スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-11

 丁度その時、室内着に着替えた母が部屋を訪れた。シズさんは目立たないように自分の部屋を整えてくれていた。
「ただ今戻りましてよ。晃彦さん。とても立派な晩餐会でございましたわ。その上宮城では皇后陛下から直々に親しく御言葉を賜りました。内々に御話ししたい事があるので、三日後に御私室に参るようにとの事でございます。まぁぁ。こんな名誉な事は滅多に御座いません。わたくし、御言葉を伺って卒倒しそうでしたわ。」
 母はその時の様子を思い出しているのか、頬が上気している。
「それはとても光栄な事ですね。母上のみが招待されたのでしょうか」
 絢子様からの何らかの働きかけが有ったに違いないと確信し、作り笑いで質問してみる。
「いえ、夫婦揃ってという御内意ですわ。まぁぁ大変、どの御着物を召して行けばいいかしら」
「そうですか。お傍に絢子様がいらっしゃいませんでしたか」
 失礼の無い着物の事に頭が一杯なのか、さして不審に思われた風は無く母は言った。
「そういえば、いらっしゃいましたわ。
ああ、マサ、今からだと新調する時間は有りませんわね」
 室内には入らず、廊下の隅に控えて居たマサは母の問いに答えていた。
「三越百貨店の番頭を御呼びになると言うのは如何でしょう」
「番頭を呼ぶのも良い考えですが、やはり、様々な百貨店でお召し物を見たいですわね。明日、出かけますよ。マサ、お供なさい。では晃彦さんお休みなさいませ」
 そう言って母は出て行った。
 母の様な身分の者の買い物は、殆どが百貨店の責任者で有る番頭を呼びつけて必要な物を持って来させるのが一般的だ。母が出向くとなると、百貨店中の責任者が集まるだろう。その上、皇后陛下に内々にとは言え謁見するのだから、着物も迷うに違いない。時間が掛かる事は想像に難くない。父は買い物には付き合わないだろうが、何時ものように自室に籠もっている可能性が高い。自分さえ、上手く立ち回れば、昼間の外出も出来そうだった。
 幸い、昨日の華子嬢の心遣いで、近道は分かって居る。
 片桐に食事を摂らせて、片桐伯爵に抗弁する時間は何とか取れそうだ。
 早速、華子嬢に手紙を書いた。書き終わった後黙って控えて居たシズさんに言った。
「無理を承知で頼む。これを早急に片桐家に届けて貰えないだろうか」
 彼女は控えめな微笑を浮かべると頭を下げた。
 シズさんが出て行った後、華子嬢への手紙の文面を思い浮かべる。
(片桐伯爵にどうしてもお会いしたいので、何とか機会を作って戴けないでしょうか…今日、片桐君の様子をこの目で見て、居ても立っても居られないので)
 ざっと、このような文面だった。

 衰弱している片桐の姿はもう見たくは無い。自分の望みは唯一つ、自分の隣で幸せそうに笑う片桐の姿を見たいだけなのだから。
 片桐伯爵への口上を考えていると、使用人が扉の向こうから声を掛けて来た。
 「柳原伯爵令嬢からのお電話で御座います。奥様にお伺いしたところ、取り次いでも良いという事ですので、電話室にお急ぎ下さい」
 柳原嬢は味方だと思っていたが、急な電話に面食らった。




____________________



 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。

    

______________

 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!

 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。



 現在、リアル生活で多忙を極めていますので、リコメが滞っていることをお許しくださいませ。
 もう少しで、時間に余裕が出来るようになりますので…その時(7月に入ってからになりますが)一気にリコメさせて頂きます。











__________

 この小説にはやんごとなき方が登場しますが、設定上のことであり、誹謗・中傷の意図は全くないことを、ご理解戴ければ幸いです。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。