スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 続 蜜月編ー20

 空腹が満たされた時に以前から気になっていた事を尋ねてみた。
「もし、俺がオブライエンに負けたらどうする積りだったのだ」
 幸せそうに、味噌汁を飲んで居た片桐が真っ直ぐで澄んだ瞳で言う。
「晃彦を信じて居たから…」
「しかし、勝負は時の運も有る。それに剣道なら兎も角、フェニシングでは向こうの方が慣れて居る。明らかに俺の方が不利だったのは確かだ」
 彼の瞳の色が真剣さを孕んだ。
「オレは、晃彦以外とそういう関係には成れないし、成りたくも無い。万が一そういう事態が起こったら、潔く死を選ぶ積りだった」
 やはり危惧は当った。自分がもし負けていれば、片桐は今頃自害して居るところかも知れない。しかも、自分のせいで…そうなれば二重の懊悩に苛まれる。一つ目は、自分の為に片桐を永久に失ってしまったという絶望感であり、二つ目は、この世の中で一番大切な人間を失ってしまったという虚無感だ。
「もし、俺が負けて、お前が死を選ぶのなら迷わず俺も後を追う積りだった」
 万金の重みを込めて言い切った。
「それは薄々分かって居た。だから何としても晃彦に勝って欲しかった。オレも晃彦なしでは生きていけない。二人一緒に居る事がオレに取っては一番重要な事だ」
 呟く様に言った片桐に、力強く頷いた。
「何処でも良い。お前さえ居れば…日本でも英吉利でも無い国でも…」
 そう断言すると、彼は花が綻ぶ様に微笑する。
「オレも同じ気持ちだ…。多分晃彦が居なければオレも生きていようとは思わない」
 長い睫毛越しにきっぱりと断言して呉れる。
「もう、あんな挑発には乗らない…。お前の為にと思ったが…余計な心配を掛けた。申し訳無い。ただ、お前の魅力に抗えない人間が出て来ると思う。浮気…を心配している訳では無いが…気を付けてくれ」
 心に思ったままの事を言うと、彼は眉間に少ししわを寄せて納得出来かねる顔になったが――多分、彼は「自分の魅力には無自覚」なのだろうと思ったが今回の件で少しは分かった様な気になったのだろう――
「ああ、晃彦がそう言うなら…」と少し腑に落ちない顔をして言う。
 その言葉を聞いて少しは安堵した。ただ、英吉利に行ってからも多分同様の事が起こるに違いないとは思ったが。
 食事が済むと、立ち上がり彼の少し薄い肩を掴んだ。そのまま首に手を回し彼の顔をそっと上に向けた。
 彼も、唇に指を当てている。
 穏やかな口付けを交わしながら、彼の手を取って寝室に誘った。
 ベッドに横たえて、彼の服をゆっくりと脱がして行く。彼も同じ動作を返して呉れた。
 全ての着衣を脱ぎ終えると、彼は首筋に口付けをし、沁沁と呟いた。
「この香り、やはり好きだ」
 その声に誘われて肌が隙間無く重なる様に力強く抱き締めた。


____________________
 
 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。お手数をお掛けします。
 最近、ポイント下降気味で御座います~!まぁ、元々文才もないので、仕方のないことなのですが…応援お手数でなければ画像応援クリックお願い致します!




↓↓↓
    


___________________








 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!











___________________

 携帯から村クリックはどの携帯からも無理みたいです~!私も小説ブログにお邪魔して小説を読んだ後で、後ほどパソコンから村ポチに行っています~!二度手間ですが、、、仕方ないですね。
 さて、この小説も残すところ、あと数回…何故か、腐女子以外の方も読んで下さっているので…Hシーンを全部に割くのは勿体ないかなと思いつつも、最後だしHシーン重視かな?っと思っています。

 ご心配戴いている風邪なのですが、仕事で声を使うので全然良くなりません…しかも医院の開いている時間は私は仕事…。
 長引きそうですが、何とか更新も頑張りたいと思っていますので、宜しければ最後までお付き合い下さいませ。

 読んで戴き有り難うございました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。