スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 蜜月編ー2

 勿論、今片桐が自分を好いてくれているのは痛い程分かって居る。しかし、それは「今」の話だ。これからはずっと一緒に居るのだから、お互いの欠点も見えてきてしまうだろう。自分は、片桐の全てを愛していると心の底から思うが、彼がどう思うかは別の話だ。
 全ての問題が解決した今となっては、不安材料は彼の心変わりだけだった。
 彼の心を永久に自分の物にしたいという渇望が心を苛む。
 接吻を解くと、片桐は肩に頭を乗せて来る。
 今は未だ愛されているのだと思った。
 彼の顔が見たくて、そっと顔を上向かせると恍惚とした顔を見せて呉れた。ただ、その顔に少し眠そうな表情が宿って居る。
 無理も無い。帝国ホテルでは殆ど情を交わしていたのだから。
「夕食の時間まで眠れば良い」
 髪を梳きながら言うと、彼は頷いた。
「晃彦が一緒に寝台に居て呉れるのなら眠る事が出来そうだ」
 髪を触られるのが心地良いのだろう。うっとりとした表情は変わらない。
「ああ、眠るまで傍に居る」
 寝室に行くと、窓から横浜港らしい光景が遥か遠くに見える。
 日本の陸地を離れてしまう事に一抹の寂寥感は有ったが、それよりも開放感の方が大きかった。
 服を脱ぐ段になって、片桐が思いついた様に皮袋を取り出す。
「それは何だ」
 何気なく尋ねた。
「母上が餞別だと仰って下さった。中身は見て居ない」
 早速開けてみる事にした。その中には、宝石が入っていた。自分も同じように宝石を母から貰っている。
 英吉利で手元不如意になった時に売却出来易いのは宝石や金だろう。同じ事を考えて下さった母上達の事を思うと、郷愁が湧く。
「これは、最悪の事態になった時に使うべきだろうな。実は俺も母上から戴いた」
 そう言って自分の皮袋を見せた。
 片桐も、家族の事を考えているのだろう。少し寂しそうな顔をして居る。
「そうだな…英吉利で売る様な事態にならないようにしなければ」
 シャツ一枚になって二人して寝台に上がり、片桐に腕枕をした。空いている方の手で髪を梳く。彼の細い髪は指通りが良いので、ずっとそうして居た。本来はシャツ一枚で眠りにつくなど普段の生活からは考えられなかった事だが、船の上という事で何をしても許される様な気がした。
 片桐は頭の位置を少し下にし、耳を自分の胸に当るようにしてきた。
「晃彦の心臓の音が聞こえる」
 独り言の様に呟くと、眠りの国に入って行った様だった。
 波の音だけが聞こえる静かな部屋で、彼とこうしているのが途方も無い幸せを感じた。





___________________


 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。
 ↓ ↓


リアル生活が忙しくて、更新出来なかったことをお詫び致します!!
ただ、何だか体調も思わしくない悪寒…。
出来るだけ更新したいと思いますが、、お休みいただくかもです。
申し訳ありません!!


___________________


 本編は下記リンクから始まっています。暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!







現在、目眩がするほどリコメが溜まっていますが…コメント戴くのは大好きなので←わがまま…。出来れば感想・リクエストなど書き込んで戴ければ嬉しいです!!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。