スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-9

 宮城での晩餐会が終れば、最悪の場合、父母が真っ直ぐ屋敷に戻る可能性も否定出来ない。このところ、自分への監視の目も緩んだのでどこか知り合いの屋敷にでも寄るかも知れないが、最悪の事態を想定すると、自分は急いで屋敷に戻った方が良い。
「分かりました。片桐君の寝顔をもう一度拝見してから戻ります」
「先程、加藤様を案内した女中はこの辺りの抜け道にも通じております。一番の近道も存じておりますので、直ぐに呼びますわ」
 そっと片桐の寝台に近寄り、安らかな表情に安堵してから、彼のこめかみに接吻した。良く眠れる様に祈りを込めて。そして彼の寝顔を目蓋の奥に焼き付けて、断腸の思いで扉をそっと閉めた。
 片桐の部屋を出ると、先程案内してくれた女中がひっそりと佇んでいた。
「こちらでございます」
 頷きで返し、彼女の後に続く。普段自分が通った事も無い小道を彼女は迷いの無い早足で歩く。早足といっても女性の足だ。自分も易々と付いて行く事が出来た。
「こちらが御屋敷でございます」
 予想以上の早さで自分の屋敷の裏門が見えた。こういった近道が有ったのかと意外に思ったが、普段大きな通りしか歩いて居ない自分などでは気が付かないだろう。
「今夜は有り難う。これは少ないが…」
 華子嬢が女中を差し向けると手紙に書いて来た時から用意していた包みを渡す。
「いえ、この様な物を頂戴するわけには参りません」
「それでは次が頼めない。心配しなくてもそんなに入っていないから」
 そう言いながら、裏門の番人が居ない事を幸いに――多分、主人夫妻が外出中なので骨休みをしているのだろう――裏門を抜け、木に登って自分の部屋に帰りつく。屋敷の様子を窺ったがひっそりと静まり返って居る。
(どうやら間に合ったらしい)
 冷や汗を拭いながら、室内着に着替えているとシズさんの扉を叩く音がした。
「入っても構わない」
 そう声を掛けると、彼女は安堵の笑みをひっそりと浮かべた。
「大丈夫ですわ。晃彦様が抜け出された事に気付いた人間は誰も居りません」
「そうか…それは良かった。この目で片桐を見て安心出来た。協力有り難う」
「いえ、それは宜しいのですが、わたくし、家令様に筆跡を認められて、家令様の仕事を手伝う事になりましたの。今日その御用でお部屋に参りましたら、片桐伯爵に宛てた旦那様の書簡がございました」
 一気に血の気が引いた。今、父に片桐家へ抗議の書簡を出されては大変困る。
 家令とは英吉利で言うバトラーの様な地位だ。主人の手紙を公式に届ける役割もする。
迂闊だった…片桐家への抗議の手紙は宮城の晩餐会の後だと予測していたにも関わらず、父母がこれ程までに早く動くとは。
早く片桐家との決別を付けて、自分の縁談を早く進める積もりかと頭の一部で判断していた。

 片桐の穏やかな顔が切実に見たかった。






____________________




 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。



______________




 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!


 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。





__________


 この小説にはやんごとなき方が登場しますが、設定上のことであり、誹謗・中傷の意図は全くないことを、ご理解戴ければ幸いです。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。