スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-19

「個人的な考えだが、明治の時代も終わり両家の確執もそろそろ終わりにしたいと思って居た。
 これからは愚息と仲良くして呉れればと思って居る。ましてや、精神的に変調を来たす程に思い詰めるような間柄では、余程、絆は深いのであろう。加藤家からの手紙については、到着した時点で考えよう。愚息は私が病に倒れてから家長代理を立派に務めていたと聞いておる。
 先程はああ申したが、廃嫡は考慮の外だ。これからも愚息の事を宜しく頼む」

 片桐伯爵はそう仰ると、疲れたように手元の鈴を鳴らした。すぐに先程の老女中が声を掛けて来る。
「対面は終った。この方にくれぐれも失礼の無いように。私の客でもある事を考慮に入れておもてなししてくれ」
 伯爵が老女中に命じているのを有り難く聞いた。今まで詰めていた息を吐くと、そっと片桐の方をを覗った。
 彼は力尽きたような顔をして居る。伯爵に感謝を込めた退出の挨拶をし、立ち上がった時に片桐の身体が傾いだ。
 慌てて彼の身体を両腕で支えた。
「片桐君の容態が優れないようなので、立ったままで失礼致します」
 そう申し上げ、片桐の身体を抱き抱えるようにして伯爵の部屋を後にする。

「もし、医者が必要ならば、遠慮なく使用人に申しつけてくれ。愚息を頼む」
 伯爵の声が追い掛けて来た。
 障子を閉める時に、伯爵に会釈しようと振り返ると、先程の老女中が布団を敷いて居た。
 自分との対面のためにわざわざ布団を上げさせ、正式な対面をしようとして下さった伯爵の御心遣いが偲ばれた。
 伯爵も片桐の精神状態を心配されて居たのだと思った。御自分の病状が片桐の変調の原因で無かった事もお考えになっていらっしゃったのだとその時に、やっと察しがついた。
 幸い、伯爵も人払いをなさって下さっているのか、廊下に使用人の姿は無かった。すれ違ったのは伯爵専属らしい医師と看護婦だけだった。案内はされなかったが、来た廊下を辿れば片桐の部屋には行くことが出来る。彼の身体を抱きかかえながら早く片桐を休ませなければと考えていた。
 彼の顔を覗き込むと顔色が真っ青で、額には汗の粒が光っている。辛そうに目を閉じた彼の顔だったが、唇はどこか満足げに弛んでいた。
 これまでの緊張と、ここ数日間の絶食で脳貧血を起こしたのかも知れない。もし自分の手に余るようなら、先程の医者に見せなければならない。
 横抱きにして彼の部屋に運ぶ。扉をどうやって開けるかを考えて居ると、昨日案内してくれた女中が扉の傍に控えていた。
「旦那様のお申し付けで参りました」
 一礼してそう言うと、扉を開けてくれた。
「寝台に運ぶので用意をお願いする」
 彼女は手早く言われた通りにし、片桐の室内着を用意してその後一礼した。
「後ほど、お食事を運んで参ります。御用が御有りの際はその釦を押して戴ければ参りますので」
 そう言って彼女は下がった。
 服を脱がせるのは簡単だったが、着せるとなると難しい。ぐったりしている片桐を取り敢えずは寝台に寝かせつけて、顔を覗き込んだ。
 白っぽい唇から声が漏れる。
「晃彦、有り難う」






____________________


 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。


    

______________


 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!




 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 現在、リアル生活で多忙を極めていますので、リコメが滞っていることをお許しくださいませ。
 もう少しで、時間に余裕が出来るようになりますので…その時(7月に入ってからになりますが)一気にリコメさせて頂きます。応援や感想コメは大変嬉しいのですが、本当に仕事が忙しく、体調も優れないので、リコメが遅れることをご理解戴ければと思います。
 小説ももしかしたら、体調と仕事を考えてお休みするかも知れない状況になって、アワアワしています。楽しみにして下さっている読者様がいらっしゃる以上は、出来るだけ毎日更新を心がけたいと思っていますが、不可能な場合も有り得る可能性は否定出来ないところが辛いです…
なるべく毎日更新を心がけますので、どうか宜しくお願い致します。


 しかし!今度はパソコンの調子が悪く、エラーメッセージが起動時やワードで作業中に出るようになりました(TT)なにやらハードディスクに問題がある…と英語で書いてあるみたいです。
イキナリ壊れることも予想されますので、←とことん、ついてないですぅ。今は、書き溜めた小説をヤフーのメールに移している最中です。もし、このパソコンが壊れたら、ネット生活に多大な影響が出るので…またまた困ったことになりました…。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。