スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」5章-17

「お久しぶりですわね、加藤様。御機嫌よう」
 鈴子嬢の自室には華子嬢も居た。彼女が微笑みかけてくる。片桐に良く似た面差しに片桐の笑顔が二重写しの様に重なった。
「貴女が何故このお屋敷に」
 てっきり見合いをさせられるものだと思っていたので、大変意外だった。
 鈴子嬢が、着物に合わせた淡い紫陽花色のリボンで三つ編みにした髪を揺らせて笑いながら説明して下さった。
「わたくしは、華子さんとは御親友ですのよ。時々は片桐家にも訪問致しますの。それが縁で華子様の兄上とも話す機会が有りますの。
 あの方はとても素晴らしい御方で、わたくしの憧れの御方なのですわ。加藤様と片桐様の仲が宜しいと伺っておりましたが、今回何やら不都合が有った御様子なのはうっすらとですが存じております。
 華子さんから御相談を受けまして、父にお願いしたのですわ。両家の確執はわたくしも存じて居りますし、御協力するにはこの方法しかなかったのです」
 少々すまなそうな様子で説明して下さった。「わたくしが鈴子さんにお願いしたのです。他の場所では加藤様とお会い出来ませんでしょう。ですから鈴子さんの御屋敷まで加藤様をお呼び立ててしまいました」
 それで鈴子嬢は二人きりになる事をお望みになられたのかとやっと納得する。
「おおよその事は華子さんから伺いました、親友ですもの。及ばずながらわたくしも協力いたしますわ」
「有り難うございます」 
 意外な成り行きに驚愕しつつも二人に向かって深々と頭を下げた。テェブルの上には紅茶とお菓子が三人分綺麗に盛り付けられていた。
「まぁ、父などはわたくしが加藤様と結婚させようと考えて居る様ですが、私は華子さんと違ってまだそんなお話しは考えたくないのです。オールドミスに成るのは嫌ですが、今すぐお相手を探そうという気はございませんから、上手く断っておきますわ」
 華子嬢同様、彼女も何処まで自分と片桐の関係を知っているのかは分からなかったが、協力してくれる事は間違いはなさそうだった。
 挨拶が済んだ後、椅子に座って紅茶を心ばかり飲み、一番気になっていた事を尋ねた。
「片桐君の御様子は如何ですか」
 華子嬢の表情が暗く沈んだものになる。
「あまり良くはありませんの。学校に行く気力も無い様ですわ。かつての臣下や使用人の前では必死で取り繕っては居ますが、わたくしだけが傍に居る時はとても塞ぎ込んで居ります。
 話しもする気力が無いといった感じですの。自室に戻るともっと懊悩しているのでは…と案じて居りますの。
 何でも加藤様とのご交際がご両親に露見したとか…。それを自分のせいだと責めて居ります。御食事も召し上がらないのですもの」
「食事をしないのですか。それに彼は余り眠れないと以前伺った事があります」
 眉間に皺が寄る。
「ええ、御食事は手付かずですし、多分お休みにもなってないと思います。なので、急でしたが、加藤様にお会いしたくて鈴子さんにお願い致しましたのよ。
 加藤様なら兄を救って下さると考えまして。宜しかったら兄と会って下さいませんか」
 睡眠も食事も取ってない様子、それは全て自分の蒔いた種だ。
 何とかしなければと焦燥感だけがますます募った。







ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!とってもとっても励みになります!!!コメントも熱烈歓迎中です!!!
 ポチっとお願い致します!!!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 昨年より

あおあお様

ホントにホントに申し訳ないですorz
リアル生活がとっても忙しかったり、私も病気をしたりしてブログ再開が遅れてしまいました(TT)

遅くなってすみませんが、お誕生日オメデトウございます!!

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。