スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は、下克上。」第八章-17


_________

凸凹画像を二つクリックして別窓から読んで下さると嬉しいです。管理人は泣いて喜びます凸凹
_______________________________________________________

 食事が盛られているテーブルの奥にはケーキやフルーツなどが見た目も美しく、かつ多種類用意されている。
――そういえば教授は甘いものはお好きなのだろうか?――
 記憶を辿るが彼がケーキなどのお菓子を食べているところは見たことがない。祐樹が教授室に入り浸るようになってからも、秘書はコーヒーを出すだけだった。もし、彼がケーキや洋菓子が好きなら一緒に給仕されただろう。何しろ、患者さんからは祐樹ですら謝絶できずに洋菓子や果物といった品物の寸志は受け取ることもあるのだから、教授となればその数は圧倒的に多いだろう。病院の規則では「金品を受け取ってはならない」という一文があるが、実際には黙認されているのが現状だ。何しろ齋藤医学部長にしてからが、金品を受け取っている…というのは、公然の事実だ、病院の医師にとっては。
 教授はお金こそ受け取らなさそうだが、菓子折りくらいなら受け取りそうだ。となると、あまり好きではないのだろうな…と思い、生ハムが乗ったメロンや、季節の果物…そしてRホテルでしか多分手に入らないチョコレートを皿に盛ってテーブルに戻った。
 祐樹がデザートを思案している間に、ホットコーヒー茶碗は下げられ、彼と自分の席の前には、アイスコーヒーと何故かワイングラスが置かれていた。
「まだ飲むのですか?」
「ああ、有り難う。甘いものは苦手なのでケーキがたくさん来たらどうしようかと思っていた…。あ、このワインは、スタッフの方が『とっておきのワインをこっそりお出しします』と言って持ってきてくれたんだ。私はアイスコーヒーを頼んだのだが…」
 コーヒーと、白ワイン…どちらを先に飲むかを少し考えたが、生ハムも有ることだし、ワインを先にする。
 教授も同じようにすることに決めたらしく、メロンを自分の皿に取り分けている。薄い生ハムをメロンと共に切っていく。そんなにメロンは大きく切られてはいなかったが、それでも生ハムの綺麗な形を損なうことなくメロンを切り分けた。
「やはり、手先がうっとりするくらい器用ですね…。それに細く長い指もとても綺麗だ」
 感じたままを言うと、彼の酔いでほんのり桜色に染まった頬が紅くなった。手元が狂ったのか、生ハムが少し、メロンから外れた。
「失敗した…」
 そう悔しげに言うと、もう一個目のメロンを手元の皿に取ってナイフとフォークを入れていく。
 その流麗な手さばきと、彼の白魚よりも繊細でうつくしい指に見惚れる。
 祐樹は唐突にあの指で、自分のあちこちを触って欲しいという欲求に駆られた。特に、一番感じるトコロを…。
 今度は完璧にメロンを切り終えた教授は、祐樹の手元の新しい皿を引き寄せ、何も言わずに、綺麗に切れたほうのメロンをこれまた崩すことなしに皿に移し、祐樹に押しやってくれる。
「有り難うございます」
 そう言って少し頭を下げた。教授は頬に微笑を浮かべ、メロンと白ワインを交互に楽しんでいる。祐樹もそれに倣ったが、白ワインは確かにこのホテルのスタッフが勧めるだけのことはある。ワインの爽やかな口当たりで生ハムの味がより一層引き立つ。
 ワイングラスとメロンに集中しているフリをしながら、彼の桜色に染まった甘く整った顔を観賞していた。
 いつの間にか、クラブフロアに客は居なくなり、スタッフの女性も自分のデスクに着いてパソコンで何か作業をしている。
 教授もワインを飲み干してからそっと辺りを見回し、目の縁まで紅くして小さい声で話しかけてきた。
「さっき、聞きそびれたのだが……、祐樹はベッドで……どんな振る舞いをする人が……好みなんだ?」
 無理やり声を出しているといった風情だった。話しながらもどんどんと顔が紅くなっていくのが絞った照明の下でもはっきり分かる。
――これは…自分が言った通りに振舞うということなのだな…?――
 そう確信した祐樹は、教授の過去を聞きたかったにも関わらず、スルーされた件も有ったので…自分の好みプラス下心で答えた、ポーカーフェイスを装って。
「そうですね…自分の欲望を果たすだけなら一人ででも出来ますから…。やはり2人でしか出来ないことが出来る相手がいいですね。感じていることを必死に隠して恥らいながらも、つい欲望が勝って奔放に乱れる人だと興奮しますね…。それに、ベッドの中では素直に自分のして欲しいことや、考えていることをはっきり言葉に出す人は最高ですね」
 ほぼ無人の豪華な部屋で、そんなことを囁いていると祐樹も淫靡な気持ちが高まってくる。
「…難しいな。私は先ほども言った通り、祐樹ほど経験を重ねているわけでもないので…祐樹を満足させられるかどうか…自信がない…」
 長い睫毛に縁取られた瞳が悲しそうに伏せられる。
「だったら、部屋では私の言うことに従ってもらう…というのはどうです?」
 欲情のあまり、掠れた低い声で囁いた。
「…・・・努力して…みる」
 蚊の鳴くような声で告げられた。
 そこに先ほどのスタッフが神妙な表情で静かに近付いて来る。
「お話は尽きないと思いますが、間もなく…」
 クラブフロアを締めるという言葉をはっきり告げないのがこのホテルの一流たる所以ではないだろうか…と思った。
「申し訳ありません。もう出ますから」
 キッパリと言ったのは教授だった。彼の顔を見て、スタッフが一瞬顔を赤くするのが分かった。
すこぶる面白くない。
「その代わり、このお皿に残っているチョコレートを部屋に持ち込んでもいいですか?」
 きっぱりと教授が言う。
「クラブフロアの飲食物はお部屋に持ち帰りが出来ない規則なのですが、当方から急かし申し上げたわけですから、ただ今、お包み致します」
 チョコレートの包みを持って教授は重厚な木材をふんだんに使用した廊下を歩く。祐樹も後に続く。鍵を持っているのは教授なのだから、その方が都合はいい。
 クラブフロアの廊下は、夜遅いためか人が居ない。何だか2人してヨーロッパのホテルか古城で逢引しているような気がする。早く部屋に着けばいいのに…。そう希求した。

__________________________________________________________

このお話は、



から始まっています。興味の有る方、読んで戴ければ嬉しいです。

___________________________________



「次が早く読みたい」とか、「頑張れ!」という印に二つクリックして下されば嬉しいです!管理人は次をスグに書こうという元気を戴いております!!

↓↓↓

____

_________

画像、二つクリック本当に有り難うございました~~!!(狂気乱舞)←ワザと。更新のパワーを戴きました!!クリックをされている方が想像されているより遥かに管理人は喜んでおります!いつもクリックしてくださる方!どんなに感謝しているか言葉では表現出来ないです~!
__________________________________

 アンケート代わりにブログ村のポイントでどちらを書くか決める!と前回投稿分で書いたところ、僅かにではありますが、ポイント上回っていましたので、教授視点決定です。
 ただ、あんなにポイントが入るのは私の小説ではもうないと思われますので。後は落ちるだけ…と、ちょっと悲愴感が…。ブログで小説書いてらっしゃる方は皆様そうだと思いますが、やはり、反応がコメや傑作、村ポチなどで有れば、天にも昇る気持ちになります。クリック有り難うございました~!
 あ、教授の心情を「こうだと思います」と書かれた方がいらっしゃいました。朝に来られる方なのですが。ビンゴです~^^

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

こうやま みか

Author:こうやま みか
素人の完全な趣味で「ボーイズラブ」小説を書き始めました。
全然上手くないのですが、コメント頂ければとっても嬉しいです。
またヤフーブログが本館扱いで、こちらでは当面(ってイツ?)旧作を掘り起こして掲載していきたいと思います。
著作権は放棄しておりませんので、無断転載などは禁止させて頂きます。何卒ご了承くださいませ。

FC2ブログランキング
ランキングに参加させて戴いております。ご訪問の際ポチっと。とっても喜びます!!

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。