スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛7-14

 運転手に聞き取られない為に、片桐は小さな声で話していた。
 皇居から学校まではかなりの距離が有る。しかし、皇后陛下のお車だ。道路には車が少ない上、通行人達は紋章を拝見すると、直ぐに道を空ける。この分だと直ぐに学校に着いてしまうだろう。
「晃彦がオレの為に色々としてくれたのは…、晃彦本人ばかりでなく、三條や華子からも聞いて居た。オレもどうにかしたかったのだが、どうしても身体が動かなくて…しかも言いたい事が声に出せない症状にも罹っていたみたいだ…。
 本当に済まないと思って居る。あの悪夢の様な出来事の後で、本来ならばオレも動かなければならなかったのに、晃彦ばかりに苦労を掛けてしまった…」
 気にするな…と言ってやりたかったが、言葉では伝えきれない想いが溢れ出て来る。だから、片桐の更に骨ばってしまった手を強く握った。
「御前が元気になって本当に良かったと思って居る。御前がその様な事を言って呉れるだけで本懐だ。
 それに留学ともなると、外国で一緒に居る時間が増える。周囲の目も気にしなくて良くなる。暫くは準備などで忙しいだろうが、日本に居る間も出来るだけ二人の時間を共有したいと思うのは我が儘だろうか」
 運転手の耳目を憚って小さな声で告げた。
 片桐は、ほんのり笑い頷いた。
 話をして居ると、見慣れた道に入り、学校が近いのだと知る。自分達の学校は菊の御紋章の付いた車が良く来るので、校門を入っても誰も不審な顔はしなかった。
 二人して院長室に向かって歩いていると、三條が笑顔で近付いて来た。
「たまたま廊下から窓の外を眺めていると、皇后陛下の御車が見えた。だから二人が来たのかと思った。予想通りで嬉しい」
 一旦言葉を切ると辺りを見回し、言葉を続ける。
「その様子では問題は片付いたという事か」
 自分も片桐もそんなに嬉しそうな顔をして居るのだろうかと思ったが、片桐の顔を見て納得した。
 以前、自分を眺める時に見せた、柔らかい笑みを浮かべている。
「ああ、ただ、残念な事にお前とは大学が違ってしまうと思う」
「何だ、それはどういう事だ」
 三條もそこまでは知らなかったのだろう。今日の皇后陛下と絢子様との内々の謁見の事をかいつまんで話す。
「そうか、留学か。絢子様辺りの御考えだろうが、皇后陛下も外国文学に造詣が深いと伺って居る。御二人で相談してお決めになったということだろうな。同じ大学で学べないのはいささか残念だが、仕方が無い事だ。これからも両家とは縁の有る身、送別会は任せておけ」
 口調に暖かさと親身さが混じって居た。三條には随分世話になった。御礼をしなければと思う。
 片桐にその事を耳打ちすると、彼も笑顔で同意した。
 話している内に院長室の前に着いた。三條は別れの挨拶して廊下を歩き出す。
 院長室の扉を叩いて、入出の許可を求める。
 留学という抽象的な言葉しか皇后陛下は仰らなかった。自分達はどんな大学に入学するのだろうかとの少し不安だった。





____________________




 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。


______________




 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
しかし、小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。













★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





リアル生活、いよいよ忙しくなってきておりますぅ、毎日更新を目指しますが、力尽きるかもです。特に再来週が地獄の勤務です><

今度、暇になるのはお盆明け(←遠い目)

私の小説は、内緒コメで感想が入るんですが…「もうこの話もそろそろ終わりです!」と申し上げたら、「終るの寂しい」とか、「もっとこの話の続きを~!」とかの嬉しいコメントが入りました。

予定では24話で終る積りだったのですが、皆様のご要望次第では(私もこの作品には愛着を持っていますので)番外編のような形で、この話の続き(というか、蜜月編)を書こうかしら?と思って居ます。宜しければ、ご意見お聞かせ下さい!勿論内緒キーで(笑)






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。