スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-6

 勿論下心は有ったが、相手は病人だ。
 同じ様に耳元で囁く。
「お前が元気になれば、喜んで…」
 髪を梳きながら、囁くように言った。
「華子嬢や三條、そして柳原嬢まで心配している。全ては俺のせいだが・・・」
「いや、晃彦のせいでは無い。元々手に入らないと思っていた晃彦と…このような関係になれて、嬉しかった。
 しかし、この恋は危険が高い事も承知の上だったから、遠くない内に露見してしまうのは分かっていた。だから晃彦のせいでは断じて無い。良い思い出が出来たと思う事にしようと自分に言い聞かせて居る。元々オレはこの家の長男として生まれて来ただけで嫡子として育てられて来たが、この世界は馴染めなかった。市井の人として普通の人生…と言っても明日の食事に困るような暮らしは想像出来ないが、大学を出て、丸の内に勤める平民になりたいと思って来た」
「だから、父上にあのような手紙を…」
「そうだ。もうこれで思い残す事は無いと思った。片桐家は弟が継げば良い。廃嫡されても何とか生きて行く位の目途はついた。しかし、晃彦は加藤家を継いでくれ」
 ゆっくりと話す片桐の言葉を聞いて居たが。
 ――思い残すことは無い――
 その不吉な言葉は看過する事は出来なかった。
「お前、眠れないと言っていたな。医師から睡眠薬の類は貰っているのか」
 髪を梳く手を止めて聞いた。息を詰めて彼の返事を待つ。
「いや、医師は処方しようとしたが、断った。まどろんだ時に見る悪夢に魘されて起きた時、発作的に全部飲む自分が容易に想像出来て、睡眠薬は多量に服用すると命に関わるのだろう…」
 思わず安堵の吐息を漏らす。彼は弱ってはいるが、自ら命を絶とうとは思って居ないことが確認出来たのだから。
 睡眠薬を飲んでの自殺が体力の弱っている今の片桐に取っては一番容易な方法だろう。 その方法を自分から断って居てくれていた。
 髪を梳く事を再開して、今度は自分の話をすることにした。
「俺も屋敷に謹慎させられてから、お前を救うべく、色々な方に協力を頼んだ。華子嬢は元からの味方だが、それだけではお前を救うことにはならない。それで柳原伯爵令嬢に、華子嬢から話しを繋いで貰った」
 片桐は驚いた様に身動きをした。その様子はまだ気だるげだったが。
「柳原嬢は確かに華子の学友だ。二三回屋敷で拝見したことが有る。三つ編みの良く似合う小柄で子猫のような円らな瞳の持ち主だった。一度挨拶した事があるから覚えて居るが、柳原家と言えば国母をお出しになった家柄だ。何故そのような方が御協力を」
 本当の事を明かしても構わなかったが、柳原嬢は口外しない恋だと仰っていた。それならばこちらも黙っておくのがマナァだろう。
 それ以上に、片桐の鈍感さが妙に可笑しい。
 絢子様の御求愛も有ったというのに、自分の魅力に気付いて居ないところが彼らしい。
「華子嬢と婚約者の三條の頼みでは断れなかったのではないか」
「そう…なのか」
「そうだろうきっと」
「晃彦、髪を梳いて呉れるのはとても気持ちがいい。しかし、晃彦の体温と重みが感じられる方がもっといい」
 黙って彼の身体を抱き締めた。







____________________


 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。


_________________

なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!



 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。













スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。