スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛 続 蜜月編ー21(R-18)


 最後だし、頑張ってR-18の最高のシーンを書こう~!との野望があったのですが、読み返してみても、全然ダメでした…。あと二話でもっと精進出来ればいいのですが、何せ非才だし、Hシーンは苦手だしで、意気込みとは違う可能性が高いです。

 ただ、やはり腐っても鯛…ではなく、Hシーンなので、苦手な方は自己責任でお願い致します~!

 訪問した記念に「ブログ村」画像クリックは如何ですか~?とさり気無く勧めてみる…

    

 ↓↓↓


「そうか…それは嬉しい」
 彼の肌に口付けを落としながら耳元で囁いた。ついでに耳たぶを甘噛みすると、肌にしっとりとした汗の膜が出来ている事に気付く。
 そういう意味で彼に触れたのは随分前の事の様に思える。実際は7日程度だったが。
 いつも唇を落としていた鎖骨の上の赤い痕も少し色褪せているように思う。啄ばんで強く吸ってから歯を落とした。すると、彼の身体に鳥肌が立つ。寒いのかと思って良く見ると身体中がほんのり薄紅色に染まって居る。自分の身体に当る、彼の最も魂に近い場所も自分を求めて居るのが分かった。
「今日は…強く…晃彦を…体内で…」
 息を乱した彼の言葉が脳髄を直撃した。
 そうかと言って、彼の身体に負担を掛けるのは本意では全く無い。
――何か滑る物を――
 半分麻痺した頭で考えた。そして耳元で囁いた。欲情の余り掠れた声になる。
「少し待って居て呉れ」
 そう言って、強く抱き締めた後、浴室に入り、水に濡らした石鹸を持って来た。彼の腰の辺りに枕を敷き、自分に取っては天国のような場所を露出させる様に唆す。
「もう少し、両手を遠ざけて呉れないか」
 彼は頬を真っ赤に染めて指の侵入を助けるべく、秘められた場所を少しでも広くしようと試みた。
 石鹸で滑る右の中指をそっと忍ばせる。彼も欲望の故か、それとも自分に釣られたのかは分からないが両足を折り曲げて、限界に近い位に広げて呉れた。
 彼の内部が少し見える。そこは自分を誘い込もうとするように紅色の花が動いているかの様だった。そっと指を入れると、滑りが良くなっているせいですんなりと迎え入れられる。第一関節を上向きに曲げた。其処は彼の弱い場所である事は良く知っていた。案の定、彼は言葉に成らない吐息めいた声を出すのと同時に身体を細かく震わせた。彼の欲望の証も先程よりも露骨に主張している。
 内部は熱いがしんなりと纏わりつき離そうとはしなかった。少し意地悪をしようとある一点から少し外れた箇所を刺激する。すると、彼は身体を少しだけ動かして先程の箇所に導く。
 吐息が湿度を増したように思えた。
 二本の指で蹂躙すると、彼は紅潮した顔を隠したまま、有るか無きかの声で嘆願した。
「…もっと…っ」
 その様な声で言われるとこちらも我慢が出来なくなってしまう。
「俺をお前の中に…挿れても…」
「…いい…」
 そう言ってから、彼は自分の身体を押さえて居た手を離すと首筋に絡めて来た。心まで吸い尽くす様な口付けを交わしながら、彼の最も愛しい場所にそっと挿れる。
 先程まで指で押して居た箇所を自分自身で突く。その一突き毎に彼の背中が電気にでも当ったかのように撓る。
 内部は彼がどれだけ受け入れたかったのか知らしめる様に感触と力加減が絶妙だった。吸い寄せられる様に奥へと進む。始めは彼が傷付かない様にとゆっくりと…。彼の表情を観察しながらだったが、内部が誘うように伸縮し彼の隠しきれて居ない顔が苦痛ではなく快楽を浮かべているのを確認すると自省が効かなくなった。
 思い切って力強く彼の内部を刳り貫く。
 お互いの腰骨が当った瞬間、彼は頂点を越えた。切羽詰った息が吐き出され、白い粘液が彼自身と自分の身体に飛び散った。その瞬間、彼の内部も同じ物を欲しがる様に最も心地よい収縮を繰り返していた。其処にも意思が有る様だった。
 必死の思いで耐える。
 彼は一回絶頂を極めたのだから弛緩して当然だったが、そうはならなかった。
「もっと」
 熱に侵された病人のようなうわ言めいた声が細かく震える唇から漏れた。


____________________
 
 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。お手数をお掛けします。
 最近、ポイント下降気味で御座います~!まぁ、元々文才もないので、仕方のないことなのですが…応援お手数でなければ画像応援クリックお願い致します!

↓↓↓
    


___________________










 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!















___________________


 今日は、色々有りまして~!仕事でもネットでも…。で、疲れたのでお休みしようかなっと思ったのですが、毎日更新していると、更新しないと落ち着かないという…ホントはもっとこの原稿(?)をHシーンに相応しいように手直ししようかとも思ったのですが、、やっぱり投稿してしまうことにしました。ただ、ホントに意気込みと違うモノに成り果ててしまったので、明日以降(ってもう、日にち変わっていますが)この回につきましては手直しするかもです。もし、手直しするならまたお知らせ致します。

 読んで戴きまして有り難うございます!
 感謝を込めて。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。