スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-13

 片桐の父上は現在病床に伏して居られる。その事を考えると、赤裸々な事は申し上げられない上に、自分は過去の因縁の有る加藤家の人間だ。面会は華子嬢が骨を折って呉れても叶わないかもしれない。そうすると、書状を先に書いて置いた方が良いのかも知れないと思った。
 病人用に大きな文字で筆書きが好ましいだろう。読まれる事なく、捨てられるかも知れないが、用意するに越した事は無い。文面は謝罪の言葉とこれまでの経緯を書いた方が良いだろうと、早速硯と筆を用意して書き始めた。成るべく失礼の無いように文案を練って書き始めた。
 中々、書くのに苦労はしたが、これも片桐の為だと思うと苦では無い。
 二時間後、ようやく書き上げて、読み返して見た。これで許して下さらない可能性は有るが、それはそれで仕方の無い事だ。
 明日、母がマサを伴って買い物に出た時が良い機会だろう。その時を見計らって、誰にも見つからないようにと、シズさんを呼んで打ち合わせをした。シズさんは露見した時の自分の責任を痛感している――それは自分のせいだったが、シズさんはそうは考えて居ないようだった。
 屋敷の人間は、敏い者を除いては、自分が病気になっていると信じているので、部屋に近付く使用人も居ないのが好都合だ。
 明日の為に早く休む事にした。
 寝台に上がってからも、片桐の父上の件と、片桐の様子の事が気に掛かって何時ものように直ぐには寝られなかったが、片桐の事を考えると、自分がすべき事は遺漏の無いようにしたい。睡眠不足で片桐の屋敷を訪問して、特に片桐の父上に粗相が有ってはならない。無理に眠るように努めた。

 朝、シズさん1人が朝食を運んで来た。お目付け役のマサは母上の買い物の支度をしているに違いない。

「シズさん、母上が外出されたら、誰を連れて行くのか見ていて欲しい」
 そう頼むと彼女は心得顔で頷いた。

 母が出掛けるのを一日千秋の思いで待ち構えて居ると、シズさんの控えめな扉が叩く音がした。
「ただ今、奥様はお気に入りの使用人を全てお連れになって、お出掛けになりました」
 しかも、母は全てのお気に入りの使用人を連れて行ったという事は、自分の事情を知る使用人は全て屋敷から出払って居る事になる。
 幸甚な出来事だ。母は、皇后陛下に内内とは言え、親しく招かれたのだから、失礼の無い着物を選ぶ為に信頼出来る使用人――つまり、心得の有る使用人を全て連れて行ったに違いない――
 自分も柳原嬢との縁談が進んで居ると勘違いしている母なので、こちらの監視は一先ずは緩んだ様だ。
 制服に着替え、シズさんに後を頼んでから、誰にも見つからない様に屋敷を出た。書状も袱紗に包んで鞄の中に入れた。幸い、使用人は女主人が留守なので気が緩んでいるのか、廊下には人影が無かった。裏門も門番は居眠りをしていた。矢張り女主人が不在だと監視が緩い。
 案の定、誰にも見つからずに屋敷を出る事が出来た。









____________________




 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。



______________





 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!





 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。




 現在、リアル生活で多忙を極めていますので、リコメが滞っていることをお許しくださいませ。
 もう少しで、時間に余裕が出来るようになりますので…その時(7月に入ってからになりますが)一気にリコメさせて頂きます。応援や感想コメは大変嬉しいのですが、本当に仕事が忙しく、体調も優れないので、リコメが遅れることをご理解戴ければと思います。
 小説ももしかしたら、体調と仕事を考えてお休みするかも知れない状況になって、アワアワしています。楽しみにして下さっている読者様がいらっしゃる以上は、出来るだけ毎日更新を心がけたいと思っていますが、不可能な場合も有り得る可能性は否定出来ないところが辛いです…





__________



 この小説にはやんごとなき方が登場しますが、設定上のことであり、誹謗・中傷の意図は全くないことを、ご理解戴ければ幸いです。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。