スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第三章―23



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈・猛烈歓迎中~!凸凹凸凹


___________________________________________________

――今日の手術はこれだけだ――
 そう思うと昨日と今日の疲れが一度に来た。手術中は忘れていたが、身体の痛みもぶり返したようだ。頭痛もしてきた。まだ自分は正式な医師ではないので、医師控え室には行かず、コ・メディカルの控え室でのろのろと着替えをした。
「サトシ、呑みに行かないか」
 私服に着替えたケンがそう声をかけに来た。全くこの国の人間は――個人差もあるだろうが――オンとオフの切り替えが早い。
「気分が悪いので、今日は…」
「どれ?」
 顔を覗き込んだケンは真剣な顔をした。
「顔色が悪いな。頭痛は?」
「あります」
「ちょっと失礼。熱はないようだな。今度は本当に良く効く頭痛薬と念のために鎮静剤を処方する。ちょっと待っていてくれ。ここでは休めないだろうから俺の部屋で待ってろ。入院患者に対応した薬剤師のメアリーから薬を貰ってくる。鎮静剤、サトシには必要かどうか分からないが…」
「どうしてです?初めての本格的な手術に足が震えるほど緊張しましたよ?」
「そうなのか?」
 部屋に入って来て、初めてケンが大きな声を出した。本当に驚いているらしい。
「ええ。助手は所詮助手です。博士のようメスを握ることも圧倒的に少ない。博士のように出来るかどうかとても不安でしたよ。脈拍も上がっていたはずです」
「そうなのか?後ろから見ていただけだが、まぁ、モニターがあるからな。サトシの顔も見ていた。冷静沈着に対処しているようにしか見えなかった。いつもあんな顔なのか?」
 好奇心を抑え切れないように聞いてくる。
「そうみたいです」
 納得したのかどうかは分からなかったが、顔つきを変えるとケンは言った。
「では、薬を貰って来る間、俺の部屋で休んでいればいい」
 そういえば、聡は緊張すればするほど顔が能面のようになる…と日本の大学時代の友人、柏木も言っていたな・・・と懐かしく思い出す。
 が、未だ緊張していることは確かだ。ケンの処方してくれる薬でゆっくり休みたい。
 折角の厚意に言葉に甘えようと思って、ケンの部屋に行った。静寂に包まれると安心出来る。
 もう随分と日にちが経ったように思えるソファーに座った。実際、そこで休んでいたのは今朝方のことなのに。こめかみが血管に共鳴するようにずきずきと痛んだ。ケンを待つ間、田中祐樹の無邪気な笑顔を思い出して我慢していた。
 こんなに離れていても思い出すのは彼の顔ばかりだった。初体験もしてみたが、どうやら徒労だったらしい。身体を重ねたからと言って、それがそんなに悪い経験でもなかったからと言って、それでも初めて惹かれた人間を忘れることは出来ないのだと思い知った。
 しかし、もう田中祐樹とは――自分が望んでのこととはいえ――もう一生逢えないかも知れない相手だ。その上彼は自分の存在すら知らない。そんな人間に想いを寄せるのは間違っている…そう思っても理性と感情は別だった。極度の緊張が解けたからなのか、理性ではなく感情が噴出する。
 物陰からでもいいので逢いたいな…と夢想する。
 あの屈託のない笑顔をもう一回だけでも見たいと思った。それにゲイバー「グレイス」で見たあの美人…男性だが…のように、自分の好みの男性を口説ければどんなに良いかと思う。自分にはきっと…無理だ。何の取り得もなければ、告白するだけの勇気もない。
 考えていると際限なく落ち込みそうだ。
 頭痛も酷くなってきた。
 今日の手術の感じをイメージトレーニングしようとした。田中祐樹のことは、忘れなければ一歩も恋愛面で前に進めないのも重々承知していた。が、どうやって進むことが出来るのかが分からない。



___________________________

凸応援の画像クリック凸お待ちしています~!
ブログ運営の意欲の源の一つです。お手数をお掛け致しますがどうか宜しくお願い致します~!
皆様のクリックを心からお待ちしています~!どうかヨロシクお願い致します!!ポイントが予想外に高かったらとっても幸せですし、低かったらドンヨリです…どうかポチポチっとお願い致します~!←切望


↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!感謝感激雨あられです~!!

____________________________


このお話は、












から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです。

____________________________________________


 私のブログ(というか小説)は中途半端な立ち位置だなぁと思います。
 もともと、名作(古くは和泉式部日記)をだいたい読んで、ベストセラーになっている本もキャプションがおもしろそうだったら買って読みますし…BLを書こうか…と思い立ったのは某先生の某BL小説を読んで「これなら書けそう」っと思って書き始めたのですが、 難 し い ! !

 しかも、異様に細部に凝るクセが出てしまい、前回は「ボーイズラブ」の「ボ」の字すらない体たらく…。
 しかも「 主 役 ! 」の祐樹先生はしばらく出番ナシです。
 こんなしっちゃかめちゃかな小説ですが、どうか宜しくお願いします!!

 今回の投稿…のレスで「ケンとくっつけ!」という指摘がある可能性高いです。
 しかし、ケンはゲイではないので、香川先生のことをそういう意味では見ていないと思いますし、香川先生もそれは分かっているので恋愛に発展する可能性はゼロです。

 最後まで読んで下さいまして有り難うございます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。