スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛6-23

 柳原嬢からの電話、それは華子嬢からの伝言のためのものだった。華子嬢も片桐家の人間だ。自分の家では、まだ片桐家の人間は嫌悪されている。彼女もそれを分かっているので親友の柳原嬢に頼むしかないのだろう。内々の婚約者である三條も自分の両親が電話を取り次がない様に使用人に厳命しているので、彼女しか連絡が取れないのだ。
 柳原嬢もとても良く協力してくれる。自分達の為に色々な人達が動いて下さるのは有り難いが、同時に心苦しくも有った。
 華子嬢からの伝言は、自分達が宮城へ呼ばれた日時に同じく片桐家の人間である、片桐伯爵(病人なので介添え人の同行も許可されたそうだ)と片桐夫人、そして片桐も招待する御文が届いたというものだった。

 電話を切った後、皇后陛下は両家の関係者を一同に会させて、何かを御話しされる御積りではないかと考えた。その何かが何なのかは御拝察出来ないが。
 柳原嬢との電話を切る際に、華子嬢に聞いて欲しいと頼んだ事が有った。それは片桐が食欲と睡眠欲のどちらが欠乏しているのかだった。
 食事の後、片桐のためにこれ以上出来る事も考えられないので、仕方なく勉強をして時間を潰していると、マサが扉を叩いた。
「何だ」
 嫌悪感を隠さずに言うと、マサは表情も変えずに報告した。
「柳原伯爵令嬢からのお電話で御座います。この分ですとご婚約も近いのでは有りませんか」
 嬉しそうな顔をして言うマサに、無性に腹が立った。
「先の事はどうなるか分からない。俺も、マサも、そして柳原嬢も…」
 嫌味にならないとは思ったが、口調が自然と「マサ」のところで刺々しくなった。
「まぁ…」
 絶句するマサには目もくれないで、電話室に急いだ。柳原嬢は、自分との約束を律儀に守り、華子嬢と連絡を取った上で電話を下さったのだろう。その人柄に好感を抱いてしまう。恋愛感情などではなく…。
「華子さんにお聞きしたところでは、最近、食欲は少々あるようですが、お眠りになるのが難しいようですわ。こんな事でお役に立ちまして」
「はい、とても役に立って居ます。本当に有り難う御座います」
「わたくしに出来る事が御座いましたら、何でも仰って下さいませね。わたくしも片桐様が御弱りになっていくのを拝見しとうは御座いませんもの。」
 そう仰って電話は切れた。
 寝つきが悪いとは以前から聞いていたが、問題はやはり睡眠かと思った。なら、皇后陛下の謁見まで毎日、夜に忍んで行こうと決意した。彼を寝付かせるために。謁見で倒れることなど有ってはならない失礼な事だ。
 彼が眠りにつくまで、見守る事くらいしか出来ない自分が歯痒かったが、他の方たちが協力して下さっている様子なのが幸いだった。
 明日の夜は忍んで行けるだろうかと、思案にふけっていた。





____________________


 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。


______________

 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!



 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。







★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





 現在、リアル生活で多忙を極めていますので、リコメが滞っていることをお許しくださいませ。
 もう少しで、時間に余裕が出来るようになりますので…その時(7月に入ってからになりますが)一気にリコメさせて頂きます。応援や感想コメは大変嬉しいのですが、本当に仕事が忙しく、体調も優れないので、リコメが遅れることをご理解戴ければと思います。
 小説ももしかしたら、体調と仕事を考えてお休みするかも知れない状況になって、アワアワしています。楽しみにして下さっている読者様がいらっしゃる以上は、出来るだけ毎日更新を心がけたいと思っていますが、不可能な場合も有り得る可能性は否定出来ないところが辛いです…
なるべく毎日更新を心がけますので、どうか宜しくお願い致します。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。