スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第五章-2(R-18)



凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人は泣いて喜びます凸凹凸凹

____________________________________





 
 章も改まったことですし、主 人 公 祐 樹 目線の話になります。祐樹的にはホテルの場所から始まりますので、R指定かけさせて頂きます。
 R-18(なのか?)エッチって難しいんですよね。。。それはともかく、18歳以上の方でも、濡れ場は苦手な方はスルーして下さい。
 大好き!と思われる方、歓迎致します!
R-18なんですが、エッチシーン書くのは苦手です。

 本日もエッチシーンでしたが…書くのは苦手。読むのは大好きなのですが…。
もっと精進しなければっと思いますが、なかなか(泣)

    

__________________________________________________

 前立腺――ここは男性にとっては内部で最も感じる部位だ。今の教授の状態なら甘美な地獄を味わうだろう。射精出来ないのだから…
 挿入した指の第一関節辺りにそれは有る。教授の体格から考えてしてこの辺りだろうと強く押してみる。
「あっ」
 声が切羽詰ったものになり、祐樹はほくそえんだ。どうやら自分の予測は正解だったらしい。それに、ソコを押されて狼狽しているような雰囲気だ。慣れてないのだろうか?
 彼の言動は妙に初心なところもある。
「教授の感じるところはココですね。もっと欲しい?」
 耳元でそそのかすように囁くが、強情を張ったように頭を拒否の形に動かした。
「こんなに感じているのに…先っぽのヌルヌルしたモノ…量が多くなってますよ。しかも白いモノまで混じっている」
 言葉で攻めても感じるのだろうか。睾丸まで固くしている。が、決して弱音は吐かない。
 そういう態度にも…そそられる。
 乳液を足しながら二本の指で内部を蹂躙する。前立腺を押す指を二本に増やした。
「あ…ああっ!」
 切羽詰った喘ぎ声と共に、自分の膝に手をかけていた指もひくりひくりと痙攣している。もちろん脚も。
 指に口付けし、「このまま、持っていて下さい、教授」と耳朶にそそのかすように囁いた。
 が、力が満足に入らないらしい。時々手が滑り、脚がベッドに下ろされる。ジャケット一枚しか身につけていない教授の全身が悦楽の証拠を余すところなく表現している。
 ちらりと覗く真っ赤に染まった胸の尖り。汗ばんだ全身は紅色に染まっている。
 表情を観察しながら執拗に前立腺を愛撫していると、傲慢な言葉しか吐かない薄い唇から彼には似合わない哀願の言葉を切れ切れに紡ぐ。
「もう…ソコは…止めて…欲しい」
 その言葉を聞いた途端、先ほどよりもその部位を強く押した。
 教授の嬌声が落ち着いた雰囲気のホテルの部屋にこだまする。
「止めて下さい…でしょ」
 押す手は休めずにそう言った。
 香川教授は、悔しそうに薄い唇を噛み締めて一瞬の躊躇の後言った。
「…頭が…おかしくなりそうだから…ソコは………止めて下さい」
 彼の内部は熱くて、そしてヒクヒクと収縮している。祐樹の指を歓迎しているようだった。
「分かりましたよ。教授…仰せのままに。でも、教授の内部は私を歓迎しているようですが…」
 そう指摘すると横顔をベッドに隠す。
「満足…ですか?」
「いや、まだだ、私は満足していない…」
 ベッドに半分顔を埋めているためくぐもった声で強気に言う。
「最後までが、ご希望ですか…教授」
「そう…だ…っ。満足させてみろ」
「と仰っても、説得力は先ほどよりも、もっとありませんね。先端のヌルヌル、触っているこちらの掌だけでなく手首まで滴ってきていますよ。人は見かけに寄らないんですね。あんなに高潔そうな人がこんなにして。
 しかも私の掌にソレを押し付けてきていますよ…」
 返事はない。顔全部を器用にベッドに押し付けていたのだから。
 敢えて着衣は脱がず、スラックスのジッパーだけを下げた。自分自身を取り出した。
「お待ちかねのモノですよ。良く味わって下さいね、教授」
 その言葉に、彼の身体が強張ったのが分かった。
___________________________

最後まで読んだ記念に、ブログランキングのクリックは如何ですか~!
管理人は大喜びします~!

↓↓↓


画像、二つクリック有り難うございました~~!!(狂気乱舞)←ワザと。

このお話は、



から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです。

______________________________

 本日は、風邪を引いてしまい、昼間、仕事が休みなのをいいことに寝込んでいたら、、思いのほか風邪薬が効いたらしく、起きたら日付変わっていました。
 素敵なブログ回りが出来なかったことをお詫びします。
 あと、スピンオフ作品の後書きですが(多分、ヤフーブログの投稿制限5000字オーバーすると思われるので)こっちでやってしまいます。スピンオフ、二回で終らせる積りが、ツイツイ長くなってしまいました。あと一話か二話続くと思いますが、興味のある方、読んで戴ければ嬉しいです。

 最後まで読んで戴き、誠に有り難うございます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。