スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 続蜜月編-16


 浅学非才な身の上です。小説も読み返すと下手さ加減にうんざりします。。が!皆様のブログ村クリックが応援して下さる方もいらっしゃるんだ!と頑張れます。
 ブログ村、クリックの反映がヤフーブログでは遅いので、順位の確認までして戴けると大変嬉しいです。
 画像応援クリックどうかよしなにお願い致します!
 
    

↓↓↓


 自分に言い聞かせた後、未練がましいとは思ったが、一瞬片桐の方に視線を走らせる。オブライエンの攻撃に備えて身体中の神経を研ぎ澄ましては居たが。
 片桐は最前列に立ち、必死な目をしてこちらを凝視していた。しかし、自分の視線を感じたのか、力付ける様に瞳を和ませる。
 その暖かい視線を確認した瞬間、心身共に勝負に没頭出来る様に思えた。
 オブライエンの軸足がどちらか分からなかったので、まず先方の様子を窺う。普通は右足だと予想はしていたが、意表を突いて左足かもしれない。
 鋭い剣先が襲って来た。剣道の見切りの要領で最小限の動作で避ける。思った通り、軸足は右足だった。ただ、一撃だけでは判断出来ない。次の斬撃を待つ。鋭いと言っても、林氏ほどの鋭さは無かった。これなら余裕で避ける事は出来そうだ。次の攻撃は左が軸足だった。
 どちらの足も軸足に出来るらしい。それならば、片桐に教わったどちらの攻撃を避ける方法――弱法師の構え――で対応する方が賢明だ。どちらも軸足にせず臨機応変に対応する方が勝機は高まる。
 直線ではなく曲線で動く…これは今までの特訓で嫌と言う程練習してきた。
 オブライエンの剣先を受け流し、攻撃に転じる。一撃で突きが入るとも思って居ない。キャリアは彼の方が積んでいるのだから。
 自分の攻撃にオブライエンは意外な顔をした。多分、ここまでするとは思って居なかったのだろう。
 二合、三合と打ち合う内にオブライエンの顔に汗が浮かんだ。自分は美鈴のアドバイスが効いたのか汗は浮かんで居ない事を自覚して居る。
 彼は、右足を軸として突いてくる…と予想した瞬間、軸足を変え左からの突きに変えた。これがトラップなのだろう。しかし、ウイリアム氏のアドバイスの御蔭で想定には入って居たので足を見ずに全体を俯瞰して総合的に見ていた。余裕で身体を翻す。
 翻した次の瞬間、突きを入れる。これはオブライエンも予想して居なかった様で驚愕の気配が伝わって来たが、寸でのところで突きには至らなかった。
 強気のオブライエンらしく、直ぐにしたたかに反撃を仕掛けて来た。今度は右足が軸足だった。五合打ち合ったが、三合は右が軸足だ。きっと彼本来は右が本来の軸足なのだろう。左足を軸足にする時に勝機は有る。剣先も鋭いものの、フェニシングの竹刀に比べて細く撓る剣も充分見切る事は出来た。
 その上、自分の剣の癖も分かって居る。
 その時、彼が左に重点を置いた。今までよりも体重が掛かって居る事も分かった。
――今だ――
 そう思って、左からの突きを受け流すのと同時に鋭い突きを入れた。その時、彼の目は汗が流れ込んだのか、閉じられて居た。
 突きは見事に心臓の真下に入った。
 英語と日本語のどよめきが聞こえる。
 オブライエンの手から剣が落ちた。
「勝負あり」
 ウイリアム氏が宣言した。
 片桐の方を見ると、彼は瞳を輝かせ満面の笑みを浮かべて拍手して呉れていた。




____________________
 
 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。お手数をお掛けします。
 最近、ポイント下降気味で御座います~!まぁ、元々文才もないので、仕方のないことなのですが…応援お手数でなければ画像応援クリックお願い致します!


 ↓ ↓
    


___________________

 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!





________________________

風邪…やはり、気を緩めるとダメみたいですね…。土曜・日曜はやはり開放感から風邪が重くなるという…日曜日は、食事も摂らずに(というか全然食べたいとも思わなかった)←汗  ベッドから出られませんでした。発熱はしてなかったのですが、咳と鼻水が酷くて…未だ全快には程遠いのですが、更新無理しないようにほどほどに更新しますがご了承下さい。また、小説のタイプミスの修正もちょっとお待ちくださいませ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。