スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 蜜月編ー8(R18)

    

上の画像をクリックすると…ブログ村に強制連行です~!


 
 今回も久しぶりのHシーンです。読み飛ばしても全く問題がないので、健全な方、男性などは読まれないことをオススメいたします。。

 どなたとはいいませんが、、、内緒コメで感想戴いている方のリクエストにお応えして、二話連続、浴室(含む)のHシーンとなります。

 大好き~!と思われる方だけお読みくださいませ~!!
 どうか自己責任でお願い致します。

    

 扉を叩く音がした。船員が薬を持って来たのだろう。
 片桐の扇情的な姿を見せたくないので、自分が取りに行った。
 受け取った薬を差し出すと彼は先ほどのグラスを取り自分で飲んだ。
「そのままだと身体が濡れて不快だろう。シャワーを浴びて来たらどうだ」
「ああ、そうする」
 バスルゥムに近接して更衣室とでも呼ぶのだろうか、そこに彼が入って行った。すると間もなく転んだ様な音がした。
「大丈夫か」
「心配掛けて済まない。少し足がふらついて。」
 シャツを脱ぎ、ズボンも半分脱いでしまっている彼に鼓動が高まる。
「一緒に浴びてやろうか」
 真剣な提案だったが、彼の羞恥心を煽ったらしい。
「シャワー位1人で浴びられる」
 酔いではなく、羞恥からだろう彼の白い頬が紅潮している。
「馬鹿を言うな。シャワー室で転んだらどうする積りだ。打ち所が悪かったら怪我も酷いぞ」
 先ほど、更衣室で転んだ失敗が彼を怯ませたのだろう。
「…シャワーは1人で浴びる。ただ、転倒しない様に見ていて呉れないか」
 彼に取っては最大限の譲歩らしい。頷いて、自分もドレスシャツとズボン姿に成る。
 シャワーは壁に固定されているので、勢い、彼の背中しか見えない。しかしどう理性で抑えても彼の裸体をまじまじと見入ってしまう。
 そこで気が付いた。自分の視線の辿った箇所、直ぐに彼は鳥肌を立てて居る事に。後ろに目がある訳では当然ないが、肩甲骨の辺りを見入っていると、肩甲骨が震えて居る。首筋に視線を当てると、赤くなるのと同時に鳥肌が立っていた。
――これは…-――と思い、自分のシャツが濡れるのを厭わずに片桐の顔を見た。
 すると、真っ赤に色づいた顔に潤んだ瞳が縋るように自分を見つめて居る。
 何も言わず前を見ると彼の一番愛しい場所が自分を欲しがるかのように揺れて居た。
 接吻の雨を顔中に降らせると、彼は何も言わず、中指で唇をなぞった。
 唇を合わせ、お互いの呼気を奪う様に激しく接吻した。薄紅色の唇を強引に開かせると、口腔内を思うさま貪った。片桐も負けじと下を絡ませて来る。お互いの舌が一つになったかのような錯覚を覚えた。上顎や歯茎を愛撫すると、肩に置かれた彼の手の力が強く成った。
 先ほどの悪夢を忘れようと腰に回した手に力を込める。そしてそのまま下へと身体に沿って手を下ろして行く。
 彼の自分以外には触らせた事もない場所にゆっくりと一本指を入れた。抵抗を予期していたがその様な事も無く、彼の繊細な場所へと迎えられる。知悉している体だ。どこを突けば彼が最も感じるか分かっていた。焦らす意味も有ってその周囲のみを愛撫する。すると、彼は待ちきれないと言うように身体の位置をずらした。その一点に当ったらしい。彼の身体がひくりと痙攣し、最後の理性をかき集めた様な細切れの喘ぎ声が浴室内にこだました。湿った嬌声が一層の湿度を帯びるようだ。


__________________




 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければ嬉しいです。
 ↓ ↓
    


___________________






 本編は下記リンクから始まっています。暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!














現在、目眩がするほどリコメが溜まっていますが…コメント戴くのは大好きなので←わがまま…。出来れば感想・リクエストなど書き込んで下さいませ。




ブログ村からのお客様も増え、あと、よんどころのない事情もありまして、内緒記事の一部を開放します。

☆リコメ…誠に済みませんです!!













 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。