スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」5章-4

 自室に戻り、部屋に鍵をかけた。自分の落ち度のせいで片桐をこんな目に遭わせてしまったのだから、悔やんでも悔やみきれない。廃嫡などは恐くは無い、片桐を失う事に比べれば。しかし、悩んでいるのみでは片桐の立場はもっと悪くなるだろう。打開策を考えなければならない。
 ベランダに出て夜空を仰ぐ。片桐の登って来た木を暫く見つめて面影を偲ぶ。ふと夜空を見れば、梅雨時に相応しく雨雲が立ち込めていて星も見えない。
 あたかも自分の事の様だと自嘲気味に笑みを浮かべる。
 こうなったからには、父を頂点とする加藤家が全力で自分を囲い込み、外部への連絡は一切絶たれてしまうだろう。三條も例外ではない。
 片桐の事を知る為には三條が一番都合のいい相手なのだが…。
 使用人も明日の朝には変事に気付くだろうし、父母からもっともらしい事情を説明され、電話室には近づく事は不可能になるだろう。
 仮に近づけたにしろ、誰かが会話を盗み聞きするであろう事は容易に想像が付く。
 手紙しか無いが、郵便ポストに入れに行く事は不可能に近い。使用人の誰かを味方につけなければならないが、もし露見した場合その使用人は解雇されるだろう。そう思うとシズさんに頼むのも気が引ける。彼女も生活がかかっているのだから。 三條への手紙が不可能なのだから片桐への手紙など論外だ。
 彼を想うと、片桐の最後の瞳を思い出された。
 あの目は自分との永訣の覚悟を決めているのではないかと思う。まだ愛されてはいるだろうとは思ったが、この様な不甲斐ない様を見て、彼を失望させていないか気掛かりだった。
 味方になってくれそうな人間…と、ベランダに行儀悪く肘をついて考えた。
(・・・・・・絢子様はどうだろう…)
 いつぞやの園遊会での彼女の御言葉を思い出す。
「御味方になりましてよ」
 確かに彼女はそう仰って下さった。御皇族を巻き込む畏れ多さは有ったが、背に腹は代えられない。絢子様と連絡を取るためには、学校で出会う機会の多い片桐の妹君の華子嬢が一番だ。
 彼女は自分達の関係に気付いているかどうかは分からないが、協力はしてくれそうだ。
 自分の父が片桐家に手紙を出す前に何としてでも余波を食い止めなければならない。
 体面を重んじる両親だから、息子の同性愛を社交界の他に人間に漏らすとは余り予想出来ない。
 早くしなければ…と思う。それには協力してくれる使用人が必要だが、もしその人間に迷惑がかかるのならば、夜中にこっそりと屋敷を抜け出して、郵便ポストに投函に行こうと思った。
 三條と片桐の妹である華子嬢に手紙を書く為に机に向かった。

 

ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。