スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第二章-23

 一限目の授業が終了した。三條は待ち兼ねたように近寄って来た。
「此処ではまずい。僕に着いて来い」
 周囲を見回し、小さな声だった。頷いて、三條の後を追った。三條はこの前話した場所とは異なる中庭に自分を誘った。
「昨日は助かった。お前の屋敷に寄るという言い訳しか見つからなかった」
 神妙に頭を下げた。
「その様な事は何でも無い事だ。僕の名前が役に立つならいつでも使ってくれても構わない。以前から助力は惜しまないと言っている。親友甲斐の無いやつだ。
 まあ、良いが、昨日あれだけの時間を片桐君の屋敷に居たのだ。結果が悪かったとは思えないが」
 三條は慎重な顔をして自分の顔を見た。
「ああ、その通りだ。承諾の返事は貰った」
「返事だけ…か」
 全てを打ち明けても良かったが、事は片桐の名誉にも関わる問題だ。どう答えようかと些か躊躇していると、三條は腕を引っ張った。
「そっとあそこを見てみろ」
 彼の視線を辿ると、自分達の教室の窓が有った。そして、その窓の向こうに片桐の顔が見えた。周りに級友は居ない。自分に慈しみに似た微笑を浮かべている。微笑み返すと、素早く辺りを見回し笑みを深くした。
「あんな片桐君の顔を見るのは初めてだ。もっと進展があったに違いない、僕の推定は当たっているだろう?」
「お前、それを確かめる為にこの場所を選んだのか」
 親友の行動力に少し呆れたが、昨日片桐が言った言葉を思い出す。
 <彼には恩を着てばかりだ>
「ああ、僕も関わったのだ。経緯を聞いても罰は当らないと思うが」
「そうだな。まず彼の妹君にお会いした」
 そう言ってから、華子嬢の頼みを思い出す。
「妹君?どのような方だ。片桐の家で存知上げているのは片桐伯爵夫人くらいだから」
 持ち前の無邪気さで訪ねてくる。
「そうだな…片桐に顔は似ている。片桐をもっと可憐にした感じの清楚な美人だ。性格は無邪気で思慮深い一面も持っていると思う」
「ほう、片桐君に似ているのか?それはさぞかし美人だろうな」
「その可憐な美人に会いたくないか」
 悪戯っぽく誘った。
「会わせて呉れるのか」
「それはお前次第だ。この前、大掛かりな園遊会の事を話していただろう。俺も招待する積もりだと言っていた。あれに招待して欲しい。片桐と、妹君だけを」
「つまり、片桐伯爵夫妻は招待するなと言う事か。ならば、片桐君とは親密な関係に成れたのだな」
 満面の笑みを浮かべて祝福してくれる親友に、感謝の笑みを返した。
「それで、園遊会の事は頼めるか」
「ああ、片桐伯爵はそれほど社交的な方ではないから、招待状を送らない。問題は夫人だな。今回は九重――宮城の事だが――からも幾人かご来駕下さる大掛かりな催しだから…
 ただ、要は、夫人に招待状を出さなければ良い。選りすぐった方だけを招待し、招待状の無い方は入れないという名目で」
「その様な事が出来るのか」
 そう言うと、自慢気な顔をして三條は言った。
「招待状を出すのは母上だ。母上の弱みは握ってある」
 弱みを握るという手段は好きではなかったが、背に腹は変えられない。
「片桐も、お前には感謝すると言っていた。英語を教える事くらいしか出来ないのが残念だと」
「お前の幾何に片桐君の英語か。僕の成績が向上するのは必至だな…それは有り難い。では早速母上に頼むとする」
 三條は、思慮深い顔をして告げた。
「ただ、加藤家の人間は全員招待する事はもう決まって居る。片桐君がそれをどう思うか、だな」
「そうだな、彼の気持ちを尊重したい。彼の気持ちを聞いてみる」
 心の底からそう思う。三條を中庭に残したまま足早に教室に戻った。


ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!


FC2ブログにこっそりと過去小説をアップしていますが(ところどころ、悲惨な表現変えています。本家のヤフーブログではお返事コメが書けないのですが、こちらではそんなにコメも戴けないので返信コメントも充分可能です。コメントも大歓迎です~!
スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。