スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第一章―8

 そんな祐樹の苛立った様子を眺めて新しい煙草に火を点けた黒木先生は、ふと思い出したように言った。
「そう言えば不思議な話がある。同じ学会に出席して、すっかり香川先生の腕前にほれ込んだ僕と同じポジションの日本人が居てね。その医師と学会の後で意気投合して色々電話やスカイプなどで話しをする友達になった」
「それで…」
 黒木先生が誰と友達だろうと知ったことではない。大学の内部の人間関係なら知っておく必要は有るが。
 熱心に聞き入っているフリだけはしておく。
「香川先生を教授に招聘すべきだと、医学部長を兼任している上司を説得した。学会での様子を知ったその上司は一度、香川先生と交渉するためにアメリカに飛んだそうだ。運良くと言っては何だが、教授のポストがね、前任教授の悪性新生物が見つかって空いていた。是非後釜にと、その友人は推したらしい。僕なんかと違って私利私欲のないヤツなんだ」
「先生は私利私欲のために香川先生に含むところをお持ちではないですよ。医局のために良かれと思ってらっしゃることはとても良く分かります。
 しかし…、悪性新生物、いわゆる癌は今でも厄介な病気ですからね。早期に発見出来れば今は生存率も上がりましたが…全身に転移していると手術は不可能な病気です。」
 慌ててフォローした。その話は実現しなかったことは今の状況からして容易に察することは出来た。
「それでかなり粘り強く説得をしたのだが、結局は断られたらしい。『権威にしがみ付くような人間では有りませんので』とはっきり言われたらしい」
 大学教授は確かに権威だ。しかし、現在は、その「権威」に収まろうとしている。何故だろうか。
「失礼ですが、先生のご友人の大学が…香川先生の自尊心をくすぐらないといったレベルの大学だったのでは」
 カルバドスで喉を焼かれる感触を楽しみつつそう言ってみた。
「とんでもない。本郷だよ」
 日本一の大学病院だ。ちなみに二番手は祐樹の所属する大学だ。
「本郷ですか…。それは断ったのに、何故ウチに来る気になったのでしょうね」
「ああ、それは本人しか分からない」
「齋藤先生が買収でも…」
 さすがに声を潜めて言った。
「それは無いだろう。香川先生はアメリカの心臓外科医のトップだ。おまけに日本のように保険制度がないので、患者は医師を選べる。香川先生が執刀医になってくれればいくらでも金を積むといった世界のセレブ達が彼の手術を待ち構えている。
 だから、約束した患者が終るまでは帰国出来ないそうだ。
 給料も年俸制だし、恐らく金に糸目をつけない世界の富豪たちは、謝礼と称して個人的にもお金は渡しているはずだ」
「つまりなまじの金額では動かない人だということですよね。齋藤先生でも世界のセレブに敵うほどの金額は用意出来ないに違いない。
 心臓バイバス術は心筋梗塞を逃れる最後の手段です。狭心症もそうですが、これはコレステロールが血管に堆積して起る。つまり美食に明け暮れているセレブ達は心臓病のリスクが高い。」
 黒木が笑って答える。
「セレブ達は食事だけが問題ではないな。過度なセックスも心臓を傷める。彼らはお金に飽かせて好き放題だというのが常識のようだね…」
「そうですね。女性はお金持ちが好きですから」
「君も気を付け給え」
 黒木が冗談めかして言った。
「私はセレブではありませんよ。研修医の給料は先生が良くご存知のはずです」
 こちらも笑いながら反論する。  
「君ならタダでさせてくれる女性が沢山いそうだからな」
「いえいえ、それが全然モテないですよ。第一そんな暇が有ったらオペの数をこなすとか論文を書いていた方が数倍マシな時間の使い方です」
 黒木は親しみやすいとは言っても上司だ。上司に本音を告げるわけにはいかない――ましてや祐樹は特殊な嗜好も持っている――ので優等生的な答えでお茶を濁す。
 しかし、何故香川先生は日本の最高学府ポストを蹴って、二番手のウチのポストには頷いたのか。謎は深まる。
 直ぐに香川先生に関するデーターをネットででも調べてみようと思った。



______________________________________________





凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!ブログ運営の意欲の源の一つです。
↓↓↓
    

____________________________

このお話は、







から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです

_________________________________________

昨日は「これのどこがボーイズラブのカテゴリーに入るんじゃぁ」と思って書いてしまったのですが。。。
しかも、前作「がんじがらめの愛」よりもブログ村経由でいらして下さる訪問者様が倍になったというのに、それなのに。。。「全然、その期待に応えてないじゃないかぁ~~!」と自分に激しく突っ込みを入れて。
絶対、ブログ村の訪問者様はガッカリしてお帰りになるんだろうな…と思っていたら、、、、あら意外~!インポイント自分の過去ベスト3に入っていたという…。おっかしいな~??
まだまだ、「これのどこがホモ小説??」と突っ込みを入れたい場面が続きますが、香川先生が登場してからは本道(?)に戻りたいと思います。

ブログ村のポイントも最高に嬉しかったですが、あと二つ嬉しかったことが…。

一つ目は、「もしかして医療関係者ですか?」という、内緒コメがたくさん入りました。とんでもないです~!私は根っからの文系人間。医学部はおろか、薬学部なんて絶対無理な理系の偏差値でしたよ~!しかも、私は不器用でいい加減なので、医療関係の仕事は絶対に無理です~!私に薬剤師なんてさせたら、ミリグラムとグラム間違えます↓↓

資料として使ったのは医療の本ではなく、以前読んだ小説です。心臓手術のことがリアルに書かれていたので、それを膨らませました。ただ、本当に心臓バイバス術は行われているのですが、、、その小説が書かれた頃よりも進化しているかもなんで、本気に取らないで下さいませ~!
ちなみに、心臓バイパス術は最後の手段らしいです(今のところですが。最近は再生医療で自分の皮膚細胞から万能細胞を作り出し、心臓を作る研究もされているようですね)血管が弱っていなければ、バルーン術とかがあるそうです。

二つ目は「これのどこがBL小説なんじゃ~!!(泣)と思いつつ、一箇所だけボーイズラブ的に狙った箇所がありまして、そこを尊敬する方からズバリ指摘されました。これも嬉しかったです。

あ、そうそう、今回の投稿でお分かりかと思いますが、舞台は京○大学です。○阪大学にしようかなっと思ったのですが、香川先生が蹴った大学が東○大学なので、こっちにしました。私は関西の人間なので、大阪弁と京都弁は使えますが、登場人物にそれをさせると、ちょっと美しさに欠けるというか…。なので標準語チックにしています。「白い○塔」のドラマも主人公達は標準語だったのでいいかなっと思いまして。
「白い巨○」で思い出しましたが、「今度のお話は白い~チックな話にします」といつか書いたのですよね。すると、内緒コメで「中居君を思い出しました」との投稿が…。それは「白い影」です~~!と突っ込みを入れたくなった覚えが…。

今回は、顔モデルに芸能人を使いました。というのも、前回の作品のモデルは身近なところから調達したので、「イラスト描いても良いですよ~」とのとっても有り難い申し出があり、顔とかスタイルとかを伝えるのに苦労した思い出が…。
まぁ、私の小説にイラストを描いて下さる奇特な方はそうそうはいらっしゃらないと思いますが、万が一ということも有りますので、「モデルは俳優の○○さんと、◆◆さん」と伝えればそれでOKにしておこうと思いまして~!
イラストを描いて下さる方には○○と◆◆は実名をお知らせ致します~!それ以外の方は、描写で想像なさって下さい(といっても、まだ二人のルックスの描写はありませんが)
では、最後まで読んで戴き有り難うございます!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。