スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第三章―7



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈歓迎中~!凸凹凸凹



◆注意◆

今回はそんなに激しく書けなかった(Hシーン書くのって苦手だというのもありますが)のですが、一応、15禁くらいには抵触すると思われます。

男同士のラブシーンが苦手な方、読まれないほうが身のためです。

苦情は受け付けませんので、自己責任でお願い致します~!

大好き!とか「興味有るな」と思われる方のみ閲覧お願い致します。
また、もう過労で半分眠りの国に入っていますので、恒例の後書きめいた書き込みはお休みさせて戴いております。

いつもブロ友様への訪問は仕事の有る日は、昼休みとか空き時間とか終ってからネットカフェからお邪魔することが多いのですが、、
昨日は、ふらふらになりながらネットカフェでお昼御飯を食べながら皆様の素晴らしいブログにお邪魔していました。

何せ、睡眠時間4時間でしたので注意力が散漫になり、「あったかいスープと、冷たいコーヒーを飲もう!」とドリンク飲み放題(ネットカフェはほとんどがそうなのです)のコーナーに行って、グラスに氷を入れ、カップを持って「飲み物出て来い!」と待っていたら~!!出て来たのですが(当たり前だ!)私、置く位置間違えてたんです。
氷の入ったグラスをポタージュスープが出る所にセットし、カップをアイスコーヒーが出るところに置いてました。
「ガーン!!」と思ったのですが、まあ、「冷たいポタージュと、氷ナシのアイスコーヒーでもいいか~!夏場、フランス料理屋さんで冷たいポタージュ出るし」と思ったのですが、やはりレストランのポタージュはプロが作るだけのことはあります。。ネットカフェのは不味かったです。
あと、「5つ星のホテルと書いてありますが、3つ星が最高では?」との読者様のご指摘が有りました。検索で調べたら余計に分からなくなったので、ブロ友様でそういう関係のお仕事をされている方に伺ったところ(回答ありがとう御座います!!)ホテルは最高が5つ星で評価され、3つ星は「ミシュラン」の料理部門の最高位だそうです。
今回は間違ってなくて良かったですが、何しろ無知でしかも、睡魔と戦いながら書いているので間違い多発しそうです。内緒キーで教えて下されば嬉しいです。

    




__________________________________________________

「満足なんか…していないっ」 
 顔を上気させた彼の言葉は二通りに解釈出来ることに気付いた。
 胸や足の付け根の反応は彼が感じていることを雄弁に物語っている。
 全ての男性の感じる場所がそういう反応を示している上、男性とのセックスの体験がどうもあるらしい香川教授は胸までが紅の宝石のように硬くなっている。
 ――満足していないのは最後まで行っていないからか――
 というのが一番目に思いついたことだ。胸を愛撫されてこれだけ感じるのはゲイの中でも女役と決まっている。最後までしていないから満足していないと答えたのか。
 それとも、「満足した」と白状してしまえば、大学病院では知らない方がモグリだろ…と思われる長岡先生との結婚話をしなければならないので口先だけでそう言っているのか・・・のどちらかだと推測する。
 彼を満足させたと雄弁に白状させるには、自分のモノで彼の繊細な場所に入り込み、かつ、彼の熱情を吐き出させることか。
 それとも、彼が我慢出来ない状態まで昂ぶらせておいて、意地悪く最終段階でせき止めてしまうのはどうだろうか。
 彼の本音を少しは聞いていたが、全部聞きたい。どちらが有効かを考え、後者を選んだ。
 祐樹の彼の中に包まれたい欲求は有ったが、彼の物言いが高飛車だったので意地の悪い方をツイ選択してしまう。
 絶頂をせき止めるにはもう一本縛めるモノが必要だ。
 自分のネクタイにしようかと考えた。が、セックスの場合肌を露出した人間の方が屈辱感を抱くのは分かっていた。自分はセックスに必要な場所以外、衣服を乱すことはするまいと思った。香川教授が切羽詰らないうちに紐のようなものを捜しておこうと思った。
 浴衣の帯はどうだろうかと思い至る。先ほど冷蔵庫を探すために色々な引き出しを開けている。その中にはガウンと共に浴衣が収められている家具も有った。
 このホテルは、日常使うもの(例えば、テレビ)も、家具の中に納まっていて、探すのに容易ではなかった。
「少し待っていて下さいね」
 そう薄桃色に染まった耳に囁くと、ベッドから降り、先ほど見た箪笥状の引き出しを開け、浴衣の帯を取り出した。
 香川教授の顔が不安げな表情を浮かべる。
「大丈夫ですよ。痛くはしませんから。まぁ、我慢は強いることにはなるとは思いますが」
 その言葉を聞いて、安心したように微笑んだ香川教授は熱い吐息と共に祐樹に囁く。
「抵抗はしないから・・・ネクタイを外してくれたまえ」
 口調はしおらしげだが、語尾が偉そうな命令語だ。多分香川教授は普段の言葉遣いに慣れきっているのでそういったのだろうと思うが、すこぶる面白くない。
「ダメです。思った通りの抱き方をします」
にべもなく言い切った。
 そして、彼の既に昂ぶったモノを衣服から解放した。
 彼のモノは驚いたことに先端から雫が垂れていた。もうこんなに感じていたのかと驚く。
「充分感じているじゃないですか」
「感じてなんかいない」
 あくまでも強情を張る彼に、傍らに置いておいた浴衣の帯を手に取り、ソコの根元をきつく縛った。
 これだと彼は絶頂を極めることが出来ない。
 泣いて縋ってくるまで絶対に外すものかと決意した。
 それから、舌先で男性が感じやすい先端辺りをまるで棒付きキャンディのように舐めまわすことに熱中した。


___________________________

凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!
ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!
皆様のクリックを心からお待ちしています~!どうかヨロシクお願い致します!!


↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!感謝感激雨あられです~!!

____________________________


このお話は、












から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです



    }}}




__________________________________________________
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。