スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 最終章ー11

 机に向かって、片桐が補足してくれた名簿を見た。
 今日は色々有りすぎて、眠れそうに無い。名簿には、「自分は余り親しくないが、片桐とは親しい」という同級生も混じって居た。
 やはり、御一新からほぼ60年が経っても未だ解消されていないのか…と思う。
 全部招待する事に決めた。自分が片桐の意向を尊重したいのは当然の事だが、この送別会で少しでも両者の溝が埋まるので有ればそれに越した事は無い。
 扉を遠慮がちに叩く音で眼が覚めた。気がつくと、制服のまま机に突っ伏して寝ていた。
 流石に自分も疲れていたのだろうと思った。
 扉を開けて貰うのを少し待ってもらい。大急ぎで夜者に着替えた。シズさんなら良いが、謹慎や嫡子変更が正式に解消した今、別の使用人が扉を叩いている可能性も0ではない。
 大急ぎで寝台に潜り込むと、自分の合図に応えて入室して来たのはいつも通りシズさんだった。
 朝の挨拶をしてから彼女は言った。
「昨日はお休みに成られていないようですね。マサさんからは『これからは晃彦様も食堂でお食事を』と申し付かって参りましたが、こちらにお運び致しましょうか」
 シズさんの態度に違和感を覚え、彼女の言うがままに頷いた。
 食事をして居る最中、シズさんのもの言いたげな視線を感じた。主人が促さない限り使用人から話しかける事は失礼に値すると知っている者の態度だった。
 シズさんが話したいと思う事は昨日自分が言い出した一件に違いないと予想し、努めて快活に聞いてみた。彼女が断っても負担に成らないように。
「昨日の件だが、考えて貰えただろうか。町医者が大変な仕事だとはそれとなく知っている積りだ。だから断っても…」
 シズさんは、決意を秘めた視線で言い出した。
「お人柄は片桐様が紹介されても良いと判断された方なので御座いましょう。私も一晩考えましたが、その方と会ってみたく思います」
 会えば、断るのが難しいのが今の時代の御見合いだ。それでも会おうと決意したのは片桐を信頼しているのだろう。町医者は、帝大を出て大学病院に入った人間などには務まらない程の激務だと聞いた事がある。夜中の急病人への往診や、薬代もままならない人には薬代は勿論の事、診療費も取らない医師も多いと聞く。一日中勤務体勢で居なくてはならない上に、収入は少ない場合が多いという話だ。
「…花嫁御寮になっても苦労すると…」
 言葉を選びながらそう言って見た。
「それは承知の上で御座います。片桐様が信頼されている方であれば…そして、私などでも構わないと仰る方なら沿ってみとう御座います」
 彼女の決意は難そうだった。今日にでも、片桐の屋敷に行って先方にその旨を伝えるようにお願いしようと思った。シズさんなら、町医者の妻でも充分過ぎる程に務まるだろう。
 学校に行くのは止めにして、片桐の屋敷に電話を掛けた。勿論誰も居ない隙を狙ってだが。
 彼も学校へは行かないと言ったので訪問する旨を伝え電話を切った。そして三條に連絡を取り、帰宅途中に片桐家に寄って貰うように頼んだ。
 三條が片桐家に来るのは、学校が終ってからの筈なので、充分二人きりに成れる時間は有りそうだった。




_____________




 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像の上をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。
 ↓ ↓


____________________________


 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
 小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。
 読者様は多岐に渡っているのが現状です。「BL大好き~!」という方から、「BLというものが存在することを知りませんでした」という方までいらっしゃいます。
 隠れ腐女子(いや、貴腐人ですね^^)や男性の読者も沢山いらっしゃって、内緒コメが多いという…。内緒コメでも熱烈歓迎中でございます^^






 現在、仕事が忙しい上に体調が優れず、不定期更新になっていますが…それでも!!応援して下さる方がいらっしゃって、とても嬉しく思っています。
 もう少しでこのお話も終わりですが(あと、何回かは…ちょっと分からないです)
 帝国ホテルでの送迎会の様子もキチンと書きたいですし…。
 最後までお付き合い下されば嬉しいです。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。