スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 続 蜜月編ー3(18禁) 


所詮、文才のない私が書いたものなので、Hシーンと言っても上手に書けるハズはなく…
Hシーンはやっぱり難しいです。
ただ、やはり不快感を感じる方もいらっしゃると思いますので予め警告です。
苦手な方はスルーお願い致します~!


    

折角訪問して下さった方、訪問ついでに下記の画像をクリックして「ブログ村」応援して頂ければとっても嬉しいです。


_____________________________

「うつ伏せになって呉れ」
 自分の声が欲情のせいで掠れて居る事を自覚した。
 彼は頷き、言われたままに身体をしなやかに反転させる。 
 両手で彼の秘められた場所を開く。
 自らの露で既に少し潤っている侵入口に舌を這わせると、甘やかな期待からかそこが微弱に震えた。舌を驚かさない様に進入させる。
 彼は枕に顔を埋めたまま僅かに腰を上げた。愛撫を待ち望んでいるかの様に。顔を離し彼の腰骨を両手で掴み促すと彼の身体は従順に動き腰だけを上げた扇情的な姿に成る。
白い肌に肩甲骨がはっきりと浮き出て、キリスト教の彫刻にある、あたかも翼の取れた天使のごとき姿が印象的だと思ったのは刹那だった。
 もう待ちきれず、彼が苦痛を感じない様に舌で彼の秘められた場所を少しでも綻ばせる様に熱心に解すのと同時に彼自身を手で愛する。
 両手を動かすと、彼の全身が痙攣し連動して舌も締め付けられる。もっと…と言いたげに彼の腰が押し付けられる。
 もう大丈夫かと周辺に舌を這わせながら右手の中指を一本挿れた。
 彼の一番敏感な場所は知っていたので、そこを押すと痙攣の波が一際大きくなったかと思うと同時に彼自身も指を締め付けたまま絶頂を迎えた。左手は添えたままだったので、彼の白い液体が指をしとどに濡らす。
 濡れた手を利用して、彼の絹の様な内部を蹂躙する。一度極めた後だけに、彼の身体は弛緩して居た。
 それを利用して両手の指で内部の感じる場所とその周辺…そして奥まで指を這わせた。 枕越しさえも聞こえる彼の熱い吐息がだんだんと切羽詰って来る。
 自分もそれに誘われて、余裕など全く無くなる。
「挿れて…良いか」
 以前より掠れた声で聞くと、彼が頷くのが後ろ髪で判断出来た。ただ、指とは比べ物にならない物を挿れるのは彼の負担になるので、先端だけをそっと含ませた。
 先端で先ほど彼が顕著に反応した箇所を突くと、痙攣している彼の身体がベッドから浮き上がりもっと深い結合を望んでいるのが分かった。
 一息に深くまで突き入れる。お互いの身体がぶつかり少し湿った音を立てる。すると、彼の身体の痙攣が内部と連動して熱く狂おしく自分を包み込んで呉れる。
 このままでは直ぐに果ててしまいそうなので、一旦は身体を戻し、浅い場所まで退いた。
 片桐は、枕から少し顔を離して甘く哀願する口調で呟いた。
「さっきのを…もっと…っ」
 そう言うと羞恥心からか、また枕に顔を埋める。
 自分ももうそろそろ保たない事を自覚して、一気に奥まで貫いた。そして直ぐに浅い場所へと戻る。
 奥まで貫いた時に、彼の全身は風に煽られたしなやかな若木の様に反り返り肩甲骨がくっきりと見えた。
 そこにも口付けを落とした。彼の内部は内部それ自体が意思を持っているかの様に絹の様にひたりと纏わりつき、放すまじとして居る。
 肩甲骨に強く口付けると、彼の身体は身も世もなく震えた。多分感じる場所なのだろう。自分が達する時間を遅らせるために何回か唇で辿り彼が震えた箇所は念入りに接吻を強く施した。
 枕から少し頭を持ち上げた片桐は幽かな声で懇願した。
「あ、晃彦…もっと…奥・・・ま…で。奥まで来て…呉れると…脳髄まで…が…晃彦の身体を・・・感じる」


__________________






 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。
 ↓ ↓
    


___________________

 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!




_________________________

ケーキが嫌いとは、予想外でした。とコメント戴いたのですが、ケーキとお酒(日本酒と焼酎除く)どちらを迷わず取るかと言えば、考えるまでも無く、お酒を取ります~。
あと、大好きなのは猫です。

活字中毒の私ですが、BLは自分が書くのでいっぱいいっぱいなので、最近はお気に入りの作家さんだけを読んでいます。一般書は「陰陽師」の最新刊と「信長の棺」を読みました。両方とも面白かったです。







____________________
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。