スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 最終章ー10

「逢える機会は、出来るだけ作ろう」
 片桐から渡された招待客の名簿を持って東屋を出た。片桐も離れ難い様子で着いて来る。
 自分の屋敷には及ばないが、片桐の屋敷も平民から見ると広大な庭が有る。皆が寝静まって居る時間なので、どちらからともなく手を繋いだ。
「ああ、当分は忙しくなるだろうが、オレも逢いたい」
 流石に正面の門の前に来ると、片桐は手を放し、立ち止まった。
門には門番が常に居る。片桐は室内着姿だ。こういう寛いだ姿を使用人に見せてはならない事は当然の事だ。
「では、近い内に逢おう」
 そう言って別れの挨拶を交わす。片桐は立ち止まったまま、頷いた。
 背中に全神経を集中させて、片桐の気配を感じて居た。目立たない様に木の陰から彼も見送って呉れているのが分かる。視線そのものが熱を持っている様な気がした。
 その視線を見て仕舞うと、つい引き返したくなる衝動に駆られる可能性が極めて高いので、敢えて振り向かずに後ろ手で手を振った。
 門番は片桐の指示を受けていたのだろう、最敬礼で見送って呉れた。
 門を出ると、急いで自分の屋敷に向かう。
 見咎められない様に慎重に自室に戻った。
 自分の帰邸を待って居て呉れたらしく、――シズさんには、外出する事は言って無かったのだが――部屋の扉を開けると彼女の心配そうな顔が笑顔に変わった。その笑顔を見て自分の外出がシズさん以外の誰にも知られて居ない事を確信した。
「片桐の所に行って来た」
 そう報告すると彼女は心底安堵した様に微笑んだ。
 自分が留守中に色々な話を聞いていたのだろう。その笑みは大変満足そうだった。
「さて、シズさんは許婚が居るのだろうか」
 突然の話題変換にシズさんは面食らった表情をしたが、それも一瞬だけで即答された。
「いえ、私の様な者には殿方は見向きもなさいません。一生、出来ればこの御屋敷で働かせて頂きとう御座います」
「所帯を持つ気持ちはあるのだろうか」
 本人の意思を確認しようとそう聞いてみた。
「…出来れば…という気は致しますが、縁談などが舞い込む境遇では御座いませんので…」
 確かに、大正の新時代と言っても、没落士族の娘を喜んで貰う家はそうそう無いだろう。
「片桐も心配していた。せめてもの恩返しに、知人のご子息を紹介すると」
 彼女は躊躇いがちに言った。
「片桐様にも御心遣いをして頂くのは心苦しいですが…どの様な方でいらっしゃいますか」
「御一新前はとある藩の藩医を代々勤めて来たが、賊軍になって仕舞った為に町医者を営んでいる方のご子息だそうだ。町医者は大変な仕事なので、断っても全く片桐も気にしないだろう」
 圧力をかける積りは無かったので、そう言って置いた。
「暫く考えさせて頂いて宜しゅう御座いますか」
 そう言って彼女は退出の挨拶をし、部屋を出て行った。
 先程、部屋に戻った時に机に置いた招待客の名簿を見た。片桐の几帳面で綺麗な文字で、追加が書き加えられて居た。
 その文字に、安らかに彼が眠る事が出来るよう、祈りを込めて口付けた。







_____________







 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。
 ↓ ↓


____________________________






 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
 小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。
 読者様は多岐に渡っているのが現状です。「BL大好き~!」という方から、「BLというものが存在することを知りませんでした」という方までいらっしゃいます。
 隠れ腐女子(いや、貴腐人ですね^^)や男性の読者も沢山いらっしゃって、内緒コメが多いという…。内緒コメでも熱烈歓迎中でございます^^












いつも応援有り難う御座います!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。