スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上」第三章ー13



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈歓迎中~!凸凹凸凹


____________________________________________________

 だが、聡はアメリカの医師免許を取得していない。そんな人間にメスを握らせていいのだろうか?完全な医師法違反だろう。
 ケンの顔が目に入ったので、近寄って囁いた。
「医師免許を持っていない人間に縫合術とはいえ、任してしまってもいいのですか?」
「ああ、このチームは博士の発言が法律だ。何が起こっても博士が指名した人間が越権行為をしてもこのチームからは絶対漏れない。今日着任のお前が縫合術を任せられるのは俺が知っている限り初めてだが…日本の手技を見せてもらういいチャンスだ。」
 その言葉に背中を押され、博士の手術に漏れがないか確かめて縫合にかかった。
 必死で縫合をした。日本で培っていた手技を余すところなく発揮した。
「縫合、終りました」
 
「おお、素晴らしい。私のスタッフよりも縫合は丁寧でかつ所要時間が飛びぬけて早い」
 博士が、目を丸くして賞賛する。スタッフも驚きを隠せないように聡を見た。
「さすがは『几帳面な』日本人だ。この手技だと縫合術からの化膿などのリスクは0%だ。
次の手術ではもう少し難度を必要とする縫合術も任せられそうだな…」
 スタッフ達も博士の言葉を聞いて拍手を送ってくれた
 この国は実力至上主義だ。
 だが、この国の医師免許を持っていない人間に手術を任せる博士の度量に感心した。
「可及的速やかに医師免許を取りたまえ。助力は惜しまない」
「はい。手術をしながらバイバス術の執刀が出来るように医師免許を取得致します」
 手術着は胸元が開いているので、そこから風が入ってくるが、LAは温暖な気候だ。
 手術のヘルプと共に、医師免許を一刻も取得して執刀医になるように努力しようと決意した。

 スタッフ控え室に戻ると、皆が賞賛の眼差しと共に、口々に聡に話しかけて来る。
「日本ではあんなに几帳面に縫合するのか?」
「ええ、だいたいは…しかし、私の場合、縫合も含めて手術の手際が良いと日本でも褒めて貰ってます」
「そうか、では、あの素晴らしい縫合術を見せてくれたサトシに敬意を表して呑みに行こう」
 ケンが誘った。他の皆も頷いた。
 人間関係を築くのは苦手だったが、底抜けに明るいこの国の人間は聡の躊躇いなど意に介さぬように誘ってくる。
 聡は新入りだ。断るのも悪いと思って無理に笑顔を作って承諾した。
 ケンに誘われ、博士のスタッフと共にクラブへと乗り込んだ。
 アルコールは普通に飲める聡はクラブへ行き――クラブと行っても、貴賓室があり、そこは個室だった――
 そこで乾杯を繰り返す。
 気が向いた人間はフロアへ降りて行きダンスに興じる。皆開けっ広げで楽しそうだった。
 聡は踊れないので貴賓室からフロアで踊っている人間を見ていた。
 ケンはその様子を見ていた。
「君はゲイなのか?」
 唐突な問いに驚いた。
「どうしてそう思うのですか?」
 何故看過されたか不思議に思う。
「君の視線の先をずっと観察していた。初めは、スタッフのダンスを見ていただけだが…アルコールが入ると男性、それも東洋系の男性ばかりを見ていた。ノーマルな人間は綺麗な女性を見るものだが…君は違っていた。だから…」
 ケンの鋭さに舌を巻く。それにケンの口調は「君の女性の好み、可愛いタイプが好き?それとも美人が好き?」と聞いているような感じで蔑視めいたニュアンスはなかった。
「そうです。多分男性に惹かれる性癖を持つと思います」
 脳裏に田中祐樹の整った表情が浮かぶ。
「そうか…。もう皆はそれぞれ楽しんでいる。今日の主賓に相応しい場所に行こう」
 笑みを浮かべて聡を誘う。
 この話の流れではゲイ専門のクラブに連れて行かれそうだ。日本ではまだまだゲイに対する偏見は根強い。LAでは自分と同じ性癖を持つ人間がたくさんいるし、それを楽しんでいるという点に興味がわいた。
「ケンにお任せします」
 そう言うと、ケンは微笑してすっかり出来上がっていたスタッフに耳打ちする。
「じゃあ、行こうか。もっとも俺はストレートだが」
 それは何となく理解出来た。彼の顔に浮かんでいるので友情以外の何者でもないことは、いくら鈍いとはいえ聡にも分かる。
 タクシーでケンと共に店を変えた。

 そちらのクラブでは圧倒的に男性が多い。女性も居たが、女性は女性同士で固まっており、男性には見向きもしない。――男性に興味がないのだろう――
 ケンと一緒に店に入ると、音楽が鳴り響いたフロアでは男性が聡を見詰めてくる。そのような視線で。だが、ケンが一緒なので話しかけるのは遠慮しているようだ。
 その中で思わず目を奪われた東洋人…多分日系か、もしかしたら日本人が居た。
――似ている…田中祐樹に――
 快活な態度、怜悧な眼差し全体的に少し生意気そうな感じのハンサムだった。
 視線に気付いたのか彼は薄い唇に微笑を浮かべて聡を見た。眼差しに熱を感じた。



___________________________

凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!
ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!
皆様のクリックを心からお待ちしています~!どうかヨロシクお願い致します!!


↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!感謝感激雨あられです~!!

____________________________


このお話は、












から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです。

____________________________________________

 スミマセン~!リアル私生活の年始のお祝いで、ネットに上がる時間が昨日は取れませんでした><
 飲みすぎたということも有りまして~!
 小説は、(こんな小説でも)集中力が必要でして…、アルコール呑むと集中力が切れますし、それにちょっと、今後の展開に迷っていたせいもあり昨日は更新自粛しました。

 長い目で見てくだされば嬉しいです~!
 最後まで読んで下さいまして有り難うございます~!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。