スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 帝国ホテル編―6 (R-18)←?



こういう展開は予告しておりましたが。矢張り、健全な方や、男性はかなり引かれたと思います。。これから数回はこのような場面が続きますので、(本編とは関わり合いが無いだけに)すっ飛ばして読まれた方が賢明かと存じます。


    


    

↑↑
訪問の証に画像クリックして戴ければ嬉しいです!


______________________________


 聞きかじりの知識で得た男性の内部の急所だ。此処を触られると男は嫌でもとめど無く感じてしまうらしい。 
現に片桐は必死で声を殺しているらしい。顔を覆った指から小指を噛んでいる様子だ。
 彼が受け入れやすい様に成るべく解す積りだった。
「そんなに小指を噛むと後々辛い。噛むなら俺の指を噛んでくれ」
 優しく彼の口から小指を抜き出し、紅くなっている箇所に恭しく口付け、そっと唇で挟む。そして自分の人差し指を変わりにした。
 そうしてから、彼の弱い場所を執拗に弄った。
 彼の身体が網に掛かった鮎の様に跳ねて居る。流石に自分の身体では無い指を噛み締めるのは心理的差しさわりがあったのだろう。片桐は震える指で人差し指を外し、掌を導くと口を押さえて呉れるように無言で促す。「その」時の声を聞かれるのを恥ずかしがって居る様だった。
 鼻をふさがない様に慎重に掌を片桐の口に当てる。彼の濡れた吐息はたちまち自分の掌に感じられた。
 意を決した瞳の片桐がバスロウブの紐を解いて呉れた。彼ははだけたバスロウブ姿だったが、全裸よりも官能的な気分が呼び起こされる。
 彼が待っていると分かっていたので、その下には何も付けていなかった。
「もう…大丈夫なのか」
 待ちきれなかったが確認をした。
 片桐は顔に手を戻した、何度も頷く。
 そっと身体を進めると彼の内部が待ち構えていたかの様に花弁を開く。彼の内部は綺麗な紅色をしていた。その花弁が、食虫植物で有るかのように奥へと誘った。
 彼も協力する様子を見せて、腰を幾分高めに浮かしていった。
 久しぶりの情交なので片桐の身体が無意識に強張る。以前は「今、受け入れないともう機会が無いかもしれない」と言った不安が有ったせいかもう少し滑らかに彼の内部――彼の魂に一番近い場所――に到達出来たのだが。
 片桐は熱い吐息を零して唇を覆っていた手を外させ、両手をしっかりと握り締めた。そして、彼の方から口付けをして来た。
 部屋には湿度が増した様な感じがする。自分の吐息と片桐の押し殺した喘ぎ声で。
 片桐はこれしか縋る物が無いかの様に自分の手を握り締め、唇を開けて濃厚な接吻をして呉れた。
「…もう…大丈夫…」
 熱い呼吸の下片桐が言った。そういえば彼の身体は大分弛緩して居る。
 彼の内壁の奥へとゆっくりと侵入した。
 彼の中は熱くそして雄弁だった。自分の侵入を寿ぐかの様にしっとりと絡み付き、薄く温度の有る絹で出来た反物のようにひたりと自分を捕らえて離さない。
 全部収まった事はお互いの腰骨が当った事で分かったのだろう。不意に片桐の身体が今まで以上に痙攣した。




___________________

ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!

    
 ↑ ↑
画像クリックで応援して下さいませ~!

はい、有り難うございました!!

___________________


本編は下記リンクから始まっています。暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!




 リコメ…滞ってますが、感想(一言でも歓迎です~!)は大好物なので、コメ戴けると嬉しいです~ ←ワガママ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。