スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第二章―15

    

凸凹画像をクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈歓迎中~!凸凹

















______________________________________

 CTスキャンの画像を素早く読み取る。投身自殺した患者には良くあることだが、大たい骨――太腿の太い骨――が着地の際、足を下にして落ちたことにより過度な負担が掛かり、身体部分までめり込んでしまうことが良くある…と教科書に書いてあった。
 実際その通りで、脚部複雑骨折、大たい骨は大腸にまで突き刺さっている。
 覗きこんだ阿部士長が、配慮してくれたのだろうか。
「他のベッドに掛かりきりのなっている先生を呼ぶ?」
「いえ、皆お忙しそうですし、阿部士長のご判断にお任せします」
 実際、他の数人の医師は床が血で滑るのも厭わず処置をしている。
「井出さん、田中先生のヘルプを」
 大腸で恐いのは腹膜炎を起こすことだ。大腸の内容物が体内に流れ出すと厄介なことになる。
「開腹して、腹膜炎のリスクを少しでも取り除きます」
「そうね」
 井出看護士がメスを始めとする道具出しをしてくれるようだ。阿部士長は監督役といったところか。
 メス捌きは鈍ってはいないつもりだ。幾ら古巣である心臓内科では足持ちなど歴任し(こういう役目を歴任というのかは別にしてだが)退官された佐々木前教授やなによりも卓越した腕を持つ香川教授の手技を見せられたばかりだ。
 負けじ心がふつふつと湧き上がる。
「阿部士長、私のメスが危なっかしいと思ったら止めて下さい」
 そう言って、CTスキャンの画像を見ながら大たい骨が大腸の凶器となっている場所だけを切開する勢いで銀色に輝くメスを皮膚に食い込ませた。血管を傷つけないように。
 最小限の切開が終ると、腸壁の損壊が見られた。
そこから出血した血が祐樹の顔に飛び散る。目に入ったがそんなことは構っていられない。
「麻酔を増やして、抗生物質液剤、点滴で5単位投与。それとバキューム」
 腸から出たものを一刻も早く取り除かなければならない」
 ちらっと阿部士長を見たが、満足げに微笑みの形で唇を弛めたまま、何も言わない。
――これで正しいのかは分からないが、阿部士長を信じよう――
 順番の確認。これが大事だと教わった記憶がある。北教授が教官だった頃だろうか。

「あれもこれもしようとしてはならない。患者の命に関わる怪我から優先順位をつけて、決めたらその通りに正確に実行するのみだ」
 そんな声が脳裏に蘇る。

 手渡された吸引機で、体内の不純物を綺麗に除去した上に、抗生物質を塗布していく。
 腹膜炎は危険な病気だが、祐樹は体内の不純物が殆どないことに気付いた。

 そういえば、この患者は異様なほど痩せている。大腸に食物を食べた痕跡が殆どない。
「投身自殺…となると気分病(躁うつ病)の可能性があるな」
 そう思った。鬱の人間は拒食になりやすい。いや、その逆か…。だが腹膜炎に関しては不幸中の幸いだった。
「腹膜炎の無事に処置終りました。骨折の処置に移ります」
 そう報告して骨折の処置をした。と、いっても緊急救命室では命に関わることが管轄だ。骨折は基本は外科だ。応急処置だけ済ませた。
 全部終って、モニターを見ると、心臓も呼吸のリズムも平常だった。
 心から安堵し、床にへばりつきそうになる。時間との戦いは神経がもたない。
「DOA(死亡して来院)患者にしてはよくやった」
 阿部士長が褒める。回りに手の空いた看護士も集まってきていた。
「おめでとうございます」
 といううら若き(若くない女性も居たが)に囲まれ、少しウンザリしてしまう。
 何故か、香川先生が長岡先生に向けた笑顔――空港で見ただけだが――を思い出してしまう。



______________________________________________











凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!皆様のクリックを心からお待ちしています~!クリックがともすれば怠惰になりがちな、私のお尻を叩いてくれますのでどうか宜しくお願い致します~!クリックすることで、少しは幸せになります~!(皆様ではなく私が…ですが。どうかヨロシクです。
↓↓↓

    

____________________________













このお話は、



















から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです










_____________________

 つ、疲れたので今日は寝ます~!明日も朝イチ仕事だし><
 「チーム・バシスタ」シリーズ面白いです~!手術の描写などは流石に本職医師って感じです。そのままパクりたいほどです(著作権違反だからダメ!!)ただ、専門用語が多いのがパクれない第一の理由です←ウソです。
 ?著作権 
 ?手術の術式が違う。
 ?そこまでリアルに書かなくても、これはBL小説…(書いている本人も今日も二人の絡みがなかったので悲しい)でも、明日看護士さん情報を沢山聞けるでしょう。

 では最後まで読んで下さって有り難うございます~!

____________________________


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。