スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」5章-14

 シズさんが帰って来るのを待つしか無い。三條や華子嬢の手紙を早く読みたかった。焦燥感を紛らわせる為に勉強をしようと思ったが、得意な幾何の問題もケアレスミスばかりをしてしまう。教本を無意味に捲りながら片桐の事を考えて居た。彼の精神状態を知る為には華子嬢だけが頼りだ。
 しかし、彼女も伯爵家令嬢であるので、不用意な外出は出来ない筈だ。手紙では限界があるので直接会って片桐の様子を知りたかった。
 待ち兼ねていた時に、控えめな様子で扉を叩く音がした。この音はシズさんだろうと見当を付け、扉を開ける。矢張り彼女が立って居た。左右を見回し、他の人間が居ないのを確かめて部屋に入って貰った。
「この様な時間に申し訳御座いません。ただ、華子様が早くお知らせして欲しいと仰いましたので、人目を忍んで参りました。三條様の御手紙もお預かり致しております」
「シズさんに迷惑が掛からなければ、どんな時間でも構わない。早速手紙を読みたいのだが」
 急いで言うと彼女は丁寧に袱紗に包んだ手紙を二通差し出した。
「それでは、他の使用人の目も御座いますので、失礼させて頂きます」
 そそくさと一礼し彼女は部屋から出て行った。
 最近の自分はマサに強く当って居る事は自覚していたのでこの部屋の監視が厳しいのは自業自得だ。
 袱紗を解く時間も惜しんで、手紙を取り出す。
 まずは、華子嬢からの手紙を読んだ。
「兄は塞ぎ込んでいます。家族や使用人達には気取られて居ないと思いますが、わたくしには分かりますわ。とても心配です。直接お目に掛かってお話し出来る様致します。近い内にお会い出来る様に取り計らう事が出来る事になりました。近日中にお会い出来ると思います。その時に詳しく申し上げます。絢子様にも申し上げる事が出来ました。かたじけなくも、御自身で協力出来る事は全てして下さるとお約束を戴きました。取り急ぎ」
 彼女にも通学の時は御付の使用人が居ると推測される。どうやって自分と会う積もりなのかが書かれて居ないのは仕方の無いことではあるが、「近い内」とは何時なのか、それが気に掛かる。片桐の様子は一日千秋の思いで知りたかった。彼女は何時、何処で自分と会う積もりなのだろうか。具体的な事を知りたいという焦燥感は有ったが、それはこちらの都合でしかない。彼女の連絡を待つ必要が有る。
 絢子様も行動を起こして下さるとの報告は有り難かった。彼女は先帝陛下の御息女でいらっしゃる。自分の両親や片桐家よりも上位に位置される御方だ。何とかして片桐の窮状を救って下さればいいのだが。
 次に三條の手紙を開封した。
「今日は片桐君も欠席した。昨日は多分、お前に逢う為に登校したのだろう。しかし、お前が欠席したので、彼も登校する気力が無くなったのでは無いかと推測される。僕は片桐家に伺える立場の人間なので、今日にでも様子を見に行く積もりだ。まあ、華子嬢の顔を拝見したく思っているので、いい口実が出来た。僕は僕で片桐君の様子を伝えるから、お前はあまり心配するな。お前の屋敷に電話をしたら、『風邪で伏せっておりますので』とそっけなく切られて仕舞った。僕も要注意人物としてお前の家には思われているのだろうな。だから手紙しか連絡するすべが無い事を許して欲しい」
 三條の手紙は有り難かった。しかし、矢張り三條と連絡を取るのは手紙しかない事に暗澹たる気持ちだった。手紙だと、時間差が生まれる。早く片桐の様子を知りたく思った。





ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。