スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんじがらめの愛」第二章-20

 廊下に出ると、片桐伯爵家の家格に相応しい使用人達の数が居た。
 もう迂闊な話は出来ない。皆、嫡男である彼とその客人である自分に丁寧な挨拶をする。勿論華子嬢にも。
 華子は薄緑色のリボンで令嬢らしい髪型を作っていた。先導するように先頭を優雅に歩く。自然に片桐と自分は肩を並べて歩く事になった。ふっと、片桐がよろめいた。
「大丈夫か」
 自分が無理をさせたせいだと思い慌てて彼の身体を抱き留めた。
「ああ、すまない。もう大丈夫だ、晃彦」
 心配そうに見守っていた華子は、思慮深そうな笑顔を向けた。
「三條様、お名前は晃彦様と仰るのですのね。そちらで御呼びして構わないでしょうかしら」
 片桐家の使用人は、加藤の苗字は知っていても名前までは知らないだろう。そういった配慮だろうか。
「ええ、出来ればそちらで御呼び下さい。光栄です」
「その方がわたくしも、お親しくなれた気が致しますもの。それに家では三條様のお名前を存じ上げている使用人は居りません。父母も生憎不在ですし、わたくしが女主人として今日のお料理は取り仕切りますわ、宜しくって、お兄様」
 意味深に言った。矢張り彼女なりの気遣いだった。
「華子がそう言うのなら構わない。」
 本来は、嫡男である片桐が客の事も取り仕切る。席順などを決めるのも彼の役目だ。
 華子嬢は深窓の令嬢だ。具体的な事は想像も出来ないだろうが、兄の不例は察したらしい。
「こちらが夕食用のお部屋ですの」
 そう言って導かれた部屋は自分の屋敷ほどの大きさではなかったが、十人掛けのテェブルに三人用の食事が用意されていた。
「わたくしが、今夜は主人の席に座りますわ。お兄様は御学友の三條様と御並びになって下さいませ。お兄様は少し御具合がお悪いので、お席は近づけた方が宜しいわね」
 鈴を転がしたような声で使用人達に命じる。彼らは華子の命令通りに椅子や料理の皿を動かした。
 食事が始まると、片桐は黙って食事を摂る。椅子が近いので時々彼の肘が当った。不快ではなく、むしろその熱を感じられる事が嬉しかった。片桐も当った肘をしばらくは動かさない。
「今日は三條様がご一緒なので、食事がより一層楽しいですわ。いつもは父上様と母上様とお兄様との四人でお食事ですもの。お兄様はお友達をお連れになった事もございませんし。とても寂しくに思っておりましたわ。わたくしは賑やかな事が大好きですもの」
「しかし、片桐君は学校で親しくしている友達がいますよ。黒田君などは招かないのですか」
「ええ、初めてですわ。この屋敷に兄様が御呼びになられたのは晃彦様が初めてですのよ。仲が宜しいのね、お兄様は、わたくしには良くお話しをして下さいますが、余りご自分のお心の中の事は仰いません。ご自分でお悩みはお1人で抱え込んでしまう方ですの。これからは、晃彦様をお頼りになされば宜しいわ。わたくしも嬉しいです」
 そっと彼の横顔を窺うとほのかに頬を染めていた。
 彼女の心遣いに感謝した。
「華子様は、賑やかな事がお好きですか。それでは、三條家では頻繁に園遊会を開催します。それに御呼び致しましょうか」
 華子の笑顔が輝いた。
「是非お願い致しますわ。お兄様もご一緒に招待に預かれれば光栄ですわ、ねえ、お兄様」
 片桐が曖昧に頷いた。
 三條邸では頻繁に園遊会が開かれている。三條も普段はおっとりしているが、父母に対しては押しが強い。三條の屋敷での園遊会なら、自分と片桐と華子が出席しても問題はないだろうと思った。後は三條に頼むだけだが、彼はきっと承諾してくれるだろうとの確信が有った。そう思っての発言だった。


ブログランキングに参加させて戴いています。宜しければクリックお待ちしております~!


FC2ブログにこっそりと過去小説をアップしていますが(ところどころ、悲惨な表現変えています。本家のヤフーブログではお返事コメが書けないのですが、こちらではそんなにコメも戴けないので返信コメントも充分可能です。コメントも大歓迎です~!

スポンサーサイト

テーマ : 自作BL連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。