スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 蜜月編ー7

 たとえ、自分が死んでも良い程に思った。絶対オブライエンに勝たねばなるまい。
 片桐の性格は知悉して居る。もし、自分が負けると、彼がどういう行動に出るか予測出来る。自分に操立てして、オブライエンの求愛を撥ね付けるだけでは済まないだろう。肉体関係を求められたなら、最悪の場合は自分の命を絶つだろう。そこまでしなくとも、彼が又、精神的に追い詰められる事は必至だ。
焦燥感に駆られ、食後の珈琲を断ってダイニングを後にする事にした。
「今日も林氏に教えを請いに行くが、お前は倫敦大学に入ってからの事を考えると、船室で勉強するなり、ゆっくりしていたらどうだ。何も考えずに俺に任せて置けば良い」
 給仕が椅子を引いて呉れる時にそう言った。
 片桐は落ち着いた微笑を浮かべ自分の珈琲を断ると、静かに告げる。
「オレの為に晃彦が頑張って呉れているのだから、自分の事にかまけて居る訳にはいかない。岡目八目という諺も有ることだし、練習を見て、気になった点を助言する」
 彼の真率な言葉を聞くと昨日以上に稽古に励みたく成った。
「そうか…では船室に寄って着替えて二等客室に行こう」
 二人して船室に戻り、荷物の中で一番動き易い服を選ぶ。
 片桐は大学に通う為に用意した白い首まで隠れる服を未だ整理されて居ない衣装が入った荷物の中から選び身につけ――自分達から見れば――質素なズボンに着替えて居る。
 オブライエンには見せ付けていた首筋の愛撫の痕を他の人間には見られたくないのだなと思った。
 多分彼は無意識でしているのだろう、人差し指を唇に当てていた。
 要望に応えて、抱き締めて熱い口付けを送る。未練は有ったが、それを理性の力でねじ伏せ深く重なった唇を離す。口付けの余韻で二人の唇から光る橋が刹那、掛かった。
 彼は耳元で真率に囁いた。
「晃彦…もし不本意な結果になったとしても、オレが愛するのは世界中でお前だけだ。他の人間をとこんな事は絶対しないと誓うから」
 その言葉を聞いて先程の危惧が蘇る。今は練習有るのみだと自分に言い聞かせた。――万が一敗れれば…――
 暗い予感を振り切って、練習に命掛けで打ち込もうと、今は練習の事だけを考えようと自分に言い聞かせた。
 二等の運動室に行くと昨日と同じ様に閑散としていたが林氏と美鈴は待って呉れて居た。
 美鈴は、まず片桐に笑って朝の挨拶をした。次に自分にも挨拶をして呉れる。美鈴には昨日の礼を兼ねた笑顔を送ってから、林氏に向かって頭を下げ、指南を受ける者としての礼儀正しい挨拶をする。
「お礼には及びません。美鈴の件でこちらもどれだけ感謝しても追い付きませんから」
 若干、イントネーションがおかしいものの、流暢な日本語だった。美鈴が迷子に成った時中国語しか出てこなかったのは余程気持ちが動転していたのだろうなと思った。
「では、稽古を始めましょうか」
 林氏の言葉で自分を含む三人の緊張が高まる。美鈴も真剣に観察している様だった。




____________________
 


 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。
 ↓ ↓



___________________


 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!





_____________________

昨日の記事で「衆道」を取り上げたところ、コメントは小説の感想よりも「衆道」に関しての方が多かったです。一瞬、ホモネタトリビアブログに変更しようかと思ってしまいました。
戦国武将もそういう経験がある…との逸話が沢山残っていますが、司馬遼太郎先生の「義経」←題名違うかもです。にも義経が鞍馬寺に預けられた時、お坊さんと肉体関係を持ったと書いてありました。司馬先生は小説家なのでフィクションかと思いますが。
ちなみに井原西鶴の「好色一代男」には「戦歴(?)」として女性何人、男性何人と書いてありました。勿論女性の方が数多いですが。江戸時代には陰間茶屋として芳町では美少年が色を売っていました。
「源氏物語」も光源氏が愛人の弟と一緒に寝たというくだりが有ります。これも学者さんの間ではただ「寝た」わけではないのでは?と書かれて居ます。
以上、ホモ☆トリビアでした。







_________________________
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。