スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子校の恋 4 (R-18)



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。熱烈・激烈・猛烈歓迎中~!凸凹凸凹

____________________________________



 
 当然、18禁です。男性の読者や健全な方は、嫌悪感を抱かれる可能性もありますので、即回れ右をお願いいたします!!
 もう一度、健全な方、Hシーンが苦手な方は回れ右です!!

 いいんですね?読んでしまっても??
 健全な方、もう一度胸に手を当てて、読んでいいか自問自答して下さい。
 苦情は受け付けませんので、あくまで自己責任でお願い致します~!

 大好き~♪と思われる方、歓迎致します~!
 
 本編「気分は、」が全くBLらしくないのでBLらしい作品を公開してしまいます~!

    

_____________________________________________________

 何かを言うべきなのだろうが、芳正は言葉を必要としていないような気がした。
 清楚な色合いから一変して淫らな色と形に一変した胸の突起…少し力を入れて噛むと、身体が逃げるようにしなる。が、決して嫌がっているわけではないのは背中に回された手の強さで分かる。身体を密着させているので彼自身が悦んでいることも…尤も純も同じ状態だったが。
 胸を弄っていた手を下に滑らせた。芳正はジーンズを穿いていたので、さぞかし窮屈だろうとジッパーを下ろす。待ち兼ねたように腰を浮かせた芳正が自分から下着ごと下半身を覆うものを脱ぎ捨てた。背中に回った手は当然外されたが、その代わり唇を塞がれる。 欲情に湿った吐息と舌が純の口の中に入り込む。それはひどく甘い誘惑だった。
 純は自分の家に居たためスエットパンツを穿いていた。これはさほど窮屈ではない。
 そっと彼のモノを握り上下に扱く。熱くなっていたその場所からは先走りの液体が滴っていた。
「あ、イイっ。イイけど…中に…指…挿れ…て」
 そう言われても、そちらの経験がない純は戸惑った。女の子とは経験済みだが、男性とはそういったコトはしたことがない。その戸惑いが伝わったのだろう。
 芳正はうつ伏せになり肩で身体を支え、指を入れやすいように自らの秘所を開いた。そこも胸と同じような清楚な色をしていた。先走りの雫がこちらにも零れていて指くらいなら入りそうだ。
 そっと一本指を含ませる。
「そ、そう…もっと深く」
 芳正が前ではなく後ろに拘ったのはもしかしたら自分で出来ないからかもしれない…とそう思った。ならば、徹底的に感じさせてやろうと思った。
 中指を浅く深く出入りさせ、深く突いた時には左手の爪で胸を強く扱く。
「あ、それ…すごく…イイっ」
 胸を触ると、内部の締め付けも増す。嬌声も艶が増していく。背中しか見えないが汗ばんでいるのが分かる。
 二本目を挿れて、内部の感触を探索した。
「う…それも、イイっ。でも、指動かさないで」
 芳正は切羽詰った声でそう言うなり自分から腰を動かす。場所を探るような腰の動かし方をしていたが、直ぐに痙攣が始まった。
「ココ、強く突いてっ」
 純がリクエストに応えると身体が弓なりに反った。顎が上がり飛び散った汗の粒たちはキラっと光る。綺麗な曲線を描く幾分細い身体を見ていると、もっと感じさせたくなる。
 胸も充分過ぎるほど感じるようなので芳正の内部で一番感じる場所を強く押す時に胸も押しつぶすように愛撫する。
「あ、ダメ。もう…」
 内部がギュッと収縮する。同時におびただしい白濁を撒き散らした。身体がベッドに沈む。
 脱力してうつ伏せになった芳正の身体だったが、こちらに顔を向けて来た。悦楽に潤んだ瞳が壮絶に色っぽい。
「今だけ…一回だけでいいから…何も考えなくして・・・欲しい」
 耳元でそう囁かれる。少し掠れた声が欲情を感じさせる。
「どうすれば、いい?」
 芳正が満足出来るようにしたかった。もちろん純自身も最高に昂ぶっていたが。


    

    

クリック有り難う御座いました~!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。