スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 蜜月編ー11

下記画像をクリックすれば、ブログ村に連行されます。クリックしてから小説(もどき)を読んで戴ければ嬉しいです!
↓ ↓



 今回はR指定を入れなくてもよいかなぁと思う内容ですが、でもまだHシーンの続きという感じもしますので、健全な方、男性の方はご注意下さいませ!

 本当は今日から小説の筋が動き出すはずだったのですが、やっぱり余韻を残してしまい…小説として動き始めるのは明日からになります。

 が、ブログ村のポイント数を見たところ、Hシーンはやはり高ポイントでした。
 クリックして下さった方、有り難うございます!
 やはりBLにはHシーンが相応しいのだろうかと悩んでいる今日この頃です…

    

 頬に触れる湿った吐息で目覚めた。目を開けると間近に片桐の目を閉じた顔が有る事に気付く。まどろんでいる彼の顔は、安らかで何時もよりあどけなくさえ見える。その顔をむさぼるように見詰める。

――ああ、昨夜はベッドでも愛し合って彼が先に眠って仕舞ったのだな――
 室温は快適だったので、腕枕をしていない方の手でシーツをそっと外す。昨日の目的が達成されたかどうかを知りたかった。
 全裸の彼の見えて居る部分を確かめ、会心の笑みを漏らす。
 昨日、ベッドに上がってから彼の身体の至る所に唇で痕を残した。彼が身体を痙攣させた箇所は特に念入りに…幾分色白の彼の肢体に紅い情痕があまた残って居た。
――この分だと大丈夫だろう、きっと彼の腰の辺りには沢山の花びらが残っている筈だ――
 シーツを剥ぎ取られたからだろうか、彼の肢体が温もりを求める様に自分の方に寄って来た。眠っているので無意識の動作なのだろうが、それでも嬉しい出来事だ。体温を分け与える様にしっかりと抱き締める。
 オブライエンが触っていた腰の辺りは、自分の唇で所有の証を刻み付けた。彼の心と身体を自分の物にしていると言うのに、嫉妬心が消えないのは自分でもどうかと思うが、触れ合って居ないと安心出来ない。
 片桐も嫉妬して呉れた様だが、独占欲は自分の方が強いと思った。特にオブライエンは男性だ。片桐は別に気にして居ない様だが、相手が男性と言う事も手伝って妙に不安になる。
 多分一晩中腕枕をしていたせいか、腕が痺れていたが、彼の顔を目覚めた時に至近距離で見詰められる代償に比べれば全く問題は無い。
 柱時計に目を遣ると、そろそろ朝食の時間だった。もう少し彼の寝顔を見て居たかったが、昨夜の何回かは数え切れない情交のせいで空腹は感じた。きっとそれは彼も同じだろうと思い、そっと口付けた。無意識の動作なのだろうか、彼も応えて呉れる。
――まずい…――
 朝から彼の扇情的な姿を見ると見境無く押し倒してしまいそうだ。しかし、昨日の交情は自分よりも彼に負担が掛かっている筈だ。ここは我慢して引くべきだとなけなしの理性が押し留める。
「そろそろ、起きた方が良い」
 耳元に囁き、腕枕を解く。彼は目を覚まし、ぼうっとした顔をしていたが現状を把握したのだろう、素直に頷いた。彼の方から口付けをして来た。
 昨夜は眠りに落ちる前に、先に失神するように眠ってしまった彼の身体を温かいタオルで清めた記憶が有る。
 片桐は身体を起こし、少し顔を顰めた。彼の内部を傷付けたのだろうか…と思ったが、彼の顔は苦痛ではなく、快感めいたものを浮かべて居る。周囲を見渡し、バウロウブが無い事に気付くと、全裸の肢体をシーツに包む。凝視していると、羞恥に顔を赤らめて彼は言った。
「見るなよ」
 そんな事を言われると見たくなるのが人情だ。
「分かった…見ない」
 そう言って、視線の隅で彼を見ていた。
 全裸の彼がシーツを巻きつける彼の、昨日自分が欲望を解放した場所から白く濁った液体が滴っているのがちらりと見えた。その様がひどく淫らで劣情を刺激する。
 後ろから抱き付いて、シーツを無理やり外した。白い液体は止め処なく溢れて来る様だった。
「綺麗にしてやろうか」
 顔を最大限に紅潮させた片桐が怒った様に言った。
「晃彦にその様な事はして欲しくない…分かってくれ」
 そう言われると、今日の所は引き下がるしか無い。朝食の時間も近付いている様だし、これ以上の手出しをすれば理性は陥落するのも分かっていた。
「…分かった。シャワーを浴びて、着替えてダイニングに行こう」
 いつかは自分の手で彼の中を綺麗にしたいものだと思いながら、自分も身繕いをした。片桐の衣類を揃えておくと、彼がバスロウブを羽織り浴室から出て来た。
「今日は二等・三等のデッキに行くと言っていたが身体は大丈夫なのか」
 心底心配になって声を掛けた。
「ああ、大丈夫だと思う」
 その時、船室の扉がノックされ、朝食の時間である事を知らされた。



__________________




 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければ嬉しいです。
 ↓ ↓
    

___________________

 本編は下記リンクから始まっています。暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。