スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-20

 彼の長い睫毛が動き、瞳が現れる。その眼差しに静謐な安らかさも混じって居ることに自分だけでなく片桐のためにも良かったと思う。

「大丈夫か?医師を呼ぶ方がいいならそうするが」
「いや、晃彦が居ればそれだけで、良い」
 そう言って目蓋を閉じる。
 額に浮いた汗を浴室から持って来た濡れたタオルで拭った。

「今日来てくれて有り難う。父上が理解してくれたのは晃彦のお陰だ」
 目を閉じたまま、呟くように片桐は言う。
「いや、お前が家長代理として頑張っていたからだろう。その努力の賜物だ」
「…しかし、オレは晃彦が居たから頑張れた……」
 弱弱しい声だったので、体力的にも精神的にも限界かと思って、会話を止め汗で少し湿っている片桐の髪を梳く。
「それ、気持ちが良い…」
 片桐はそう言うと、疲れたように眠り込んだ。

 髪を梳きながらじっと片桐の顔を見る。
 今日は来て良かったとしみじみと思った。少なくとも、片桐家と自分の家の全面対決は避けられた。自分の父母はどう出て来るのか分からないが、絢子様を始めとして動いて下さって居る御方がいらっしゃる。こちらの面でも良い成果が出れば良い。
片桐の廃嫡が避けられた事だけは素直に喜ばしいと思った。

 扉が遠慮がちに叩かれる。応じて出て行くと、先程の女中が食事を載せた台を運んできていた。二人分の食事が用意されている。
 これは片桐伯爵か、先程の老女中の指図に違いない。
「有り難う。ここからは私がするから下がっても構わない」
 部屋の外で話していたが、声が聞こえたのだろう。そんなに深くは眠ってなかったのか。その気配に片桐が目を覚ました。
「やはり、晃彦が居れば寝つきが良くなる」
「そうか、それでは毎晩来ようか」
 半分本音、半分冗談めかして言った。
 先程よりも顔色が良くなっているのを確認し、自分の言葉に考え込んでいる片桐に声を掛けた。
「食事は摂れるか」
「ああ、晃彦が居れば、食べられる」
 言いながら微笑んだ片桐の顔は穏やかだった。少しは片桐が背負っていた荷物を軽く出来た事に深い充実感を覚えた。
 一緒に食事を摂っていると、以前の片桐の表情に近付いて来ている事に気付いた。「あの事件」が起こる前の片桐の、穏やかで自分を惹き付けて止まない親愛の情がこもった眼差しだった。

 自分の事はどうなるのかは分不明だが、片桐に取っては一歩前進した訪問だったと思った。後は、皇后陛下や絢子様がどの様に御仲裁に入って下さるのかだけが心配だった。

 片桐の精神状態は自分が居れば落ち着くようなので、自邸の隙を見て訪問すれば良いと決意した。家長である片桐伯爵の許しも出た事なので、次回からは堂々と訪問出来る。




____________________


 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。



______________




 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!

 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




 現在、リアル生活で多忙を極めていますので、リコメが滞っていることをお許しくださいませ。
 もう少しで、時間に余裕が出来るようになりますので…その時(7月に入ってからになりますが)一気にリコメさせて頂きます。応援や感想コメは大変嬉しいのですが、本当に仕事が忙しく、体調も優れないので、リコメが遅れることをご理解戴ければと思います。
 小説ももしかしたら、体調と仕事を考えてお休みするかも知れない状況になって、アワアワしています。楽しみにして下さっている読者様がいらっしゃる以上は、出来るだけ毎日更新を心がけたいと思っていますが、不可能な場合も有り得る可能性は否定出来ないところが辛いです…
なるべく毎日更新を心がけますので、どうか宜しくお願い致します。

 しかし!今度はパソコンの調子が悪く、エラーメッセージが起動時やワードで作業中に出るようになりました(TT)なにやらハードディスクに問題がある…と英語で書いてあるみたいです。
イキナリ壊れることも予想されますので、←とことん、ついてないですぅ。今は、書き溜めた小説をヤフーのメールに移している最中です。もし、このパソコンが壊れたら、ネット生活に多大な影響が出るので…またまた困ったことになりました…。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。