スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 蜜月編ー21

下記画像をクリックすれば、ブログ村に有無を言わせず拉致されます。クリックしてから別窓で小説を読んで戴ければ嬉しいです!
↓ ↓


    

_____________________________________

 片桐がオブライエンと話す為に部屋を出て行ってから、自分も談話室に行きたい衝動を何度も堪える。いっその事変装して…とまで考えたが、片桐が1人で行く事を望んだ以上彼の意向に沿いたかった。
 落ち着き無く部屋の中を歩き回ったり、珈琲を頼んだりして時間を潰す。時計の針が意地悪をしているかの様にゆっくりしか進まない事にすら腹を立てていた。
 昼食の時間になったが、彼は未だ戻って来ない。朝食を充分に食べていなかったので空腹を感じた。――こんな時でも腹が減るのだな――
 多分、片桐は話が終ると真っ直ぐに部屋に戻って来るだろう。ダイニングに行って、サンドウイッチを二人分自室に運ぶように給仕に頼んだ。珈琲は苛立つ自分が飲む事を予測して10杯分依頼した。
 流石は日本の誇る豪華客船の食事だけあってサンドウイッチは綺麗に盛り付けられていた。空腹だと思考がどうしても悲観的になる。盛り付けられている内の減っても綺麗に見える部分を選んで二つ程食べた。
 片桐が選んだのは談話室だ。彼なりの配慮だろう。あそこだと二人きりに成る事は無い。船室だと何をされても人目にはつかないのだから。
 船室のドアがノックされた。時計を見れば13時を回って居た。
「片桐か」
「そうだ。晃彦、開けて呉れないか」
 急いでドアを開けると、困惑した顔の片桐が立って居た。
「食事を用意して貰っている。食べながら話さないか」
 強いて微笑を浮かべて言った。
「有り難う。先に珈琲でも飲ませて呉れると有り難い」
 部屋には珈琲の香りが漂っているのを察したらしい。そのまま安楽椅子に疲れた様に座り込む。
 片桐用にと取っておいたカップに珈琲を入れた。かなり疲れている様子だったので、砂糖を何時もより多めに入れた。
「で、どうだった」
 珈琲を飲んでいる敢えて明るく聞いた。
「やはり晃彦の思った通りだった。相手は外国人だ。単刀直入に聞くのが良いと思って、『オレの事をどう思っているか』と聞いた。すると『友情以上の感情を持って居る』とウインク付きで言われた。」
 予想していたことなので矢張りと思った。視線で先を促す。
「気持ちは有り難いが、オレには一生を共にしたい人間が居ると言ったら、婚約者でも居ると思ったのだろう。
『結婚しても別に逢って呉れれば構わない』と。結婚は出来ない相手だと言うと不思議そうな顔をして居た。『片桐家の嫡子なのだから結婚するのが当たり前だと思っていたが・・・もしかして男性か』と聞いてきたので、そうだと答えた。
すると、『日本ではそういう文化も有ると聞いて居るから驚きはしない。ただ、私もこのまま引き下がる事はしたくない。相手は誰だ』と怖い目をして聞いて来たので、曖昧に笑ったが、『もしかして、同室の彼か』と。
返事に困ったのを見たのだろう。分かって仕舞った様だった。
『では彼に伝えて呉れ。このまま私も引き下がらない。貴族に相応しく決闘をするというのははどうだ』と。『より想いの強い方が勝者だ』とも言っていた」
 眉間にしわを寄せた片桐が言い終わるのを待った。
「そうか。決闘は何ですると言って居た」
 暫く躊躇っていた片桐は言った。
「西洋の剣術だ」
 剣道なら幼い頃から習っていたが、学校でも初代院長の意向で西洋のスポーツは授業には入っていない。しかし、逃げたと思われるのも業腹だ。
「分かった。オブライエンには承知したと伝えてくれ」
 片桐は驚愕の眼差しで言った。
「晃彦…西洋の剣術はした事があるのか」
「…無いが、逃げたと思われるのは癪に障る。片桐の為にも今から誰かに教えて貰う事にする」
「…そうか。晃彦の意向を尊重する。是非とも勝って欲しい」
 片桐は半ば嬉しそうに、半ば儚げに微笑した。

__________________




 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければ嬉しいです。
 ↓ ↓



___________________


 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!



____________________

風邪、まだ完治してないです…。
リアル生活が大切なので、最悪ブログお休み戴くかも…と思っています。

嗚呼!またやらかしてしまいまいた。24話で終る積りだったのが…終らないかもです。なるべく終らせるようにしますが、どうなることやら…。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。