スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 続 蜜月編ー9


 日本ブログ村に参加させて戴いています。下記画像をクリックしてから、別窓で小説を読んで頂けるととっても嬉しいです。ヤフーブログは、村反映が遅いようですので…。

    

 ↓↓
    

__________________________


 次は美鈴が教えてくれた。身長差があるので自分の方が有利な筈だが、美鈴はフェニシングだけを習って来た身だ。変幻自在に動く彼女の身体と剣先に付いて行くのは至難の技だった。恐らくは初心者の自分に手加減はしてくれているのだろうが、剣先を追うと体の動きがどうしても直立になってしまう。美鈴の動きを追う事だけを考え、彼女の剣先をどう防御するかだけを考えて稽古した。
「休憩にしようよ」
 美鈴が言った途端、集中力が切れ不覚にも床に座り込んでしまった。近くに居た美鈴は心配そうに言った。
「大丈夫?」
 顔を覗きこまれて驚いた。彼女は全く汗をかいていなかった。自分は全身汗だくだと言うのに。
 片桐は心配そうに走って来た。
「大丈夫か…少し休んだ方が良い。丁度、昼食の時間だ。食堂へ行こう。貧血などは起こしていないか」
「ああ、大丈夫だ。少し集中しすぎた様だ」
 片桐はかがみ込み、左手で腕を誘導して彼の肩を貸して呉れた。肩を貸してくれなくても歩ける…そう言いたかったが、折角の機会だ。右手を彼の肩に回し、彼に従って歩いた。少し冷たい彼の体温が心地良い。それと清潔な石鹸の香りも。
「大丈夫ですか」
 林氏と美鈴が交互に言うので、二通りすがりの二等船客も奇異な目で見る事は無かった。
二等の食堂までそのまま歩き、四人席に落ち着いた。片桐の身体が離れて行くのが少し切なかった。
給仕が注文を取り終わると、片桐はポケットの中から手品の様にタオルを取り出した。
「タオルを濡らして来る」
 そう言って彼が立ち去ると、林氏が言った。
「片桐様も努力家でいらっしゃいますね。私の隣で真剣な眼差しをして、加藤様と美鈴の練習を見ていらっしゃいましたよ。あの御様子だと、自分ならどう受けるかと頭の中で計算していらしたように思えます。その証に時々身体が動いて居られました」
 片桐の強さは――剣の方は知らないが――喧嘩なら知っている。もしかしたら剣も自分よりも強いかも知れない。少し自嘲気味になってしまう事が止められない。
「私が不甲斐ないからでしょう。美鈴の剣先すらまともに受ける事が出来なかった。美鈴は手加減していた筈なのに…」
 美鈴は手にしていたグラスを驚いたように卓に置いた。
「私、手加減してないよ。本気で打ち合ったよ」
「本当に?」
 美鈴は力いっぱい頷いた。林氏も横から言葉を挟む。
「美鈴の試合を随分見て来ましたが、今日のご指南の美鈴は本気で打ち合っていました」
 喜んでいいのだろうかと思った。片桐はまだ戻って来ない事を少し案じながら、美鈴に聞いた。
「君は打ち合っている最中、汗をかかないね。どうやってそう出来るの」
「汗?いっぱいかいたよ。ほら…」
 背中を見せた。上着がぐっしょり濡れている。
「しかし、君の顔には汗が浮かんで無かった」
「う~ん…思いっきり集中するの。そうすると、不思議な事に顔に汗は浮かばなくなったの」
 成る程と思った。自分はまだそこまでの境地には達して居ないという事だ。
 片桐は先程のタオルを水で濡らし、もう片方の手には見慣れない、渇いたタオルを持って戻って来た。
「船員さんに頼んでタオルを借りた」
 そう言って汗の浮いた顔から順番に濡らしたタオルで拭って呉れる。汗に濡れた背中まで彼の繊細な指先が辿る。
タオルも心地よかったが、時々触れる彼の冷たい指先の方が疲労を回復させて呉れる様だった。
 次に渇いたタオルで濡れた箇所を乾かして呉れた。時々、彼の指先が身体を掠める。心底心配してくれているのが肌で分かる様な気がした。
 現金にも先程の自嘲は雲散霧消し、稽古をみっちりつけなければならないとの決意が更に固くなった。
 昼食が運ばれて来る。過度の運動は食欲を減退させるが、食べない事にはこの先の練習に差し支えが有る。無理に口に運んだ。横に座った片桐の案じるような視線を感じたので、大丈夫だとの暗意の表情で微笑した。彼は慈愛の微笑みを返して呉れた。



____________________
 


 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。お手数をお掛けしますが、応援宜しくお願い致します。


 ↓ ↓

    

___________________


 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!






______________________

さて、皆様にご好評頂いている(←ホントか?)ホモ☆トリビアですが、今日はお休みです。ごつい武将同士のホモは気持ち悪い…とのご意見が有りましたが、ご安心下さい。
どちらも大名クラスでそういう関係になった…という逸話は残っておりません!
あと、「平家物語を原文で読めるなんて…」というご意見もありましたが、一応仕事ですので大体は読めます。ただ、文学部国文学科卒業ではないため、印刷したやつしか読めませんヨ。昔の人の書いたままの達筆の文章はサッパリです。

リア友さまから「誕生日のプレゼント遅くなってゴメン」とチョコが昨日届きました。私は流行りモノには疎いのですが「デルレイ」という「アントワープショコラ」です。日本では銀座にしか売ってないらしいです。
カフェは表参道ヒルズにしかないと説明書に書いてあったので、とっても高級なチョコレート様だと思われます。
そのリア友さんとは海外に一緒に行った過去があり、香港で私が必死に○ルメスの時計を値切っている時(正規店では不可能なのですが、そこら辺の時計店では値切れる)私、御菓子見てくるね~!(値切り交渉はかなり長引いた。その時の彼女曰く、私には「値切れ!」というオーラが見えたらしいです)と言って、御菓子に興味が有る友達なので、きっとセレブなチョコだと思います。美味しかったので、ついつい食べてしまいました。




____________________

 この話、「どこが蜜月編なの?」と突っ込みも入るかと思います。今日の話なんかは、BLというよりスポ根話…。
 本当の蜜月編も用意しておりますので、お見捨て無きよう、切にお願い申し上げます。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。