スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第三章―22



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈・猛烈歓迎中~!凸凹凸凹


___________________________________________________

 あいにく、バイバス術のために血管を切り取った経験はない。日本では、狭窄した冠動脈手術はバルーン術が主流だったのだから当たり前の話だが。
 しかし、救急治療室で、鎖骨損傷の交通事故の治療なら経験は豊富だった。あの時の一刻も猶予がない状態での手術――あれも、医師免許取得前のことだった――を応用すれば出来そうな気がする。
 その上、博士の手技を頭と身体に覚えこませる一方で、「もし、鎖骨裏の血管採取をするとすれば」とシュミレートはしていた。実技が伴っていないのが欠点だったが。
 意を決して、自分の指の細さを考慮に入れて最低限の範囲で切除範囲を開く。事前に読んだ博士の指示書通りの血管を取り出した。他の血管は傷つけないように細心の注意を払った。
 先ほど考えていた通りにワザと血管は斜めに切り取った。そして、患者の体内からは外された心臓の狭窄部分をまたいで縫合する。縫合はやはり表面積が大きい方がやり易い。縫合をしていると、
「潰瘍部分の手術無事完了」
 という声がどこか別の世界から聞こえたような感触だった。それだけ集中していたということだろうか。
「縫合も完了しました」
 手術用絹糸を切り取ってそう博士に声をかけた。
 縫合部分を見た博士が感嘆の声を上げた。
「どこで、こんな方法を?私の手技で学んだわけではないな…」
「これは…自分で考えたのですが…」
 決して狭量な人物ではないと思っていたのだが、やはり指導を受けている身の上だ。反応が気になった。
「素晴らしい。これからは私もこの方法で血管を切り取ろう」
 肩を叩かれて安堵した。
「他に問題は?」
「ありません」
 スタッフの声が重なる。
「では、心臓を元に戻す。準備は良いか?」
 人工心肺を回していた医師にそう声をかけた。
「はい」
 心臓が元に戻され、元通りに脈打つかどうかはもはや、医師の領域ではない、神の領域だ。
 ここに居るスタッフ全体が息を殺して神に祈る。聡は無神論者だが、何かに祈る気持ちは良く分かった。
「脈動戻りました」
 天使の託宣のように機械係りのスタッフの声がした。聡も心電図モニターを見ると緑色のグラフが綺麗な山型を描いている。
 手術室に歓声が上がる。
「CCU――心臓専用の集中治療室――に患者搬送」
 ゴールドスミス博士は聡に向かって、感謝の笑みを浮かべた。
「今日の手術は君がいなければ失敗していたかも知れない。有り難う」
 屈託なくそう言って握手を求めて来る。握り返しながら博士の度量の深さに改めて感じ入った。
「執刀医としてご家族に報告してくる」
 博士が姿を消すと、それが合図だったかのように手術用の無影灯が消され、スタッフ達は控え室に戻った。その道すがらも先輩医師達が肩を叩いてくる、慰労を込めて。そこに悪意は全く感じられなかった。
 日本ではこういった場合、嫉妬の対象にされやすいのではないかとフト思った。
「サトシ、凄いじゃないか?凄いのは縫合術だけかと思っていたのだが違ったんだな」
 控え室でケンが握手して来た。その手を外さずに部屋の隅に連れて行かれる。
「ここだけの話だが、あのまま胃の血管を使用していたら患者の命はなかったかもしれない。ずっと見守って来た内科医としての立場からも感謝する」
 民族的には日本人の血も入っているが根っからのアメリカ育ちの彼は、聡を見習ってか、ぎこちなく頭を下げた。
「いえ、まだまだ未熟です」
 そこにジャネットが声をかけた。
「スゴイじゃない。血管を斜めに切り出した時は慌てて止めようとしたのだけれども、余りに落ち着いているから様子を見てたのは正解だったわね。あの術式が今後、この病院のスタンダードになるわ」
 充実感のある笑顔を向けられた。
「有り難うございます」
 そう笑顔で返した。


___________________________

凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!
ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!
皆様のクリックを心からお待ちしています~!どうかヨロシクお願い致します!!ポイントが予想外に高かったらとっても幸せですし、低かったらドンヨリです…どうかポチポチっとお願い致します~!←切望


↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!感謝感激雨あられです~!!

____________________________


このお話は、












から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです。

____________________________________________

 二回に亘って続いた愚痴シリーズ、三回目です!というのはウソでして。
 暖かいコメントを下さった方、本当に有り難うございます。頑張って書き続けようと思います。ただ、私の場合、大幅に話が長くなるという欠点があるのですよね…。
 24話までにホントは日本に帰って来るはずの香川先生が、まだこれから病院で出世して行かなければならないハメに陥っています。まあ、その辺りはさくっと書くと思いますが…。日本に帰国しても、しばらくは香川先生目線での話しを書いてみたいなと思ってますので、宜しければ読んで下さいませ。

 ちなみに、大の病院嫌いの私(でも、医療モノの本読むのは好き)が無責任に書いている部分もあります。(調べようとしても調べようがない部分に限りますが)きっと本職の外科医の方が御覧になったら、あまりのめちゃくちゃぶりに怒りを感じるかなぁと思っています。
 実はヤフーブログの(私には迷惑極まりない)サービスで、記事投稿したら「この記事に関連したこんな記事あります」という画面が出てきますよね?あれの影響かと思うのですが、お医者様のブロガー様の履歴が残っていることが…。まぁ、読まれずに引き返して下さっていることをお祈りしております。

 では、最後まで読んで戴いて有り難うございました。
 また読んで下さることを祈りつつ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。