スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛7-10

 両家の合意を得た皇后陛下は、大きな慈愛に満ちた瞳で自分と片桐をご覧に成られた。
「わたくしも出来うる事なら英吉利で学びたかったのです。片桐さんは得意の英語を活かしてもっと造詣を深めていらしてね。加藤さんは理科がお得意の様ですから、英吉利だけではなく他の国の大学へも学びに行かれて…他国の新兵器も学ばなければなりませんよ。その覚悟は御有りになりますか。そして勉学を修め帰国した時には華族として、また皇国の一員として義務を果たさなければならないのですよ。決して楽な道では無い事をお忘れなく」
 そう諭される陛下の口調はむしろ穏やかだった。
 片桐の方をそっと窺うと、彼は白皙の頬を薄紅に染めている。
「御内示、かたじけなく承ります。勉学に努め少しでも陛下を始め皇国のお役に立てるように頑張りたく思います」
 瞳を輝かせそうはっきりと告げる片桐の顔は、露見以来の憂いが払拭され、とても活き活きしていて魅力的だった。
 負けじと自分も啓上した。
「私も勉学に励み、陛下からの御高配に応える事の出来る教養を身に着けると共に、華族としての誇りと義務を持つ人間になり帰国して参ります」
 そう申し上げていると、片桐の視線を感じた。そっと彼の顔を見ると今まで以上に安らかな笑顔をしている。

 傍らに立っていらっしゃった絢子様が陛下に扇で口元を隠して耳打ちをされていらっしゃる事に気付いた。
 陛下は頷かれるとこう仰った。
「さて、片桐伯爵家では、伯爵がご病気の為にご子息が家長代理を務めて居ると聞いて居りますが、そちらはどうなさるお積りですか」
 御聡明な陛下はどちらの家が積極的かを敏感に感じられたのだろう。そう御下問が有った。

「幸い、病状は快方に向かっていると医師が申しておりました。愚息は留学準備に忙しくなります故、私や家内や娘や下の息子の協力を仰げば、そう難しい事では無いと心得る次第で御座います」
 そう啓上なさった。相変わらず呂律は少し回って無かったが、片桐伯爵は片桐の笑顔を見て安心したのだろうか。譲歩を引き出した。

 その間、自分の両親は無言だった。
 それはそうだろう、仇敵の、しかも息子を誘惑したと信じている――それは誤解だが――と二人きりの海外留学など認められる筈が無いのだろうと思った。
 皇后陛下の御前なので、黙って耐えているといった風情だった。

 その空気を御察しになったのだろう、皇后陛下は厳かな表情をお作りになり仰った。
「絢子さんから伺って居ます。二人のご子息が醜関係にある…などと言うラチも無い噂を流されたのは加藤伯爵夫人ですね。華族は臣民の模範たる義務を負います。市民の者がそのような噂を漏れ聞く事に成っては、華族階級のみならず皇室をも愚弄の対象と成るという事をどうしてお分かりにならないのですか。もし、わたくしの言う事が不満でしたら、この件は畏れ多くも陛下に裁決を委ねる事に成りますが、如何」
 声音は優しかったが、仰っている事は辛辣だ。
「お、畏れ多いことで御座います。皇后陛下の宸襟を悩ませるのみならず、陛下にまで。わたくしどもも愚息の留学に賛成で御座います」
 ハンケチで汗を拭きながら母は申し上げた。父も頷いて居る。
 これで自分と片桐の英吉利留学は決まった…と思うと、安堵の余り脱力しそうになった。
 それを目敏く見つけたのが片桐だった。素早く近付くと、身体を支えて呉れる。
 その様子を皇后陛下と絢子様は唇を笑みの形にして見守って居られた。



____________________



 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。


    

______________


 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。












★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


※現在、頑張ってリコメをしておりますが、溜まりに溜まっているため(←溜めたのは自分なので自業自得ですが…)まだまだかかりそうです。申し訳ありませんが、もう暫くお待ち下さいませ。←誠に申し訳ありませんが、リアル生活、いよいよ忙しくなってきておりますので、毎日更新を目指しますが、力尽きるかもです。
今度、暇になるのはお盆明け(←遠い目)


また、小説中にやんごとなき方が出ていらっしゃいますが、設定上の事であり、誹謗・中傷の意図は全くないことを明記しておきます!!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。