スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上」第一章―10

 何故、香川先生の印象がないのだろう…所属大学の一学年の学生人数は100人程度だ。
 しかも同じ研究室に所属していたら、絶対に顔を合わせているハズで…。研究室が同じという縁の飲み会も催される。祐樹は先輩との顔つなぎのためにほとんど出席していた。
 それなのに、香川という名前は聞いたことがなかった…と思う。記憶力には自信があるので確かだとは思うのだが・・・
 そう思って自分の学生時代のことを思い出す。
 医学部の学生は忙しい。特に解剖の授業になると、終るまで大学に居なければならない。
 ある日、授業で教授に怒鳴りちらされ――といってもその教授は短気で有名だったが――ふと、誘われていた「グレイス」に足を運ぶ気になった。何よりもタダで酒が呑めるのが魅力的だった。その上自分と同じ嗜好を持つ人間が集まっているわけで、気分転換にはもってこいだろうと思った。
 オーナーに渡された名刺を頼りに店を探したが見つからず――盛り場の雑居ビルは店を探すのに苦労する――見つからないと分かればどうしても行きたくなった。
 名刺に書かれた電話番号に電話して詳しい道順を教えて貰う。
 やっとのことで辿り着いた「グレイス」の扉を開けると、店に居た客達の殆どがこちらに視線を当てて来た。店に沈黙が広がる。
「学生の分際で場違いだったか…な。店を間違ったふりをして帰ろうか」
 そう思った時に、1人の客がウインクしてくる。女装をすれば似合いそうな感じの人だった。つられて微笑むと、その人は立ち上がり自分の方へやって来た。
「このお店初めてよね。良ければ一緒に呑みましょう」
 そう言い、手を握って自分の席に連れて行く。この店のルールが全く分からないので言うままになっていた。
 その席は四人掛けで、自分が座れば丁度満席になる。
 綺麗な人が2人とハンサムな男性が1人着席している。
「ここでは本名は名乗らないルールなの。それに店内恋愛も、ダ・メ」
 先ほど自分を連れてきた綺麗な人が細身の煙草に火を点けながら言った。
「そうですか。でもどうしてこの席に御招待を」
 アーモンド形の瞳をしたその人は答える。
「決まっているじゃない…貴方が若くてハンサムだからよ。一緒に楽しみましょう。店からレッドカードが出ない範囲内で…ね。アキって呼んで。」
 そう言って微笑んだ。
 他の二人も挨拶し、それぞれ仇名というか通り名を教えてくれた。
「僕はユウと申します。時々遊びに来ますのでどうか宜しくお願いします」
 そう言って頭を深深と下げると、三人は感心したように呟いた。
「若いのに、礼儀正しい子なのね」
 アキさんも嬉しそうに笑っている。
 見回したところ、このバーはいわゆるニューハーフは居ないらしい。皆静かに飲んでいる。アキさんの視線が自分に絡み付いていることは自覚していた。


______________________________________________









凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!ブログ運営の意欲の源の一つです。
↓↓↓

    

____________________________





このお話は、















から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです





_________________________________________

まだ体調、ちょっと不安が残るので、更新だけしていつものコメントはお休みさせて頂きます。
本当にスミマセン!!

最後まで読んで下さって有り難うございます~!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。