スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 最終章ー16

 三條は、意味有り気な目つきを改めると、片桐に挨拶した。何しろ未来の義兄に成るのだから無碍には扱えないのだろう。
 片桐もまだ少し紅潮して居る頬を弛めて、座るように促した。
「それで、名簿は出来たのか」
 三條が聞いた。彼の来訪の目的はそれなのだから、当たり前と言えば当たり前の反応だった。片桐の顔が真顔に成る。送別会は嬉しいが日程的に難しい事が分かっているので、片桐共々、申し訳無い気持ちに成る。
「…それが、出発の日にちが早まって仕舞い、本当に開いて貰えるか分からない。お前には申し訳ないが」
 そう切り出すと満足そうな笑顔で三條は応えた。
「出港が七月末なのは知って居る」
 家族ですら知らないと思われる事を何故彼が知っているのか疑問に思う。
「どうしてそれを」
 片桐も驚愕の表情を浮かべて居た。
「お前達の鈍さは感動ものだ。僕達の社会は複雑な人間関係が有る事を、よもや知らない訳では無いだろう。親戚に女官として宮城に出仕して居る人間が沢山居る。その女官からこの世界では有名な話に成って居る事くらい、分からないのか」
「どの様に噂されているのか」
「畏れ多くも皇后陛下お声掛かりの留学を許された両伯爵家の子息が居るという事は有名な噂だ。恐らくは社交界に積極的に出て居る人間は皆知っている。皇后陛下からの御意を得たという事で、お前達の評価は鰻上りだ。陛下も二人をお気に召されたらしいので尚更だ。あの方は贔屓など為さらない聡明な方なのに、今回の特例は異例の事として社交界に響き渡っているのだぞ」
 流石に顔の広い三條だけの事は有る。抜け目無く情報を集めているらしかった。
「それで、帝国ホテルの支配人に電話を掛けた。7月28日に送別会の会場と新装した特等の部屋を押さえて呉れるとの返事だった。送別会も社交界の噂に成って居るから人は集まりやすいだろう。そして、28日と29日は二人で泊ると良い」
 名簿を見ながら三條は事も無げに言った。
「しかし、特等室の代金は…」
 片桐が気にした様に言った。
「それは、未来の兄上様への餞別代りという事で、我が家で支払わせて貰う。勿論、下心は有るので気にしないで欲しい」
 三條の言葉に片桐は恐縮した様な微笑を浮かべる。
「華子を娶って貰えるだけでも有り難いのに、その様な事まで甘えさせて貰っても良いのだろうか」
「華子さんとの結婚を許して貰えた本人に、御礼の気持ちを表現するのは当たり前の事なので気にしなくて良い。それと、お前達は出発の準備で忙しいだろうから、送別会の次第などは、僕が決めて良いだろうか」
 準備には時間が掛かるので渡りに船の申し出だった。
「片桐はそれで良いな」
 彼の顔を見て言うと、一瞬躊躇した様子を見せた。しかしそれが一番良いという事は彼も分かったのだろう、深深と三條に頭を下げ、「宜しく頼む」と言った。
「では、送別会関係は僕の方で手配するから名簿を貰って置く。送別会がどの様なものになるかはその日のお楽しみと言う事で」
 そう言って、彼は華子嬢に会う事も無く帰って行った。準備をすると成ると彼も忙しいのだろう。迷惑を掛け続けて来たので、申し訳無い気持ちに成る。
「名残りは惜しいが、俺も準備をしなければ成らないので、今日は帰る事にする」
 彼との時間を大切にしたかったが、物事には優先順位を付けなくては成らない。
「ああ、そうだな。オレも準備しなければ成らないし…」
 そう言った片桐の右手が唇に添えられて居る。
 彼の希望を叶えるべく、唇を合わせた。
「この痕が消えるまでにはまた来る」
 そう言って、彼の鎖骨の辺りを服の上から指でなぞった。
「ああ、待って居るから」
 唇を掠める位に離して会話して居ると、情欲とは違った親近感を抱く。片桐の顔もほころんで居た。




_____________





 日本ブログ村に登録しております。応援しても良いと思われる方、お手数ですが、下記画像の上をクリックして30秒程お待ち下さい。。何か、ヤフーブログは、ポイントが入るのが他のブログよりも遅いので…。我が儘を申しますが、何卒よしなにお願い致します。現在、他の小説ブログ様が頑張っていらっしゃるようで苦戦中です…。
 ↓ ↓
    


____________________________

 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
 小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。
 読者様は多岐に渡っているのが現状です。「BL大好き~!」という方から、「BLというものが存在することを知りませんでした」という方までいらっしゃいます。
 隠れ腐女子(いや、貴腐人ですね^^)や男性の読者も沢山いらっしゃって、内緒コメが多いという…。内緒コメでも熱烈歓迎中でございます^^








 今日は投稿しようとしたら、ヤフーに接続出来ませんでした><
 明日も仕事で7時起きなのに……パニくりました。
 今は接続出来ているのに…何が悪かったのだろうと><

 読んで下さって有り難う御座います!!

 ついでに、画像クリックでブログ村応援をお願いいたしますぅ^^


____________________________








 なお、この小説(もどき)は下記リンクから始まっています。長いですが、読んでやろう!という方、管理人は大喜び致します。お暇な時で仕方のない時にでも是非!!
 読み逃げOK、ブログ村クリック大歓迎でございます。
 小説の感想コメ(私のブログは何故か感想コメが内緒で入ります(笑い))も物凄く嬉しいので、リコメを長くお待ち戴くことにはなりますが、感想コメも熱烈受付中です。
 読者様は多岐に渡っているのが現状です。「BL大好き~!」という方から、「BLというものが存在することを知りませんでした」という方までいらっしゃいます。
 隠れ腐女子(いや、貴腐人ですね^^)や男性の読者も沢山いらっしゃって、内緒コメが多いという…。内緒コメでも熱烈歓迎中でございます^^














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。