スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-7

 まだ青っぽい色の唇をして居る片桐からの頼みに、靴を脱いでベッドに上がる。ふと思いついて、片桐の室内用の靴も脱がせた。身体を締め付ける物が有っては片桐も窮屈だろう。少し華奢になってしまった首筋に唇を押し付け、彼の身体に手を回す。彼も身体を寝台から身体を浮かせて協力してくれた。
 幾分か肉は落ちたとは言え男性の身体だ。筋肉の硬さが抱き締めるのに丁度良い。片桐の耳元に自分の口を近付け、重大な事を囁く。
「謹慎中に手を回して宮城にいらっしゃる絢子様と御面会が叶った。あの御方は『何とか致します』と確約して下さった」
 もっと詳しい事を話したかったが皇后陛下との件はどの様になるか全く予測出来ない。こんな様子の片桐に未確定な事を言ってしまい、希望を持たせるのは残酷だと判断した。
「そうか…絢子様…が…そのような御言葉を…」
「だから希望を捨てずに待って居るのだ。俺はお前を諦める気には到底成れない」
 少し考えてから片桐は言った。
「柳原嬢は皇族の縁が深い方だ。そこから御話を回して貰ったのか」
 体調が悪いとはいえ、判断力まで衰えてはいないらしい。
「その通りだ」
「しかし、絢子様の御威光をもってしても、両家の確執は無くならないだろうな」
 背中を優しく撫でながら言った。
「そうだな」
「先程は心残りが無いと言ったが…一つだけ有る」
 少し眠そうな顔で囁くように片桐は続けた。
「晃彦とこうして居たい。これからも…ずっと…」
「もし、俺の考えが上手く運ばなかったら、潔く二人して廃嫡にしてもらい帝大に通って丸の内の企業に勤めよう。そして、ずっと二人で居よう。今、家出するのは簡単だがお互い学生の身分だ。大学入学までは何とか踏みとどまろう」
「ああ、そうだ…な」
 語尾が曖昧になったのを不思議に思って覗き込むと最後に彼は眠りについていた。
 柱時計に目を遣ると、9時だった。まだ両親は屋敷に戻って居ないだろう。宮城の晩餐会は正式な仏蘭西料理が振舞われると聞いたことが有る。この食事は時間が掛かる上に、その後は自分の使用人探しをしたり、気の合った人間の屋敷で気兼ねなく寛いだりする事もあると聞いている。彼が熟睡しているのを確かめ、そっと寝台を降りた。
 10時までは大丈夫だと判断し、部屋の電灯を消し、珍しく晴れた梅雨の一日の置き土産とも思えるような満月の光の下で愛しい彼の安らかな寝顔をずっと見ていた。
彼の憔悴ぶりを物語るかのように、頬の肉も薄くなって居る。もう少し早く忍んで来ていたら…と自責の念に駆られた。
 それにしても、絢子様は皇后陛下にどのように仰られる御積りなのか。そして、自分達二人は引き離される事は本当にないのだろうか…。
この状態の片桐をこのままにしてはいけない…そう痛切に思った。






____________________




 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。




______________

なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!





 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。







__________

この小説にはやんごとなき方が登場しますが、設定上のことであり、誹謗・中傷の意図は全くないことを明記します。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。