スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第三章―2



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈歓迎中~!凸凹凸凹







_________________________

「好きにって…、私はあの店の常連ですよ。それがどういう意味を持つかご存知ですよね」
 酔っ払って状況判断が出来ていない可能性を顧慮して確認する。
「分かっている…そういう意味での…『好きにしていい』だ」
 酔ってはいるが、判断力は通常と変わりがないのかもしれない。
「今ならまだ引き返せますよ。ただ店から連れ出して来ただけということで…ただそれだけのことですから」
 往来を歩きながら奇麗事を言う。
 実際は、香川教授の暴言や祐樹を人とも思っていない態度などが走馬灯のように脳裏を駆け巡る。
 これは千載一遇のチャンスなのではないだろうか?
 雲の上の人間に対して好きなことが出来るという…。今までどれだけ我慢してきたか…。まぁ、今日の病院長の言葉で香川教授は祐樹に対して嫌がらせだけではない配慮をしてくれたのは分かったが…。
 香川教授は学生時代、「グレイス」に出入りしていたことは確かだ。するとゲイである可能性が高い。祐樹が「グレイス」のオーナーに自分の性癖を看破されたのと同じく香川教授もオーナーに見破られたのかも知れない。不思議なことに学生時代の香川教授の顔は覚えていないが――これは一体何故だろう?――緊急外来にまで勉強に行っていたとなると学内にはいつも居る真面目な(といっても医学部は授業が詰っているので、同じ大学の文系学部の学生とは比べ物にならないくらい学内に居る時間は長いのが普通だが)医学生だったハズなのに…。
「構わない。君の好きなようにしてくれ」
 そう言って肩口に顔を埋める。耳にかかる吐息が少しだけ熱い。
 酔っているせいなのかと思うが、ここまで言われると祐樹としても我慢は出来そうになかった。
「ホテルに連れ込みますよ」
 最後通牒を発した。
「だから、好きなようにしてくれれば良いと言った」
 耳元で怒ったように、拗ねたように囁かれた。
 こうなったら据え膳は有り難く戴こうと腹を括る。
 タクシーを止め、二人して乗り込む。
 香川教授は祐樹の肩に頭を預けたままだ。通行人から見れば酔っ払った男性がその友人に肩を貸して貰っているようにしか見えないような絶妙の演技(?)だった。
「ホテルは構わないが…この街以外にしてくれ…」
 耳元で囁かれた。
 確かにこの街は狭い。しかも、香川教授クラスになると、この街の高級と呼ばれているホテルは学会やらパーティやらで顔を知られているだろうし、彼の顔写真が載った週刊誌――といっても、ほとんどが社会的ステイタスを持った人が読む雑誌だが――で顔を知られている。
 タクシーの運転手に大阪のRホテルに行くように指示をした。このホテルも財界人御用達のホテルだが、学会は少し大阪駅に近いHホテルで行われることが多く、祐樹は学会関係で一度しかRホテルを訪れたことがない。
 しかも、フロントは一括管理ではなく35階以上の顧客に対しては35階でチェックインとチェックアウトが出来るシステムになっている。と、一度来た時に重厚な木材がふんだんに使われている雰囲気が気に入ったので貰ってきたパンフレットには書いてあった。
 あそこなら、人目を気にせずにチェックインが出来る。
 遠距離の客に気をよくしたらしいタクシーの運転手が話しかけてくる。
「お酔いになっていますね。ご気分が悪くなったらいつでも仰って下さい。直ぐに車を停めますから」
「有り難うございます」
 香川教授の代わりに祐樹が返事をすると、それを聞いていた香川教授が、しなやかな指を祐樹の指に絡ませる。
 もちろん、バックミラーに映らない角度でだ。


___________________________________

凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!
ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!
皆様のクリックを心からお待ちしています~!どうかヨロシクお願い致します!!


↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!

____________________________


このお話は、












から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです


_______________________________

仕事~、今は書き入れ時なので、、疲労は蓄積するわ、時間の余裕はいつも以上にないわでヘロってます。
訪問は頑張りますが、訪問がない場合には死んでいると思って下さいませ。

前回、イキナリの急展開に喜んで下さった方と、驚いて下さった方、半々でした。そろそろ本業(?)のBL的な展開に入らなきゃマズいだろうと…ああなってしまいました。
前作では書いている本人は自覚していなかったのに「片桐君はツンデレですか?」と内緒コメを沢山戴いたので、今回は意識してツンデレにしようと思ってましたが、皆様「ツンデレ~」とコメを頂くので。作者的には嬉しいです~!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。