スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 帝国ホテル編ー10

 そのうち、彼のもの言いたげな視線に気付き視線で尋ねた。
「大した事ではない…ただ、二人きりでこうして居る事がまるで夢の様だと思って居た」
 シャワーを止めて片桐の顔を凝視する。
「逢えない日々が続いて居た時、こんな時間を晃彦と共有出来る夢…いや、幻と言うべきか…何しろ眠れなかったから、そういう時は…誰も邪魔されずに…二人きりで居る場面を繰り返し見ていた。だから、これは本当に夢では無いのだなと思って…」
 真っ直ぐに視線を当てて来るが、片桐の瞳の奥は此処ではないどこかを見ている様だった。
「そうだ、夢でも幻でも無い。それにこれからはずっと二人きりだ」
 安心させるように強い口調で言い切る。濡れた身体ではあったが片桐も直ぐに浴槽に浸かる身なので強く抱擁した。
「背中の怪我…、オレが…」
 先程から気になっていたらしい。心配そうな口調だった。
「ああ、ただこんなものは何でも無い。いっその事ずっと同じ傷跡を付けて貰いたいくらいだ」
「この噛み痕もそう…か…」
 どうやら行為に夢中で記憶が曖昧らしい。ふと揶揄してみたい気分に成った。自分も屋敷の使用人達が居ないせいか開放感が有る。
「これは…お前が極めた時に噛み付いたものだ。覚えて居ないようだな、その様子だと」
 瞬時に頬を紅潮させた片桐だったが、耳元に囁きを残した。
「……覚えて居ない。しかし痛かっただろう。済まない」
「いや、痛くは無い。これからも付けて貰いたいものだな。お前の極みの証に…」
 彼は真面目な顔をして聞いて来た。
「いいのか。痛いのに」
「ああ、お前が与える痛みならどんなものでも甘受する積りだ。痛みと言えば、お前と逢えない日々の心の方が痛かった」
「…オレも…だ…」
 浴槽にお湯が溜まったので、バスロウブを脱がし、一緒に入った。広めの浴槽とは言え男性二人で入るのは少し小さ目だった。自分が下になり片桐を抱きかかえる格好で入浴した。
「こうしていると、あの暗黒の日々が嘘の様だ。あの時は…本当に死んでも良いと思っていた。それなのに、晃彦とこうしていられるなど夢…の様だ…」
 語尾が小さく震えたので気になっていると、湯に一滴、二滴と波紋が出来た。どうやら涙が止まらないらしい。力強く抱き締める。
「これからはずっと一緒だ。英吉利でも、どこに居ても」
「約束してくれるか」
「ああ。約束する。俺を信じて呉れ」
 外国の貴婦人にする様に手の甲に口付けし断言すると涙の雫は収まったようだ。
それを見計らうと浴槽から出して髪を丁寧に洗ってやった。髪は片桐の弱点の一つだ。気持ち良さそうに頭を預けて来る。
 身体をコティの石鹸で洗い泡を流すと、片桐が思いついたように慌てて言った。
「晃彦、後は自分でするから先に上がっていて呉れないか」
「洗うところはもう残っていない筈だが…」
 不思議に思ったが、彼の言う通り、先に浴衣を着て浴室を出た。
 安楽椅子に座って、何故彼があの様に慌てた風情なのかを考えてみた。
 自分の洗った箇所を思い返す。
 洗っていない場所が一つだけ有った……。片桐の内部だ。
 流石に彼も羞恥心が勝ったのだろう。一人で流せるかどうかはともかく自力で何とかしたかったに違いない。
 その内、自分が丁寧に洗ってやろうと笑みが湧いた。





___________________


 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。
 ↓ ↓


毎日の応援本当に本当に感謝感激です!画像クリック有り難うございました~!
これで毎日の更新頑張れます~!


___________________

 本編は下記リンクから始まっています。暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!








リコメ…滞ってますが、感想(一言でも歓迎です~!)は大好物なので、コメ戴けると嬉しいです~ ←ワガママ
 読者様のコメントも頑張ろう!という気にさせて戴いております。
 もちろん、読み逃げOKです^^
 感想苦手な方もいらっしゃるでしょうし。


 では、最後までお読み下さいまして有り難うございます!!
 またお会い出来ることを祈っております!!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。