。言い分が御有りなら承りましょう」
――言い返してくれ。それは事実と異なると―― そんな言葉が口まで出掛かった時に、片桐は決然とした声で言った。
「間違いは有りません。全てはその通りです」
 今まで黙って居た父が口を開いた。
「この問題は到底看過出来ない。片桐伯爵は病気で臥せっているそうだが、意識はおありになると聞いておる。事の顛末を手紙で知らせよう。君も帰り給え。本来ならば裏門から叩き出すところだが、君も一応は華族の人間だ。マサに送らせるから表門から出て行きなさい」
 反論を許さない巌を思わせる声だった。
 片桐は深々と頭を下げ、儚げな澄んだ瞳を一瞬自分に向けてから前を向き顔は正面を向けたままマサの後に続いて出て行った。
「わたくし達は着替えますわ。その後で晃彦さんのお話しを伺います。それまでは決してお部屋の外に出ないようになさって」
 苛立ちも露わに母は言った。扇を家具にパタパタとぶつけて居る。
 弁解したい事は山程有ったが、今夜の二人を見ていると、なまなかのことでは納得してくれないだろう。それに、片桐伯爵宛に書くと仰っていた手紙…。
 自分の想いの危険さを重々承知の上での愛だったが、予想以上に危険だったと痛感した。
 だが、当然付いて行く筈のマサは何故残って自分を監視していたのか…と思いを巡らして瞬間、伊豆栄で鰻を食べて居た時に片桐が気にしていた老婦人の存在に思いが至った。老婦人は誰かに似ている…とその時は漠然と思っただけだったが、今になるとはっきり分かった。あの老婦人はマサに似ている。親戚か何かなのだろう。そしてその話がマサに伝わり、父母に注進が行ったのだとすればつじつまが合う。
 今の自分に出来る事、それは片桐を救う事だと思った。しかし、片桐との愛だけは絶対諦めることだけは出来ない事だった。




ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。