スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんじがらめの愛  続 蜜月編ー22(R-18)


 今日こそHシーン頑張るぞ!!と思ったのですが、玉砕しました。自分の文才の無さにウンザリしています。

 読み返してみて、全然ダメ!!と思ったのですが(嗚呼!いっその事前回・今回は書き直そうかな…とまで思いました。)

 でも、それにも忍びず更新します。
 あと一回は18禁(なのか?)で最後は普通にします。
 明日はもっとマシなHシーン書きたいなぁと…
 ただ、Hシーンなので、苦手な方はスルーお願い致します。
 訪問して下さったついでに、下の「ブログ村」画像をクリックして下されば嬉しいです。

    

↓↓↓
    


 そう言って少し顔を上げた彼の瞳に涙が零れていた。紅く紅潮した顔に涙の雫が零れている様子は、赤に近いピンクの薔薇の花弁に露が宿っている様に見えた。
 彼の内部を慮りながら強く突き上げると彼の身体が強風に煽られた若木の如く大きく痙攣する。勿論自分をひたりと締め付けている温かい絹の様な場所も離すまじとでも言うように緩急をつけて自分を放さない。
 二人分の汗が身体の表面をしっとりと濡らす。どちらの汗かはもう分からない。
 少し身体を離した。そうしないと自分も彼の誘いによってもう少しで頂点を越えそうな予感がした。
 彼の身体は何処もかしこもピンクに染まっていたが、一点もっと濃い場所を見つけた。
 彼の胸の尖りだった。
「ここも感じるのだろうか」
 頭の隅でそう思い、そっと右の尖りを触ってみた。そこは石の様に硬く成って居る。触ると彼の身体が跳ねた。
 こういう所も感じるのかと思い、彼の内部に自分を挿れたまま右は唇でそっと啄ばんだ。左は手でゆるゆると円を描くようにした。
 彼は見も世もない風情で、顔を隠す事も忘れシーツを掴んで歓喜の涙を零している。
 腹部に当る彼の一部は自分の出した白い液体と共に新たなる露を含んでいる。自分が胸に触ると、その露も涙と同じく量が増える。
 彼は顔をシーツの上で左右に振っていた。少し湿ったシーツに彼の髪が当ってそんなに長くない髪ではあるがパサパサと音を立てている。
 彼の呼吸は切羽詰ったものになり、彼から出ている雫も多くなる。
 そう観察出来たのは一瞬で、自分も頂きを越えそうだった。
「お前の中に…」
 そう耳元で囁くと涙で潤んだ片桐の瞳が輝いた。
 緩急を伴って締め付ける力が強く成る。
「早く…っ」
 それだけ言うと、湿度を増した呼吸を零す。
 大きく彼の内部を抉ると、彼は声にならない悲鳴を上げて、全身を震わせた。同時に欲望を解放させる。同じ時に自分も彼の内部に思いの丈を放った。
 片桐の身体の負担にならない様に気をつけて、彼の身体の上に身を落とした。繋がったまま。
 二人して息を整えているとお互いの体液が混ざり合う。
 丁度自分の唇は彼の鎖骨の上に来ていたので、思いきり吸引する。
 すると、彼の身体は仰け反った。そして、内部も収縮を始める。
――まだまだ、終われない、いや、終りたくない――
 彼を抱くと、海水を飲んだ時のようにもっともっと欲しくなる。
 片桐が呟いた。何を言っているのか分からなかったので、顔を移動させる。
「今日は、ずっとこのままでいたい」
「このまま…というのは、ずっと繋がっていたいという意味か。それともこういう行為をずっとという意味か」
 彼は唇に手を当てていたので、望み通り口付けをした。
 口で交わるような濃密な口付け…
 それが終ると、彼は満足そうな吐息を一つ吐いて呟いた。
「両方…だ」
 涙に濡れた瞳を向け、湿度の高い声で言った。
「今日の…は、今までで一番…感じた。だから…このまま」

____________________
 
 ブログ更新の一番の力…それは、読者様がクリックして下さる「ブログ村」です。
ブログ更新の活力の源を下されば、とっても嬉しいです~!このクリックが「毎日更新頑張ろう!!」と思えます!!楽に流れようとする管理人の尻も叩けるという効果もありますーー!
画像をクリックしてしばらくお待ち下さいませ。画面右横に「インターネット」と表示されるまでお待ち戴ければとてもとても嬉しいです。お手数をお掛けします。
 最近、ポイント下降気味で御座います~!まぁ、元々文才もないので、仕方のないことなのですが…応援お手数でなければ画像応援クリックお願い致します!



↓↓↓
    

___________________


 本編は下記リンクから始まっています。暇で暇で仕方の無い時にでも読んで下されば嬉しいです!!




___________________


 この物語(なのか?)もあと二回です。リアルタイムで読んで下さった方、途中から参加された方、全部読んで戴けて感謝です。
 やはり書き手は、読者様の暖かい応援があれば(コメントでも村ポチでも)読者様のお気持ちを裏切らないようにしようと頑張れるものだと思います←私だけ?
 私は仕事が長い日は長いので、お休みしようかな?と(意識不明になった時は流石に更新出来ませんでしたが)思っても、待っていて下さる方がいらっしゃるんだから~!と頑張れました。

 本当に有り難うございます。
 ネットでもちょっと、有りまして…昨日は落ち込んでいたのですが、少しは浮上しました。心配下さった方、申し訳ありませんでした!!





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。