スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 最終章ー12

 電話を終え、そそくさと外出用の私服に着替える。シズさんには先方に渡すべく、彼女の家系書とこれまでの経歴を書いた書面をしたためて貰っていた。シズさんを待ちながら、英吉利での生活はどの様になるのかを考えて居た。下宿という事になるのだろうか、それとも寮に入るのだろうか。 
 英吉利でも慣れれば授業程度の英語は理解出来る自信は有る。日常会話は、日本に居る時も努めて夜会などで会う英吉利人と話して来たしそこそこの自信は有った。
 多分、片桐はそれ以上だろう。彼も英吉利人を家庭教師として一生懸命学んでいたのだから。
 シズさんから封書を受け取り、廊下を歩いて居ると、母に出会った。挨拶の後母は少し寂しそうな顔をなさって言った。
「片桐家へとお出かけですの。道中お気をつけて」
「はい。行って参ります」
 片桐家に行く道すがら、百日紅の花の咲き始めている事に気が付いた。夏も近付いて来ているのだと実感する。
 片桐邸の門番に来意を告げると、暫く待つようにと丁寧に言われた。いぶかしんでいると、片桐が外出着姿で歩いて来る。
 手を上げて挨拶する。彼の顔の笑顔が深くなった。並んで歩き出す。
「晃彦が来ると言うので、本当は門の所で待って居たかったのだが、門番に止められた。だから、来たら直ぐに知らせてくれと頼んでいた」
 明るい太陽の光の下で見る彼の顔は明るくて元気そうだった。昨日は良く眠れたらしい。細い体は相変わらずだが、逢えずに居た時のような病的な感じは微塵も無い。その事が喜ばしい。
「そうか…だが、ご子息が門の前に立って居たらおかしいだろう。門番の戸惑いも良く分かる」
 そこまでして待ちわびて呉れていたのかと思うと言葉が見つからない程、嬉しかった。
「今日はシズさんの件と招待客の名簿の件で来た。それと、外遊中の寄宿舎がどうなっているかだな…」
 自分の気持ちを吐露してしまうと、本来の用件を忘れて片桐に触れたい欲望があふれ出しそうな予感がしたので先に言ってしまった。
 使用人達の挨拶を受けながら片桐の私室に入ると、既に冷たい飲み物が用意されていた。
 冷たい珈琲を飲んでいると、向かいに座った片桐も同じ事をしている。グラスに口を近づけた片桐の形の良い唇を見てしまうと、もう止まらなかった。そっと近付き、彼の顔を上向かせる。グラスを奪い、唇を盗んだ。
 怒っているかと薄目を開けて表情を確認すると、彼は目を閉じて唇の感触を楽しんでいる様だった。微弱に震える長い睫毛が綺麗だった。暫くそうして居ると、躊躇がちに扉が叩かれた。
 片桐は現実に返ったような表情でドアを開けに行った。ドアの向こうで使用人と何かを話している。聞き耳を立てるのも失礼なので、窓の外を眺めていると片桐が自分を呼んだ。
「絢子様からのご紹介で、留学の案内をして下さる人がいらっしゃったそうだ。一緒に話を聞こう」
 頷いて先ほどの安楽椅子に座った。片桐は使用人にお茶とお菓子の用意を言いつけていた。その男は丁寧な物腰で自己紹介をしている。何でも、自分達の様な階級の留学の世話をして居る会社を経営しているそうだった。英吉利にも支店が有って、様々な相談に乗るという。絢子様は何処までも心配りの行き届いた方だと思った。
「倫敦滞在中は住む場所が必要ですから。ただ、今からですと寮には入れないので御座います。衣食住の面倒を見てくれる下宿屋が有りますので、そちらでは如何ですか」
 衣食住…とは、つまりは食べ物を出してくれて、洗濯や掃除をしてくれると言う意味なのだろう。自分も…多分片桐も…料理などはしたことが無い。それならそれで助かる話だ。
「そういった下宿でお願いします」
「ただですね…、時期が時期なだけに今ご用意させて戴けるのは御二人様用のお部屋しか御座いません。つまり、二部屋用意するとなると時間が掛かってしまうので御座います」
「つまりは、一部屋で一緒に住むという事ですか」
 片桐が言った。
「左様で御座います。勿論、二部屋用意する事も可能な限り努めさせて頂きますが…」
 男は頭を下げて言う。
――片桐と同じ部屋で寝起き出来る――
 そちらの方が嬉しかったが、片桐の気持ちを優先させたかった。自分も片桐も1人の部屋に慣れて育っている。
「どうする。俺は一部屋で構わないが……」
 彼の顔を真っ直ぐに見つめて尋ねた。片桐は自分にちらりと目を向け静かな声で言った。
「一部屋でお願いします」






_____________


 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像の上をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。
 ↓ ↓


____________________________




 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
 小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。
 読者様は多岐に渡っているのが現状です。「BL大好き~!」という方から、「BLというものが存在することを知りませんでした」という方までいらっしゃいます。
 隠れ腐女子(いや、貴腐人ですね^^)や男性の読者も沢山いらっしゃって、内緒コメが多いという…。内緒コメでも熱烈歓迎中でございます^^










 現在、仕事が忙しい上に体調が優れず、不定期更新になっていますが…それでも!!応援して下さる方がいらっしゃって、とても嬉しく思っています。
 もう少しでこのお話も終わりですが(あと、何回かは…ちょっと分からないです)
 帝国ホテルでの送迎会の様子もキチンと書きたいですし…。
 最後までお付き合い下されば嬉しいです。

 このブログも訪問者様が20000人を越えました。訪問なさって下さった方、有り難う御座います!!
 まだまだ未熟な私ですがどうか宜しくお願い致します。主人公や登場人物のイラストを下さった方、言葉に出来ないくらい嬉しかったです。
 皆様の応援があるので、「何とか更新しよう!!」という気持ちがわいてきます。二人の最後を見届けて下されば作者としてはとても嬉しいです。

 伏線回収…今やってますが、トリ頭の私です…「これどうなった?」という疑問点があれば、こっそり(笑)内緒キーで教えて戴ければ大変助かります。←自分で調べろ!!って言われそうですね><









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。