スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第一章-7

「お前がこんな正義漢だったとは思わなかった」
 そう言葉を続けた。
「そういう話ではない…ただ…」
 唇を噛んで言葉を探しているようだった。
「ただ?」
「ああ、オレの家族や親族、家臣たちは、落城の際には密かに逃亡も考えたという話だ。城には徳川に内緒の抜け穴が存在していたことが代々伝わっていた。そこを使おうと。もし、逃亡していたら…もちろん重臣や当時の藩主などは残るが、それ以下の身分のものが逃げていたら…そうしたらあんな暮らしをしていたのではないかと思ったものだから。また、落城をするくらいなら、皆切腹するという意見も出たそうだ。もし、そうなっていたら今、オレはこの世に居ない。まぁ、昔、武士だった者が困窮しているという話も聞いていたし」
 ぽつりぽつりと言って、はにかむように、にこりと笑った。



 ああ、そういう考えも出来る人間なのだと、そう、しみじみと加藤は思った。自分の聞き続けていた祖父の話よりも、片桐の境遇の方がもっと厳しいものだったのだと。そしてその内心を隠して今まで生きてきたのだと。
 歩きながら歩いていると、やがて加藤の屋敷に着いた。
「制服が濡れている。この雪まじりの雨に濡れたからな。寒くないか」
「寒くない」
 そう言いながらもいつもは紅色の唇は紫色に近かった。身体も小刻みに震えている。苦笑して、
「家の浴室で温まって帰れ」と自分の体温を与えるために肩を抱いた。予想よりもさらに薄い肩だった。
「な」と言いながら顔を覗き込む。大きな瞳がゆらりと揺れる。そして、加藤の屋敷に視線を当てた。
 白と茶色を基調にした瀟洒で大きな屋敷に明るい光りが漏れている。暖かそうな雰囲気に引き寄せられたのかも知れない。
「では、お世話をかける」と小さな声で言った。
「ただ…我が屋敷では・・・」
 躊躇して言いかけた。その口調で察したのだろう。片桐は、「名前は名乗らない。お父上はご在宅か」と言った。心残りを感じながら腕を離した、傘は片桐に差しかけたまま。左肩に冷たい雨がしぶいたが気にならなかった。
「いや、夫婦で夜会に招かれていると今朝、たしか・・・」
 門の前で守衛に声をかけ、女中に傘と浴室用タオルを持って来てもらうように言いつけた。
 間もなく女中が慌てて走り寄ってくる。大きなタオルケットに包まれた片桐の姿は可憐に見えた。
 加藤の屋敷には客室も多数あるが、敢えて自室に通した。客室を用意させるとなるとキヨの手を煩わせることになる。キヨは両親の供をして夜会に出たこともある。それを慮ったのだ。自室の内部にある浴室を使わせた。



_______________________________________________



この小説はフィクションでありファンタジーです。一応、歴史上のことも出て来ていますが、作者の浅学不才により間違いもあると思います。なお、人名は、登場人物は全てフィクションで、ちらっと出てくる人物はノンフィクションです。風習なども調べましたが、至らない点がありましたらお教えください。







__________________________________________
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ああ、「がんじ」が!! 

L(でいいのでしょうか??もしやR??)様
 
ええ、過去作品をゆっくりペースで更新しています。ただ、「もう下手過ぎて目も当たられない」という部分はちょこっと表現を変えたりしていますが。

リンク…皆様、画面の右側か左側に「ブログタイトル」やハンドルが表示されますよね?それが出来ないのです(泣き)←バカなだけかも

>FC2ブログ同士であれば、先方の「このブログをリンクに追加する」をクリックするだけでできます。
 Yさまのブログをリンクしてみましたが、このブログには表示されていないし…。
 もう、ただでさえ脳みその働きが鈍いのに、オロオロしています~!

Lさまには久しぶりの「がんじ」だと思いますが、お楽しみ頂ければ嬉しいです!

コメント有難うございます!
プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。